サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

暴君竜を飼いならせ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/27
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:15cm/283p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-900753-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

暴君竜を飼いならせ (キャラ文庫)

著者 犬飼 のの (著),笠井あゆみ (イラスト)

この男の背後にある、巨大な恐竜の影は何なんだ…!?通学途中に事故で死にかけた潤の命を救ったのは、野性味溢れる竜嵜可畏。なんと彼は、地上最強の肉食恐竜・ティラノサウルスの遺...

もっと見る

暴君竜を飼いならせ (キャラ文庫)

648(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

暴君竜を飼いならせ【SS付き電子限定版】

648(税込)

暴君竜を飼いならせ【SS付き電子限定版】

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「暴君竜を飼いならせ」が含まれるセット商品

ジュラシック・ラヴァーズ (キャラ文庫) 3巻セット

ジュラシック・ラヴァーズ (キャラ文庫) 3巻セット

商品説明

この男の背後にある、巨大な恐竜の影は何なんだ…!?通学途中に事故で死にかけた潤の命を救ったのは、野性味溢れる竜嵜可畏。なんと彼は、地上最強の肉食恐竜・ティラノサウルスの遺伝子を継ぐ竜人だった!!潤の美貌を気にいった可畏は「お前は俺の餌だ」と宣言!!無理やり彼が生徒会長に君臨する高校に転校させられる。けれどそこは、様々な恐竜が跋扈する竜人専用の全寮制学院だった!?【「BOOK」データベースの商品解説】

最強の恐竜・Tレックスの遺伝子を継ぐ暴君×特異体質の青年の恐竜学園戦記!【「TRC MARC」の商品解説】

動物の心の声が聞こえる能力ゆえに、ベジタリアンとして育った高校生の潤。
その極上の血に目をつけたのは、最強の恐竜──ティラノサウルスの遺伝子を受け継ぐ
恐竜人の竜嵜可畏(りゅうざき・かい)だ。その遺伝子の力で、人間を従わせる能力を持つ可畏は、
潤を餌とするため、恐竜人が集う全寮制の学園に、潤を無理やり転校させて、奴隷として
支配しようとするが……!?【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

恐竜モノBL

2015/10/30 00:23

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:海月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

秋の笠井あゆみさん祭継続中。
タイトルと表紙がBLらしくなさすぎて、普通のライトノベル??と頭に疑問符を浮かべながら手にとり、下肢の描かれ方、レーベル、犬飼ののさんに笠井あゆみさんだから、BLのはずと購入。それでも実は冒険忌憚だったらどうしようと思ったのですが、ちゃんと無理矢理から始まって両想いへ至るザ・BLでした。受と攻が特殊環境を乗り越え自分の気持ちという迷路を抜けてお互いを好きな気持ちという宝物をみつけたのだから、そういう意味では冒険談かもしれない。
それにしてもハイスペックイケメン金持ち一族のボスまたは御曹司攻は数多いるものの、更に竜人でT・レックスとは意表をつかれました。これが出落ちでなく、突拍子のない設定だけで終わるのでもないからすごい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

独創的な恐竜設定が良し!!

2016/03/28 21:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

凄い引き込まれる設定と話の展開に、久々に読んででわくわくしました。
殺し描写とか珍しい設定とか、Web小説っぽいなとも思えました。
最後は少し急ぎ足な感じもあったけど、続編あるようなので、ちょっと物足りないくらいが丁度いい、な終わり方でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

さらっとしてるね!

2015/07/05 01:22

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はな - この投稿者のレビュー一覧を見る

いやー恐竜物!
なんて懐かしいんでしょう。アニマルX以来じゃないかしら。私がお嬢さんだった頃大好きだった恐竜bl漫画。似てたので、表紙も斬新だったから、つい手を出しちゃいました。んーでも、血や臓物の描写、そんなにキツくはなかったけどなあ私的に。何か全体的にさらっと読めちゃった。せっかくの恐竜設定、も少し掘り下げてくれてもよかったなあと私的感想。アニマルxの躍動感知ってるだけに残念!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

好みが分かれます

2015/10/15 19:53

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きなこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

