サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ガニメデ支配(創元SF文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/28
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元SF文庫
  • サイズ:15cm/307p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-69621-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ガニメデ支配 (創元SF文庫)

著者 P.K.ディック (著),R.ネルスン (著),佐藤 龍雄 (訳)

星間戦争に敗北し、ガニメデ人に占領された地球。だが人類には希望があった。テネシーの山中で、戦前から抑圧されてきた黒人たちを率いる抵抗勢力の指導者が反撃の機会を窺っていたの...

もっと見る

ガニメデ支配 (創元SF文庫)

994(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

星間戦争に敗北し、ガニメデ人に占領された地球。だが人類には希望があった。テネシーの山中で、戦前から抑圧されてきた黒人たちを率いる抵抗勢力の指導者が反撃の機会を窺っていたのだ。その彼を取材するため元恋人のテレビ司会者が訪れる。一方、異端の天才精神科医が開発したものの、だれも使用したことのない最終兵器が発見された。種の生存を賭けた幻視大戦。本邦初訳長編。【「BOOK」データベースの商品解説】

星間戦争に敗北し、ガニメデ人に占拠された地球。だが人類には希望があった。テネシーの山中で、黒人たちを率いる指導者が反撃の機会を窺っていたのだ。そんな中、誰も使用したことのない最終兵器が発見され…。本邦初訳長編。【「TRC MARC」の商品解説】

地球人類は戦争に敗北し、ワーム形の生命、ガニメデ人によって支配されていた。だが絶大な支持を受ける指導者パーシイXは……。本邦初訳長編!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

ガニメデ支配

2015/09/30 01:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

P・K・ディックとレイ・ネルソンの共作ということですが、ディックらしさは十分感じることが出来ました。
 レイ・ネルソンという人は、映画「ゼイリブ」の原作となった「朝の八時」の作者だそうです。知らなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

分かりにくい話

2014/08/02 10:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

ガニメデ人との星間戦争に敗れた地球。
世界のほぼ全域はガニメデ人に占領されていた。

ただ一箇所、アメリカのテネシー州を除いて・・・。
そこには、カリスマ的な指導者パーシィXに率いられた「解放戦線」が頑強に抵抗を続け、ガニメデ軍も手を焼いていた。

そのパーシィXを取材するため、有名なテレビ司会者であり、パーシィXと元同級生であるジョーン・氷芦(ひあし)が彼の許を訪れる。

ちょうどその頃、テネシー州の農場経営者兼ホテル経営者、そして山師的要素200%のガス・スウェンズガードが、星間戦争の際、開発されながらも、なぜか封印された兵器群を発見する。
それらは相手に幻覚を見せる兵器群であったが、何かがおかしい。
とりわけ、その中の一つは原理的にテストすらできない、と資料に記載されていた・・・。


レイ・ネルスンの作品は読んだ事がないが、「ディック」という名前に思わず喰いついてしまった。
「幻覚兵器」にからんで、何が現実で、何が虚構か、そもそも現実と虚構とは何か、という話が出てくるあたりディックらしい、という感じがする。

ただし、「幻覚兵器」が、どのようにして人間(とガニメデ人)の脳に作用するのか、なぜそんな効果が現れるのか、というのが分かりにくい。
(仕組みは気にせず、「そのような効果があるもの」と思い込めば、気にならないかもしれないが・・・)

とりわけ、クライマックスで「最終幻覚兵器」がなぜ、ガニメデ人に致命的な打撃を与えたのか、というのが分からなかった。

巻末の解説によると、元々、もっと長い作品だったものが、出版社の都合(ページ数の都合)で一部削除された、という。
その影響だろうか。

また、ガニメデ人と、それに協力的な人間(「ウィクス」と呼ばれる人々)、解放戦線の関係は人種問題のメタファーであるように感じた。
パーシィXは黒人、という設定であるし、解放戦線のメンバーは、ほぼ黒人のみ(黒人以外の有色人種もわずかに加わっている)という事になっているのは、人種問題を暗示させたいのだろう、という気がする。
ガス・スウェンズガードに至っては、自らそうと喋るセリフこそないが、その言動を見ると、「人種差別主義者」である事が明白。
(それに「テネシー州」の「農場経営者」・・・)

ガニメデ人は、白人を意味しているのだろう。
ご丁寧にガニメデ人には身辺の世話する「公奴(クリーチ)」と呼ばれる人間の奴隷がつけられている。

そして、ウィクスは占領された側の支配層。

ただ、これらに関しては「差別」の問題までは踏み込まず、対立関係の暗示、という程度にとどまっている。


ところで、本作のクライマックス以降は、正直、話が分かりにくい。
何故、そういう結果になったのか、途中まではついていけるが、最終的に煙に巻かれてしまう。
これは、合作の悪い点が出てしまったのか、出版社の都合による削除の影響だろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/07 23:36

投稿元:ブクログ

共著ではあるけれど、まだ翻訳されていなかったディックの長編があったんですね。

読み始めると果たして期待を裏切らず、はちゃめちゃでサイケデリックでガジェット満載なディックの世界は健在でした。ディックの最高傑作の頂きには至らないけれど、じゅうぶん納得できる作品です。

地球を支配している芋虫みたいなガニメデの異星人が、戦闘機のプラモデルにハマったり、英国国教会に改宗したり、地球の精神医学に魅せられたりしているのは何だかかわいい。

あと、ヒロインのジョーンは日系人という設定だけど、氷芦(ひあし)っていう姓は珍しいですね。そんな名前あるかな、とためしに検索してみると、けっこうたくさんヒットしたので驚きました。

(THE GANYMEDE TAKEOVER by Philip K. Dick & Ray Nelson 1967)

