サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ワンダーリング(新書館ディアプラス文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/06
  • 出版社: 新書館
  • レーベル: 新書館ディアプラス文庫
  • サイズ:16cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-403-52353-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ワンダーリング (新書館ディアプラス文庫)

著者 一穂 ミチ (著),二宮 悦巳 (イラスト)

七つの年にラスベガスのカジノで拾われた芦原雪。自分を拾ったシンガポール華人の令輝から徹底的にルーレットを仕込まれ、雪は一流の腕を持つまでになる。厳しい育ての親とは対照的に...

もっと見る

ワンダーリング (新書館ディアプラス文庫)

605(税込)

ワンダーリング

605 (税込)

ワンダーリング

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

七つの年にラスベガスのカジノで拾われた芦原雪。自分を拾ったシンガポール華人の令輝から徹底的にルーレットを仕込まれ、雪は一流の腕を持つまでになる。厳しい育ての親とは対照的に、“雪”に名前をつけ、無条件に甘やかそうとするのが令輝の腹違いの弟、藤堂だった。雪にはそれが煩わしくて仕方ない。現在は藤堂が社長を務める東京の公営カジノで働く雪だが、どんなに素っ気なくしても藤堂の態度は変わらず…?【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ハイスペックへたれ攻万歳。

2015/10/24 15:35

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:海月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ノーモアベットのスピンオフですが、こちらだけでも読めるようになっています。カジノオーナー 藤堂×カジノのディーラーで藤堂の兄に拾われて生きてきた雪。いいこをやめることが出来ない藤堂といいこをやめれないくせに中途半端にかまいやがってと思いながらもいいこをやめさせることなんかできない雪。切なくて可愛くて愛おしいお話でした。
表題作+後日談+あとがきSS。後日談も切なくて甘くてかわいいです。
ハイスペックへたれ攻とツンのままデレるクールビューティ受が好みど真ん中でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スピンオフらしいですが

2015/12/17 20:07

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

もともとの話をまだ読んでいません。だから、これだけでも読めると思います。雪の言葉とは裏腹な気持ちがたまに見えるシーンが切なかった。本心はどこにあるんだろうと最後まで読めずハラハラしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スピンオフだそうです。

2017/03/18 20:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始め、なかなか登場人物の区別がつかないなか、視点が変わるので、更に分かりにくかったです。

この作品では脇役ですが、いとこ同士の二人が好印象だったので、ノーモアベットを読むのが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/14 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/31 08:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/17 20:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/29 14:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/18 00:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/18 02:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/19 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/16 05:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/20 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る