サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 大嫌いなあなたと恋のワルツを

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大嫌いなあなたと恋のワルツを(ラズベリーブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/06
  • 出版社: 竹書房
  • レーベル: ラズベリーブックス
  • サイズ:15cm/446p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8124-8953-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

大嫌いなあなたと恋のワルツを (ラズベリーブックス)

著者 ジュリア・クイン (著),村山 美雪 (訳)

伯爵家の長女サラには、大嫌いな相手がいる。侯爵家の次男、ヒューだ。数年前、彼がサラの従兄に決闘を持ちかけたせいで騒動となり、サラはデビューが1年遅れた。しかも、よりによっ...

もっと見る

大嫌いなあなたと恋のワルツを (ラズベリーブックス)

1,080(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

伯爵家の長女サラには、大嫌いな相手がいる。侯爵家の次男、ヒューだ。数年前、彼がサラの従兄に決闘を持ちかけたせいで騒動となり、サラはデビューが1年遅れた。しかも、よりによってその年には14組もの婚約が成立したのだ。デビューしていたなら、サラも結婚していたかもしれないのに…。ところが、問題の従兄の結婚式に先立つハウスパーティで、サラはヒューと再会する。式までの数日を彼と共に過ごさなくてはならなくなったことを腹立たしく思うサラだったが、ひょんなことから真夜中に彼とワルツを踊ることになって…。【「BOOK」データベースの商品解説】

伯爵家の長女サラには大嫌いな相手がいる。侯爵家の次男、ヒューだ。ところが、従兄の結婚式に先立つハウスパーティで、サラはヒューと再会。ひょんなことから真夜中に彼とワルツを踊ることになって…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/04/13 17:31

投稿元:ブクログ

一言で……
  嫌いな貴方に恋してしまって牽制しながらも惹かれあってラブラブハッピーエンドに至る話!!でした。

 とある理由からお互いのことをあまり好ましく評価していない二人が、
 これまたひょんなことから一緒にいなければならなくなって、
 段々好きになっていく様がとても可愛いらしかったです。

 ヒロイン:サラは勝気な女性というイメージ。少女小説の主人公を少し強きに、けれど女らしさは忘れずにという丁度良い加減をとってました。
 ヒーロー:ヒューは堅物、真面目、見目は麗しい。けれどしっかり男らしいところもあって……と、魅力満載てんこ盛りでした。

 私少女小説しか読んだことがないのでこういった展開。型破り。な小説があっても良いんだなと少し驚かされました。
 ええ。こういうキャラであるのならこうしなければならない。というお約束。よく、ありますよね?
 乙女ゲーや少女小説であると、序盤の描写からこのキャラクターはこの記号にあてはまる。ということはこういうキャラかと予測できその範囲内で動いていくんですが。海外の小説……そういうのは、無かった!!!
 
 深い感情表現はなくどこなく気品溢れる感じでした。
 訳した様な文体が好きなので普段の小説にはない独特の感じがたまりませんでした。

 展開は、序盤のサラとヒューの仲の言い合いや、サラ、ヒューの周りの人との関係など細かく描かれていました。
 また、何でもないような場面での行動が後半にも出てきて、そこでまた違う意味でとれたり、冗談になっていたりした所が良かったです。これは、さっきのあれか!と読んでいてニヤリとできます。

 ただ、好きになる過程というか、相手に対する感情と言うかいささかのりきれない。何かもっと上手い感情の表現の仕方があればもっと読み応えもあったしいり込むこともできたなぁと。
 若干の物足りなさは感じつつも(何が物足りなかったのか自分でもよく分かりません)けれど、ときめきは大いにありましたし、設定も良かったので満足でした!!

≪こんな人におすすめ!≫
・嫌いから始まる恋が好きな人
・真面目、一言多い、黒髪で眼鏡かけてそうなキャラが好きな人