サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

氷の王女と緋色の約束(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発売日:2014/06/03
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/243p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-601810-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

氷の王女と緋色の約束 (コバルト文庫 ハーフ・クラウン)

著者 御永 真幸 (著)

とある事情で男装せざるを得なかったユフィと、彼女にベタ惚れだったヴィンセントが結婚し、レイジエルド王国の共同統治者となって1ヶ月余り。二人は不器用ながらも仲睦まじい新婚生...

もっと見る

氷の王女と緋色の約束 (コバルト文庫 ハーフ・クラウン)

616(税込)

ハーフ・クラウン 氷の王女と緋色の約束

572(税込)

ハーフ・クラウン 氷の王女と緋色の約束

ポイント :5pt / 紙の本より44おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「氷の王女と緋色の約束」が含まれるセット商品

ハーフ・クラウン (コバルト文庫) 3巻セット(コバルト文庫)

ハーフ・クラウン (コバルト文庫) 3巻セット

商品説明

とある事情で男装せざるを得なかったユフィと、彼女にベタ惚れだったヴィンセントが結婚し、レイジエルド王国の共同統治者となって1ヶ月余り。二人は不器用ながらも仲睦まじい新婚生活を送っていた。そんなある日、捕縛された不審者は元「王位継承者」のガウェインで!?しかも彼がユフィのことを好きだったと衝撃告白したものだから、ヴィンセントは心中穏やかではいられず…!?【「BOOK」データベースの商品解説】

元「男装女王」ユフィと、彼女にベタ惚れだったヴィンセントが結婚してから1カ月余り。ふたりは不器用ながらも仲睦まじい新婚生活を送っていた。そんなある日、聖堂で不審者が捕縛される。その正体は元「王位継承者」で…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/21 21:34

投稿元:ブクログ

シリーズ2巻目。
初恋相手のユーフェミアにベタ惚れのヴィンセントが男装女王ユーフェミアを口説き落とし結婚し早1ヶ月。仲睦まじく王国の共同統治に臨む2人の前に行方不明だった元王子ガウェインが帰ってくる。彼の帰還がユフィとヴィンスの2人に嵐をもたらすことになる。その上、レイジエルドを訪れた「氷の王女」と呼ばれる隣国の王女ナターシャとガウェインにも何らかの因縁があるらしく・・・。

シリーズものですがメインの話は隣国の王位継承問題です。氷の王女と噂される王女ナターシャがレイジエルド王国を訪れたことで、ユフィたちも隣国の王位継承問題に巻き込まれてしまう、といった流れ。突然帰ってきた元王子ガウェインはナターシャにベタ惚れで、彼女に嫌がられようともちっとも挫けず突撃していくタイプ。けど、私はけっこうガウェイン好きだけどな(笑)ユフィはナターシャと一緒に隣国に拉致されてしまうので、ヴィンスとの触れ合いというかイチャこらはほとんど見られません。でもその分ラストは甘々でしたけど。ナターシャの母親を筆頭にマルヴァレフト国の面々の態度が腹が立って腹が立って、どうにかやっつけてスカッとさせて欲しいと思いながら読んでいました。最後の1対1で戦わすやつとか卑怯でしょ!なので颯爽とユフィを助けに現れたヴィンスに胸がきゅきゅん!となりました(笑)
ユフィとヴィンス、ナターシャとガウェイン、そして唐突に始まったエリカとロイド(ほんとに突然でビックリしたww)、それぞれのカップルの恋愛事情も気になるこのシリーズ。また続きが出たらいいなと思いました。

2014/11/25 11:10

投稿元:ブクログ

そういえば、元王位継承者ガウェインが忘れられていたなぁって思っていたら、早々に出てきました。タイトルの「氷の王女」というのは、ガウェインのお相手の隣国の王女様ナターシャのことでした。

主役二人が一緒にいられる時間が少なかったのは残念でしたが、ガウェインとナターシャがうまくいけばいいなぁって思うくらい、結構気に入った二人でした。

2014/10/05 13:38

投稿元:ブクログ

続刊なのだがら当然、寸止めの二人の話に比重を置いて欲しかったのだが、ヒロインに似た性格の凛々しい美女の登場で、なんとなく的がぶれてしまった印象。
少女ノベルの政治ものの駆け引きの詰めの甘さはスルーで。
個人的な好みとして、凛々しい美女は好きです!
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3980.html

コバルト文庫 ランキング

コバルト文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む