サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 暴露 スノーデンが私に託したファイル

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

暴露 スノーデンが私に託したファイル

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 51件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/14
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/383p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-506691-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

暴露 スノーデンが私に託したファイル

著者 グレン・グリーンウォルド (著),田口 俊樹 (訳),濱野 大道 (訳),武藤 陽生 (訳)

国家安全保障局(NSA)と中央情報局(CIA)という合衆国の二大情報機関に籍を置いたエドワード・スノーデンは、自身の運命と膨大な最高機密文書を筆者に託した。稀代の情報提供...

もっと見る

暴露 スノーデンが私に託したファイル

1,836(税込)

暴露―スノーデンが私に託したファイル―

1,836 (税込)

暴露―スノーデンが私に託したファイル―

ポイント :17pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

国家安全保障局(NSA)と中央情報局(CIA)という合衆国の二大情報機関に籍を置いたエドワード・スノーデンは、自身の運命と膨大な最高機密文書を筆者に託した。稀代の情報提供者の実像と、監視国家アメリカの恐るべき実態がいま、白日の下にさらされる。権力の濫用によって危機に瀕する市民の自由、そして報道の自由―これはもはや、一国の問題ではない…。スノーデンと真っ先に密会して数万の機密文書を託され英紙『ガーディアン』にピューリッツァー賞をもたらした著者がいま、彼の実像とファイルの全貌を白日の下にさらす!【「BOOK」データベースの商品解説】

国家安全保障局(NSA)と中央情報局(CIA)という合衆国の二大情報機関に籍を置いたスノーデン。彼と密会して機密文書を託された著者が、スノーデンの実像とファイルの全貌を白日の下にさらす。最高機密文書多数収録。【「TRC MARC」の商品解説】

世界24ヵ国同時刊行! 未公表の最高機密文書、多数収録! 国家安全保障局(NSA)と中央情報局(CIA)という合衆国の二大情報機関に在籍したエドワード・スノーデンは、自身の運命と膨大な機密文書を著者に託した。香港で密会した情報提供者の実像、そして文書の戦慄すべき全貌――。一連の報道で英紙<ガーディアン>にピューリッツァー賞をもたらした当人がいま、すべてを明かす。【商品解説】

著者紹介

グレン・グリーンウォルド

略歴
〈グレン・グリーンウォルド〉1967年ニューヨーク生まれ。ニューヨーク大学法科大学院修了。ジャーナリスト、弁護士。『ガーディアン』などに寄稿。スノーデン文書のスクープを筆頭に、調査報道で数々の賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー51件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

大量のメタデータはテロを防ぐことができたのか

2015/10/24 23:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:okadata - この投稿者のレビュー一覧を見る

私があなたの行動を知りたいと思ったとき、電話の"内容"を盗聴する必要はない。あなたがかけた"電話"の記録をすべて見ることができれば、通話した相手がひとり残らずわかる。

2004年にNSAが令状を取らずに違法に盗聴しようとしたことをバラそうとしたニューヨーク・タイムズに対しに対し、ブッシュ大統領は執務室に呼びつけこの事実を明らかにするとテロリストを手助けすることになると、意味不明の主張を繰り返した。テロとの戦いで正当化されてきた"国家安全保障"の過度な濫用を改革すると誓って選出されたオバマもベビーフェイスにはほど遠い。長年の間オバマに肩入れしてきたアメリカ人ジャーナリストも今ではオバマを報道の自由に対する重大な脅威ーニクソン以来、最も弾圧的なリーダーーととらえるようになった。

外国諜報活動監視裁判所は通信業者Verizonに対しアメリカ国内、国際通信の通話記録をNSAに提出するように命じていた。この裁判所が1978年から2002年まで諜報活動が却下された件数はゼロ、その後10年で2万件以上の承認に対し却下は11件だった。ついで911を受けて制定された愛国者法により政府が企業の業務記録を入手する際に必要とされる基準が"相当な理由がある"から"関連がある"場合に格下げされた。さらにオバマは1917年のスパイ活動法を適用して7人の内部告発者を逮捕しており、これは成立以来前政権までに逮捕された人数の倍を超える。

ブッシュ政権でNSAを擁護したのは共和党員だったが、オバマ政権では今度は民主党支持者が擁護に回った。こうなると個人の人権ではなく敵味方の主導権争いでしかないのだが。

エドワード・スノーデンが明かそうとしたNSAの自国民に対する監視活動はマイクロソフト、グーグル等大手9社のサーバーから直接データーを収集するPRISM計画ーこの計画によってNSAはインターネット企業から欲しい情報をなんでも手に入れられるようになったーなどでスノーデンの動機はインターネット空間の自由を守るということになっている。