2014/08/19 08:24

投稿元:ブクログ

ディック節炸裂だが

 なんだがスッキリしない作品。テレパシーとか幻想を生む兵器とか。おもしろくない。

2014/09/03 16:16

投稿元:ブクログ

期待度が高かった割にはがっかり。
異星人地球征服後の反乱軍の抵抗を描く。
反攻は成功して異星人は撤退するのだが、その武器がなんとも形容しがたい。
幻視兵器で五感を混乱させるのだが描写がマンガチック。
ゴジラやキングコングまで出てくる。
最後は異星人の占領司令官の一人が地球の精神分析学にかぶれたおかげで共有意識を持つ異星人は全滅。
なんだか後期ウルトラセブンの没原稿を読んでいるようでした。(読んだこと無いけど)

2017/03/10 13:20

投稿元:ブクログ

 訳が分からな過ぎてしんどい。一応ストーリーの整合性はあるのだが、俯瞰で見るとなんでそうなってるのか意味がわからない。「バーナード嬢」の神林の言う通りというか…未訳のままだったのにはそれなりの理由があるんだな。
 (あらすじ)ワーム型のガニメデ人が地球を支配していて、黒人のパーシィXが率いる反乱軍がテネシー山中で活動している。その近くの大地主ガス・スヴェンズガードはガニメデ軍に取り入って地球での実権を得ようとしており、ガニメデ軍の支援を受けてパーシィX軍と戦っている。
パーシィの元恋人のジョーン氷芦は最初ガニメデからのスパイとしてパーシィの元に来るが、その後仲間になる。また、精神学者のポール・リヴァーズも仲間になり、パーシィは彼の開発した幻覚発生器を手に入れた。
一方ガニメデ側にいる精神学者のガルバーニは人間を洗脳して精神を破壊する技術を開発。氷芦はガニメデ側に捕まり、その実験台にされる。しかしその結果、精神崩壊というより何か悟った感じに。その後パーシィたちが氷芦を奪還。またガルバーニは氷芦の実験によって、死が最大の救済だと悟り、それを論文にして出版社に送った後、自殺。
一方パーシィは幻覚兵器でスヴェンズガード軍に打撃を与えるが、副作用で自軍の兵士たちの大多数が離反してしまう。
ガニメデ人の地球総督メキスは、もともとガニメデでの権力闘争に負け、左遷のような形で地球に来たのだが、地球の文化に徐々に愛着を持つようになる。またガルバーニの理論にのめり込む。
一方ガニメデで地球政策の総指揮をとるコリ元帥は、反乱の長期化を受けて、大気圏外に太陽光を遮るミサイルを撃って地球の気候を変え、現生生物を死滅させてから無傷で地球を手に入れるという作戦を考案、実行に移そうとしていた。
パーシィは幻覚兵器を再び作動させてガニメデ人の共意識を攻撃し、壊滅させる。しかし同時に人類の意識も一時一体化してしまうが、氷芦だけがその影響を受けていなかった。リヴァーズは幻覚の中で氷芦の精神に入り込み、氷芦を操って幻覚兵器のスイッチを切ることに成功。なお、パーシィとリヴァーズは、幻覚兵器をめぐって無意識に格闘しており、パーシィはそれにより死亡。
平和になった世界で、スヴェンズガードは地球征服の野望に向けて、ひとまずNY(だったかな?)のテレビ局に出演を打診し、世界に向けて演説を行った。しかし頭の中で彼を嘲るパーシィの声が聞こえ、またその声に操られて変なことを喋ってしまう。その演説は大失敗だったものの、リヴァーズやその同僚の精神学者たちは、彼を政治的に利用することを密かに企んでいた。
(感想続き)オチが!全くわからん!演説を世界中の人々がバカにしたというくだり、もしやガニメデ人による征服の認識がなくなっている(記憶が消えているor全部幻覚だった?)のかなと思ったが、そういう伏線もなかったし…でも失言はそんなに大した内容ではなかったような…わからん。精神学者たちが彼を利用しようとしているのもよくわからん。そもそも途中のストーリーも全体的に意味不明だったし、不条理ものならそれはそれで良いのだが、不条理ものなのかどうかもいまいちわからないし、不条理��のでも、世界観とか全体の雰囲気が良いと心に残るのだが、この作品はそれもない…

2014/08/16 12:18

投稿元:ブクログ

1967年にこれが書かれていたというのがオドロキ。80年代に書かれたニューロマンサーのモリイの感覚情報をケイスが知覚するというアイデアを既に先取りしていたとは!
共著のレイ・ネルスンは、映画『ゼイリブ』(ジョン・カーペンター監督)の原作となった小説『朝の八時』を書いた人物というのも興味深い。
イケてる二人のサイケデリック・ジェットコースター的作品。

2014/07/24 22:11

投稿元:ブクログ

ずいぶん前のディック未訳リストかなにかで、ディック本人が気晴らしのジョーク小説だと言い放ったうえに、レイ・ネルソン(「朝の八時」!)との共著だったことから、おそらく未訳のまま残るであろうと予言された…ような記憶があるけど、夢だったかもしれん。とはいえ、本人お墨付きのぶっ飛んだパルプSFは、まったく予想外の大団円も、終わってみれば納得の力技に大満足。思わぬ箇所で「ゴジラ」も特別出演。怒涛の大風呂敷に気持ちよく包まれたいディック好きなら必読の書。あとがきのネルソン小話も楽しい。

2014/12/04 20:46

投稿元:ブクログ

今から50年位前の作品の訳なので、仕方ないかもしれないけど、なんだかお子ちゃまのアニメレベル以下・・・

創元SF文庫 ランキング

創元SF文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む