サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 百花恋情 禁断の後宮で乱されて

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

百花恋情 禁断の後宮で乱されて(シフォン文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/03
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: シフォン文庫
  • サイズ:15cm/300p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-670054-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

百花恋情 禁断の後宮で乱されて (シフォン文庫)

著者 ハルノ ヤヨイ (著)

李紅花は貴族の令嬢でありながら、父亡き後は継母と継姉から使用人同然の扱いを受けていた。そんなある日、李家を官吏が訪ねてきて、皇太子の花嫁探しのため、紅花は王宮へと連れてい...

もっと見る

百花恋情 禁断の後宮で乱されて (シフォン文庫)

648(税込)

百花恋情【特典ミニ小説付】

518 (税込)

百花恋情【特典ミニ小説付】

ポイント :4pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

李紅花は貴族の令嬢でありながら、父亡き後は継母と継姉から使用人同然の扱いを受けていた。そんなある日、李家を官吏が訪ねてきて、皇太子の花嫁探しのため、紅花は王宮へと連れていかれる。そこで会った皇太子・白龍はなんと初恋の相手。思いがけない幸運に喜ぶ紅花だが白龍とそっくりな青虎に遭遇し、「お前を奪ってやる」と宣言される。優しい白龍と激しい青虎。ふたりの間で揺らぐ紅花は…?抗えない愛に溺れる妖艶中華ラブ。【「BOOK」データベースの商品解説】

父亡き後、継母と継姉から使用人同然の扱いを受けていた紅花は、ある日、皇太子の花嫁探しで王宮へ連れていかれる。そこで会った皇太子はなんと初恋の人。思いがけない幸運に喜ぶ紅花だったが…?


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

電子書籍

光と影のような王子に愛されて

2014/10/09 16:32

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

紅花は名門李家の一人娘で、幼い頃宮城で催された宴で見事な舞を披露し皇帝陛下自ら褒美を与えられた美少女であった。しかし、父が再婚間もなく病死してから継母と義姉に虐げられた生活を強いられることとなる。そんな時、皇太子が国中の娘から花嫁を探すと触書が出た。紅花は連れて行かれた宮城で昔宴で出会った初恋の人・皇太子白龍と再会することとなる。二人の想いが通じ合うが、皇太子には隠された双子の弟青虎がいた。青虎は暗く激しい情熱を紅花に向け、強引に純潔を奪ってしまう。白龍と青虎に求められ紅花は----。

ヒロイン・紅花が状況に流されているだけで、応援したくなるような要素が無かったです。白龍と青虎の問題の決着のつけ方もモヤモヤします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/25 00:45

投稿元:ブクログ

ぱらぱらっとめくった時のイラストで、もしかして2対1なのかなって思ったら、まさかの二重人格wwww しかも、そのシーンてヒロインの脳内妄想と言うか夢ってこと? まさかの展開過ぎて驚いた。

今回のあとがきはさほどパンチが効いていなかった。

2014/08/08 21:36

投稿元:ブクログ

表紙に描かれているヒーローは一人。あらすじには「白龍」と「青虎」の二人の男性の名が。

双子との3Pものかと思いきや、実はヒーローは白龍一人で、彼の二重人格が青虎という設定に驚きました。別々に現れるのは分かるとして、梅見の宴のときはいくら外見が一緒でも服装も一緒だと、あれ?ってならないのかなぁって思ったり。。。ちょっと微妙でした。

田中琳さんのイラストはきれいでした。

女性向け ランキング

女性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む