それではNSAの監視は対テロ戦争に効果をあげたのか。愛国者法の忍び込み条項ー相手に知らせることなく捜査令状を執行できる許可ーが適用されたのはほとんどがドラッグ関係で詐欺が1割未満、テロ案件はわずか15件と1%ほどだ。それにもかかわらず大量のメタデータを入手したことがテロを防いだという実例を司法省は一つも挙げられていない。

多くの御用メディアがスノーデンと著者のグレン・グリンウォードを攻撃した。NSAの監視に反対する一般のアメリカ人の多くもスノーデンの逮捕はやむなしと考えている。それでもスノーデンの暴露はアメリカを少し動かしかけた民主党議員と共和党議員が共同でNSAプロジェクトへの予算を凍結する法案を提出し、賛成205、反対217と僅差で敗れたものの賛成は民主党、共和党ほぼ半々の支持を得たのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アメリカの盗聴実態を暴いた本。

2015/02/03 18:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:命"ミコト" - この投稿者のレビュー一覧を見る

まずスノーデンさんは、自分の正義感を通してアメリカの盗聴実態を暴いた事は敬意を表します。

そして本の内容を見れば解るが、アメリカを中心としたファイブアイズ(カナダ、英国、豪州、NY、アメリカ)は、日本やロシアはおろか同じ白人国家であるドイツやフランスなどでも盗聴が行われた事から、如何に英語圏のアングロサクソン諸国以外なら容赦しない事が解る。

そして、海外メディアなら信用出来ると思っている人は、この本を読めばイランラジオとロシアの声、中華網以外のメディアが平然とアメリカの意向で捏造されていると言う事実が明かされる。

難しい内容だが、読んで見ると意外と読みやすくインターネットの怖さを書いてくれるから有難い。

ちなみに、「スノーデンファイル」と言う本もありますが基本的にはどちらか一冊を読めば大丈夫です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

市民の生活の中で起きている、盗聴、監視拡大とは?

2017/04/03 15:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honto カスタマー - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近では、共謀罪の話題もあり、そこで叫ばれている一般市民に対しての盗聴、盗撮などの監視拡大ひいては警察権力の拡大を意識せずにはいられない時代だと思います。 集団監視は本当に安全保障のためなのでしょうか?(実際この本に書かれているように、テロ防止でそのシステムを使い未然に防いだ例というのはあまりないようです。) 本来は” 公 僕 ”(パブリックサーヴァント)は透明性があるべきで” 私人 ”(プライベート・イン ディヴィジュアル)はプライバシーが保たれるべきである。とこの本では言っており、何か今は逆転しているような感じですが、当然のことだと思います。
この一般市民に対する盗聴、盗撮の拡大による実害は、最近ネット上で散見する『集団ストーカー』というものにも関係しているのでは?と思っています。この本でのスノーデンファイル序文には次の文章が記載されています。 『・・・社会から爪弾きにされた若者が 軽微な違反を犯し、世界最大の監獄制度の中で耐え難い結果に苛まれようと、私たちは社会全体として見て見ぬふりを決め込んでいます・・・』 そして2014年、NBCニュースで のスノーデンのインタビューでは『・・・he called it ,could get inside your thought process・・・』と言っています。
また例えばウィキリークスにある文章『 エネルギー武器(DEW)、神経作用兵器、そして100通りの組織的ストーカーの拷問とその乱用についての要約 』(ウィキリークスサイトでneurological weaponと検索したらでます)ここでは、世界各国のターゲットにされた被害者の情報が載っており、またこのようなことは恐ろしいことですが、日本でも行われていると思います。なぜその兵器の情報がメディアから出てこないのか法整備はされないのか疑問です。信憑性はあるのではないかと思っています。
『集団ストーカー』の問題は権力に対する邪魔者を排除すること、また大衆を動かす心理技術的な洗練という意味で、別の問題としてみえる,原発の不利な情報をもみ消す力、平和活動に対しての圧力など源は同じところから来ているのではないか?と思います。それはつまるところ、真実の情報が一般にはなかなかおりてこず、権力者の都合の良い情報しかもらえないということに尽きるのでしょうか?エドワード・スノ ーデン自身も言っているように勇気ある内部告発者達がもたらしてくれた情報は皆で共有 した方が良く、また同時に既存のメディア、警察は一体どうしたのか?と素朴な疑問を感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/29 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/21 11:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/25 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/11 00:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/03 13:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/26 19:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/02 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/08 07:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/26 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/22 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/03 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/09 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外交・国際関係 ランキング

外交・国際関係のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む