サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 窓から逃げた100歳老人

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

窓から逃げた100歳老人
窓から逃げた100歳老人 窓から逃げた100歳老人
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 82件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/24
  • 出版社: 西村書店
  • サイズ:19cm/413p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89013-706-0
  • 国内送料無料

紙の本

窓から逃げた100歳老人

著者 ヨナス・ヨナソン (著),柳瀬 尚紀 (訳)

お祝いなんてまっぴらごめん!100歳の誕生日パーティの当日、アラン・カールソンは老人ホームの窓から逃走した。ひょんなことからギャング団の大金を奪ってしまい、アランの追っ手...

もっと見る

窓から逃げた100歳老人

1,620(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

お祝いなんてまっぴらごめん!100歳の誕生日パーティの当日、アラン・カールソンは老人ホームの窓から逃走した。ひょんなことからギャング団の大金を奪ってしまい、アランの追っ手は増えていく。けれども、当の本人はなるようになるさとどこ吹く風。それもそのはず、アランは爆弾つくりの専門家として、フランコ将軍やトルーマン、スターリン、毛沢東ら各国要人と渡り合い、数々の修羅場をくぐり抜けてきた過去の持ち主だったのだ。20世紀の歴史的事件の陰にアランあり!過去と現在が交錯するなか、次々展開するハチャメチャ老人の笑撃・爆弾コメディ、日本初上陸!【「BOOK」データベースの商品解説】

老人ホームから逃走したアラン。ギャング団の金を奪ってしまい、追っ手は増えるがどこ吹く風。爆弾つくりの専門家だった彼は、数々の修羅場をくぐり抜けてきた過去の持ち主だったのだ…。スウェーデン発の笑撃・爆弾コメディ。【「TRC MARC」の商品解説】

100歳の誕生日パーティーを目前に、おしっこ履きのまま老人ホームを逃げ出した主人公アラン。お酒(とくにウオッカ!)が大好き、宗教と政治が大嫌い。ひょんなことから手にした大金入りスーツケースをめぐってギャングや警察に追われることとなり、途中で知り合ったひと癖もふた癖もあるおかしな仲間とともに珍道中を繰り広げる。
一方、過去のアランはというと、爆発物専門家としてフランコ将軍やトルーマン、スターリンと日夜酒を酌み交わしては、エポックメイキングな人物として世界史の重大シーンにひょこひょこ顔を出す。アランの逃避行と100年の世界史が交差していく、二重構造ならぬ「百重構造」のドタバタコメディ!
全世界で800万部を突破した驚異のベストセラー、待望の日本語版。2014年、日本での映画公開予定。【商品解説】

著者紹介

ヨナス・ヨナソン

略歴
〈ヨナス・ヨナソン〉1961年スウェーデン生まれ。ヨーテボリ大学卒業。地方紙の記者を経て、メディア・コンサルティングおよびテレビ番組制作会社OTWを立ち上げ成功。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店千日前店

タイトル

ジュンク堂書店千日前店さん

すごいおじいちゃんに惚れちゃってください!!
20世紀の偉人達がたくさん出てくるはちゃめちゃな冒険譚にどっぷり浸かって、楽しく笑いながら読んでください。
9/7の朝日新聞GLOBEに掲載されていたんですが、韓国のベストセラー(総合)第1位に輝いています。今話題の作品です。11月には日本でも映画が公開予定です。

みんなのレビュー82件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

ウォッカが飲みたい!

2014/08/28 21:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コペル - この投稿者のレビュー一覧を見る

100歳の老人の無茶苦茶な人生に乾杯!
自分もこんな波瀾万丈な生活を送ってみたいと思ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すごい人生!

2015/09/10 19:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

百歳の誕生日に施設から逃げ出した老人の逃走劇と、彼の百年の人生が交互に語られています。色々な仲間が増えていくハチャメチャな逃走劇も楽しいのですが、世界の様々な歴史的瞬間に顔をのぞかせる彼の人生は最高です。面白すぎます。ただ、日本人としてはちょっと笑えない場面も・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映画より原作

2015/09/21 01:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Chocolat - この投稿者のレビュー一覧を見る

当たり前ですが…100年生きるって、長いですね
具体的に描かれると、あらためて目からウロコでした
やっぱり大事なのは、くよくよしないことみたいだけど
100年を映画に詰め込むのは、やっぱり無理があると思いました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

設定はともかく立派なヒーローモノ

2015/10/29 11:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りー - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語の主人公にヒーローの資格なるものを問うとするならば、この齢百を数えるアラン老人はそれを十分に備えていると言える。はじめは歳の割に動けるじじいだな!程度の感想だったのだけれど、ストーリーを追い回想を追いしているうちにアラン老人がスーパーヒーローにしか見えなくなってくる。まあヒーローモノと一口に言ってしまうには人が簡単に死に過ぎている気がしないでもないし、シリーズ化するには主人公の老い先が短すぎるって欠点もあるのだけれど。黒いユーモアもあり歴史的背景も考えられていてなかなかのエンターテイメント作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

近現代を全力疾走。

2016/07/02 12:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

冒頭の脱走シーンもにやりとするが、どんどん読んでいくうちにそんなものは文字通り序の口だということがわかる。
ここまで近現代の大物たちを痛快にかいくぐり全力疾走するアランじーちゃんの人生を描いたあたりがおもしろい。100歳の今を描いた内容より過去の部分がじつにいい。
訳者が押韻のうまい柳瀬さんというのもポイントが高い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/15 11:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/13 13:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/29 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/09 15:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/17 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/23 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/09 14:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/31 13:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/27 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/07 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る