初作家さん買いです。鬼畜攻めが読みたくて購入。

■CPは恐竜遺伝子の暴君×草食流され美人。【ティラノサウルスの遺伝子を受け継ぐ】、だの、【動物の心の声が聞こえる】だの…こんなにぶっ飛んだ設定の作品は初めて読みました笑。因みに獣姦はありません笑。
■エロは本番あり。本命以外との絡み(複数)ありです。ここは要注意。可畏(攻め)も潤(受け)も複数の脇役との絡みが数回ありますので、苦手な方は気を付けてください。
■内容としてはファンタジーかつ重めです。設定の斬新さに驚きますが、王道の学園もの。ただ、学園設定の良さがあまり活かしきれていないような気がします。取り巻きを沢山投入するための舞台設定かな、といった印象を受けました。主人公二人の生い立ちを描くことで、現在に至るまでの背景を説明しているのですが…、うーん、何となくしっくりこない。他の方のレビュー内容もよく読んでみることをお勧めします。

■総合して、…購入の前に要検討です。エロ場面の印象ばかり頭に残りました。前述したとおり、CPの絡みでの注意点もあるので、好き嫌いがはっきり分かれる作品だと思います。壮大なファンタジーBLを読みたい方はどうぞ。

因みに、私はあまり萌えなかったです。期待が大きすぎたんでしょうか…。続編が出版されましたが、買う予定はありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

思っていたより...

2015/09/30 23:35

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kakasi - この投稿者のレビュー一覧を見る

知り合いのオススメで買ったのですが、自分の萌えポイントと合わず少し期待はずれでした。
というのも、攻の周りに対する暴力がどうしても受け入れられなくて...
話の内容よりも暴力表現に気分を害されてしまって単純に楽しむことができなかったのが残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恐竜の血を持っている竜人?×ベジタリアン美形高校生

2016/09/30 23:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず恐竜のBLって所で興味津々。
恐竜にもソコソコ興味があるので、色んな恐竜が出てきて面白かったし、攻めがとても横暴な癖に心の中では、淋しがり屋さんだったりとギャップが良かったけど、その辺りをもっと出して欲しかったなと思いました。
恐竜人だから、思考が人間とは違うのかな?と思いつつも暴力的なシーンは痛い感じ。
少し苦手でした。
いくら治癒能力が優れているとしても痛かったです。
受けの精神力の強さに驚きました。
だからこそ、攻めと付き合っていけるのでしょう。
番外編のような甘いお話の続きが読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/01 15:47

投稿元:ブクログ

恐竜BLっていう新しいジャンルができるんでしょうか?モフモフとは一味違って、獰猛なラブが堪能できそうです。
笠井あゆみセンセとのタッグでエロスが倍増ですね。笠井センセは美麗なことは言うまでもないけど、このアングルが凡人には思いもつかない感じで素晴らしいです。カラー口絵もガン見のエロさです!表紙なんて攻がデカすぎて牙の中に潤がいるっていうはみ出し加減で迫力あります。

恐竜社会を現在の学園モノに融合した、ファンタジックな弱肉強食ラブ。
ある理由でベジタリアンの高校生の潤が、とても明るくポジティブでよかったです。物怖じせず何でも前向きにとらえる性格だからこその強さが感じられました。
潤は、ティラノの遺伝子を受け継いだ最強の男である竜嵜可畏にロックオンされ、「竜人」が跋扈する学園へと無理矢理連れてこられて、愛妾的立場の一号さんにされてしまいますが、とても彼らしいやり方で可畏の凶暴な心に近づこうと努力します。

可畏は、最初の印象は最悪でした。恐ろしく自分勝手で酷い男としか感じられませんでした。
でも、食うか食われるかの世界で生き抜くには非道を選ぶしかないんだなと納得。親兄弟コワすぎです!特に母親がコワい…
そういう意味ではトラウマが一番のテーマになっているかも。
恐怖に支配された者は、恐怖で支配する。
まさに可畏のことです。強くなければ意味が無いと信じて生きてきて、それが一転して覆される瞬間は圧巻でした。
…心を揺さぶられてしまい、涙でした。

ラブ面が意外にツボでした。野獣を手懐けるみたいな萌え。ただし、そこに至るまではかなり痛いです!心構えは慎重に。とにかく、潤が前向きで恨まない性格で安堵ですよ。
エロ的には恐竜BLなので、期待どおりにがっつり。可畏は十号さんまで囲って?いてちょっとうけましたが、そのわりに意外に一筋だったのが安心でしたw

