サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 法医昆虫学者の事件簿

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

法医昆虫学者の事件簿(草思社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/03
  • 出版社: 草思社
  • レーベル: 草思社文庫
  • サイズ:16cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7942-2057-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

法医昆虫学者の事件簿 (草思社文庫)

著者 マディソン・リー・ゴフ (著),垂水 雄二 (訳)

死体に卵を産みつける昆虫を分析することで、法医昆虫学者は犯行時期や現場を探り当てる。昆虫学者だった著者が法廷における「法医昆虫学」を確立するまでを、解決に導いてきた数々の...

もっと見る

法医昆虫学者の事件簿 (草思社文庫)

972(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

死体に卵を産みつける昆虫を分析することで、法医昆虫学者は犯行時期や現場を探り当てる。昆虫学者だった著者が法廷における「法医昆虫学」を確立するまでを、解決に導いてきた数々の殺人捜査の事例とともに語る。〔「死体につく虫が犯人を告げる」(2002年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

虫たちは決して殺人事件を見逃さない。驚くべき早さで死体を発見し、卵を産みつける。真の第一発見者である昆虫から手がかりを得るために、死体につく虫を丹念に集める昆虫学者がいる。彼らは現場から採集された標本を分析し、捜査官をも驚愕させる確度で死亡時刻を推定する。時には死後数年たった白骨死体であっても、昆虫の証拠から犯行の時期を推定できるのである。普通の昆虫学者だった著者が殺人現場へと乗り込み、「法医昆虫学」の第一人者となるまでに経験した数々の捜査を例に、このまったく新しい捜査法を紹介する。 『死体につく虫が犯人を告げる』単行本(小社刊)改題。【商品解説】

著者紹介

マディソン・リー・ゴフ

略歴
1944年生まれ。ハワイ大学マノア校昆虫学教授。ホノルル市・郡監察医局の法医昆虫学顧問も務める。新しい犯罪捜査法である法医昆虫学の草創期から研究にたずさわるほか、FBIアカデミーで法医昆虫学の訓練セッションを担当するなど、手法の普及にもつとめてきた。アメリカ法医昆虫学評議会の設立メンバーの一人。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

グリッソム好きなら一読の価値あり

2015/03/12 17:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:trap - この投稿者のレビュー一覧を見る

法医昆虫学者という聞き慣れない職業だったが、ドラマ「CSI科学捜査班」のグリッソム主任が演じている。
遺体に付着する虫を基に死亡時間を推定するお仕事。
地道な努力の上に成り立つ学問だけに、日頃の苦労と辛抱強さが垣間見える。
派手な展開等はないが、この方面に興味があるなら一読の価値あり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/20 14:50

投稿元:ブクログ

死体に付いた虫から、死亡時期やらを判断する学問の第一人者による法医昆虫学の解説。
気象条件も考慮する必要があるので、メッシュ状の天気のログが収集される以降じゃないと実現できない学問ですね。日本でも可能なのかな?
タイトル通り、個別の事案の紹介が中心ですが、事件そのものより、環境の違いによる昆虫の発生の差を説明するのが目的ですので、犯人とかは割とどうでも良くて、犯行時間がいつ頃なのかわかるまでの記載になっています。
新しい学問のジャンルを立ち上げることについての本でも有り、その点でも興味深い本でした。

医学読みもの ランキング

医学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む