サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 鬼役 文庫書下ろし/長編時代小説 11 矜持

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

鬼役 文庫書下ろし/長編時代小説 11 矜持(光文社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/13
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/323p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-76743-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

鬼役 文庫書下ろし/長編時代小説 11 矜持 (光文社文庫 光文社時代小説文庫)

著者 坂岡 真 (著)

将軍家毒味役の矢背蔵人介の息子・鐡太郎が、剣術道場でいじめに遭う。そんな鐡太郎に「別の才能」があることを見抜き、救ってくれた恩人が濡れ衣を着せられ殺害された。怒り心頭に発...

もっと見る

鬼役 文庫書下ろし/長編時代小説 11 矜持 (光文社文庫 光文社時代小説文庫)

648(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

将軍家毒味役の矢背蔵人介の息子・鐡太郎が、剣術道場でいじめに遭う。そんな鐡太郎に「別の才能」があることを見抜き、救ってくれた恩人が濡れ衣を着せられ殺害された。怒り心頭に発した鐡太郎は恩人の仇討に向かい、逆に囚われてしまう。息子を助けに走る蔵人介。腰の長柄刀・来国次が奸臣どもに唸りを上げる!人気大爆発の鬼役シリーズ、爽快感充填の第十一弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

将軍家毒味役の矢背蔵人介の息子・鐡太郎がいじめに遭っていたとき、救ってくれた恩人が濡れ衣を着せられ殺害された。鐡太郎は恩人の仇討に向かうが、囚われてしまい…。シリーズ第11弾。切り取って使うメモページあり。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

寸志御家人 9−114
子捨て成敗 115−218
算額の誓い 219−323

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

タクタク読み

2014/05/15 18:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たくちゅん - この投稿者のレビュー一覧を見る

息子への愛情、妻への愛情、家族への愛情、満載な章で続後感がすがすがしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/10 22:44

投稿元:ブクログ

お父さんとしての矢背蔵人介が見えた今回の鬼役11巻。
赤子を拾って来てしまった話から、売り飛ばし金にする輩。
久々奥さんの幸恵さんの弓にも触れることができて満足。
巻が進むたび、面白くなってくるけど今回はラスト泣きそうなくらいよかった。
虐められている鐡太郎の恩師が殺され、仇討ちに行く姿。
子どもから大人になったと言っていいだろう。
正に鬼の子。だなぁと。
「なぜ命を捨ててまで無謀なことをやろうとしたのか?」
「それは鬼役の子としての矜持だ」
って。
しびれた。

2014/08/31 21:58

投稿元:ブクログ

11巻め。連作短編3話。いつもと同様な悪を許さぬ正義の剣という路線。少しストレート過ぎて面白みが少なかったような気がします。

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む