新シリーズかと思ったけど、センセは一冊ものだと言ってますね。番外とかスピンオフが出たら読みたいです。
amazon小冊子は「愛情記念日」
甘いです!ラブラブ。手作りカッテージに感動。でも、チーズケーキは結局できあがらずw

2014/10/27 10:54

投稿元:ブクログ

ファンタジーBL
恐竜ということで、なかなかに暴力表現多しで
前半でげっそりしてしまいましたw(苦手なんで)
切ない展開もありつつ、印象に残る作品でしたが
私には合いませんでした。

2016/03/21 15:41

投稿元:ブクログ

色んな動物の擬人化はよくある話だけれど、この作品は恐竜の血を引く竜人・その中でも最強のTレックスと、本来は非捕食者である人間の男子高校生との恋。よくもまあこんな設定考えたな、と思うけれど、周到に計算された様々な設定のおかげで、まったく陳腐にならずにその世界観に入り込めた。恐竜だけあって、前編に渡って暴力描写が生々しく、人によってはDV受けてる内に依存し始めてしまう関係に見えなくはないんだけど、でも、主人公がちゃんと強い意志と主体性を持っているので、そこはちゃんと愛のある関係に描けているように思った。
ブライトプリズンでハマった犬飼のの先生だけど、この人の想像力には本当に感心します。これからもこのファンタジー路線でたくさん書いて欲しい。

2014/07/16 18:33

投稿元:ブクログ

私の中では高評価。すごくよかったと思う。
いや、あらすじで「俺の餌になれ」だの、恐竜BLだのってイロモノの匂いがぷんぷんしていたんだけど。確かにイロモノと言えばそうなんだろうが、思っていたほどヤバイ方向のものではなかった。
っつか、キャラ文庫の何でもあり感すごすぎてびっくりだ。
暴君竜とあるけど、カイは暴君ってほど暴君じゃない。そう振る舞うことで傷つかないようにしていたって感じに思えるから不思議。おそらく、それは受けの潤の受け入れ方にもよるのだと思う。この潤の方も問題ありと言えばそうなので、この二人が結ばれて終わるだけではなく、ちょっとその先のお話も読みたいなと思った。

2016/04/12 22:26

投稿元:ブクログ

初読み作家さん。

攻め:竜人・可畏
受け:沢木潤

交通事故で死ぬかというほど血を流して大怪我したのにしばらくしたら回復していた。それは轢いた車の中にいた竜人が自分の血を与えてくれたからだと言う。動物の気持ちが流れ込んでくる潤には『一緒にいたい』という感情が流れ込んできて、それは可畏からだったようで?
可畏に気に入られた潤は竜人が人間社会の中で生きていくための養成学校である高校に転校させられ寮に入れられる。寮では毎日可畏に抱かれ身体だけでなく気持ちも心地よくなってきてしまっていて…。


ファンタジーは不得手なので購入後積んでいたのですがやっと読みました(笑)読んだら設定もストーリー展開も、ファンタジーにありがちな独りよがりだったり都合の良い展開だったりもなく、ちゃんと納得出来る内容で齟齬もなく、散りばめたカードもちゃんと回収して読み応えがありました。人間の潤が竜人である可畏を好きになって行く過程も、竜人の可畏が潤をちゃんと認めて尊重できるまでの過程も自然でした。

こういうちゃんと納得出来る設定の話ならファンタジーも良いなぁと思った作品でした。
(でも、この先生の虫シリーズは以前読んでみたけど序盤で挫折してます。あれは虫がモチーフなのが多分ダメ。擬人化がそもそもダメ)

2014/09/16 00:50

投稿元:ブクログ

初めて読んだ犬飼ののサンの作品。恐竜BLと聞いて興味津々だったけど、さすがに獣姦みたいな事にはならず…(まぁ恐竜相手じゃ無理よね) 血生臭い場面もあるし、かなりな暴君が攻なので好き嫌いはわかれると思うけど、面白くて一気読みでした♪

『人間社会に紛れて生きている竜人=恐竜と人間を掛け合わせて超進化を繰り返してきた、恐竜の子孫』という、現実世界にファンタジックな設定が盛り込まれたお話。主人公はそんな竜人の君主・可畏に見初められた、芸能事務所のスカウトが後を絶たないベジタリアンな男子校生・潤。
この作品は、可畏の酷い暴君ぶりに耐えられるかが第一のハードルかも(笑) 私は、可畏が隠し持ってる内面を潤が読み取ることに同調する設定でハードルをクリアしたけど、全く萌えない人も居るだろうな…
潤のポジティブさにはきっと読者も救われたと思う。可畏も文中で称賛しているが、ツラい経験をしてきた強さが陽の世界へ向かって真っ直ぐ伸びていて、可畏とあらゆる意味で真逆なカップルである。

だんだん甘くなる件がすごく良かったので続編があるのか検索したら、 犬飼さんのサイトでSSが読めて嬉かった!
最新刊は人魚だし、ファンタジーがお好きなのかしら?ちょっと気になる作家さん。

2014/09/01 15:10

投稿元:ブクログ

初め恐竜人設定出てきたので、うわっ引くかも…と思い、ファンタジー系でイタイ方向に行くのかと心配したが、中々どーして新しい世界を広げちゃってくれましたね!
かなり血を見る痛覚的に痛い場面も多いのですが、他の方も書いていましたが潤くんの明るさポジティブさ、強さに救われましたね。ベジタリアンである理由もあまり抵抗なく読めましたし、そのどちらも竜嵜との関係を成り立たせる大事な動機になってましたね。
また、外面は暴君レックスなのに内面は傷ついたままの子どものような竜嵜と、器の大きい潤の対比が面白くて、いいカップルだなあと。最後にはレックス竜嵜も漢を見せてくれて成長したねwと微笑ましくなりました。
犬飼のの氏は冷徹さとか残酷さもキッチリ書ける方なので、後半潤と馴染んできたお妾さん同士のキャピキャピや側近ディプロさんたちとの関係の甘さとのバランスが取れていて納得の内容でした。
個人的に竜嵜が会食のテーブルを蹴って出て悶々グルグルしながら潤を探しに行って…という井戸の場面が大好きです。その前の、潤を拘束してディプロたちに…という朝の場面も緊張感に溢れててよかったです〜♡

これも他の方達が書いていましたが、是非、続編を書いてもらいたいです。是非!

2014/07/13 09:23

投稿元:ブクログ

これ続編あることに期待して★5
とうとう恐竜がBLにっ。どんな話になるのかと手にしたときは少々不安でしたが、まぁなんともその世界観にどっぷり引き込まれました。どうかシリーズ化してください。

2014/12/27 12:41

投稿元:ブクログ

恐竜BLとか、業界もついにここまできたか、と思わず唸るような設定です。
分類としてはファンタジーなんですが、現代の普通の高校生で、
受は生き物の心の声が聞こえる、みたいな特殊能力があるくらい。
ああ、あとは攻が恐竜ということくらいで、剣と魔法の世界みたいな
作り込まれた世界観ではないです。

と、なんだかこう書いてみると、剣と魔法よりも更に濃いめの
ファンタジー臭がするな……と思ったんですが、ホントにかなり
濃いめです、色々と。
まず犬飼さんの暴力描写には、今まで散々眉を顰めてきたのですが、
これがこの作家さんの持ち味だと思うようになってからは、この
意味不明なDVまがいの行為を普通に読み流せるようなになりました。
特に今回は相手が恐竜で、理性でどうにもならない面と、色々と
オコサマな事情があるので特に気になりませんでした。

心の声が流れ込んでくるために、その気持ちに同調しやすいという
受の設定も、それがあるから好きになっていく過程に、あまり無理な
違和感がなかったです。
DVよりも何よりもしんどいのが、スプラッタばりの流血描写や、
内蔵だとか食いちぎるだとか、穏やかではない字面……。
もちろんそこには愛があるゆえの行動で、ふたりが非常に愛し合ってて
せつない展開ではあるんですが、そこはさらっとお願いしたかった!

挿絵は神々しいほど美しいです。
まず、BLの表紙なのに、ひとりしか描かれていないのが新鮮。
攻はどこに? 
と思ったら、お口の中にすっぽり受をくわえ込んでました(笑)
BL界広しといえど、お口に受の身体をまるごと入れちゃった攻は
いないと思います……。斬新すぎてまじまじ眺めちゃった。
耽美な絵柄と耽美な話、そして濃厚なエロ成分。
意外なレーベルからの発行でしたが、非常に楽しく読むことが
できました。
続編出るなら絶対買う。