サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

駄作(ハヤカワ・ミステリ文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

駄作 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者 ジェシー・ケラーマン (著),林 香織 (訳)

ベストセラー作家だった親友ビルが死んだ。追悼式に招かれた売れない作家プフェファコーンは、ビルの仕事場で未発表の原稿を見つけた。誘惑にかられた彼はその原稿を持ち出し、自作と...

もっと見る

駄作 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

1,188(税込)

ポイント :11pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

駄作

1,069(税込)

駄作

ポイント :9pt / 紙の本より119おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ベストセラー作家だった親友ビルが死んだ。追悼式に招かれた売れない作家プフェファコーンは、ビルの仕事場で未発表の原稿を見つけた。誘惑にかられた彼はその原稿を持ち出し、自作と偽って刊行した。思惑通りの大当たりで、一躍ベストセラー作家に成り上がったプフェファコーンだったが…ベストセラー作家を両親に持つ著者が、その才能を開花させたスリラー!【「BOOK」データベースの商品解説】

売れない作家プフェファコーンの親友でベストセラー作家のビルが行方不明になり、葬儀が行われた。プフェファコーンはビルの未発表原稿を持ち出し、自作と偽って刊行。作品は大当たりし、ベストセラー作家へと成り上がるが…。【「TRC MARC」の商品解説】

盗んだ原稿でベストセラー作家に成り上がった男は途方もない陰謀に巻き込まれる。人気作家の両親を持つ著者が放つ、驚天動地の傑作スリラー。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価2.9

評価内訳

2014/12/08 02:03

投稿元:ブクログ

2014年12月8日読了。
知り合いが絶賛していたので読んでみたけれど、途中つまらなすぎて放り投げようかと思った。
【本書には奇想天外な展開があることを警告しておきます】というのも、確かに奇想天外ではあるけれど、どうせやるならもっと突き抜けて欲しかった。

2014/08/13 23:10

投稿元:ブクログ

 あらすじに「本書には奇想天外すぎる展開があることをあらかじめ警告しておきます」と書く勇気ったら無いよねって思う。うん。
 本書で言うスリラー小説って日本で言うところのサスペンス小説でいいのかな? スリラー小説ってホラーに使いそうだけどちがうっぽいなーとひそかに悩んでいた。調べてみたらそういうジャンルがあるのだと知る。
(有名どころだと「ダヴィンチコード」などだそうな。納得した)

 そして、序盤から推測できないラストにはびっくりしました。

2014/11/26 21:30

投稿元:ブクログ

 ベストセラー作家だった親友が死んだ。
 主人公は、作家の未発表の原稿を見つけ、それを自作として発表する。

 世の中には時々、なんか違うのになんかすごい、っていうものが存在する。たとえば、音を外しまくってるのにすごい歌手とか、ステレオ展開なのに妙に面白い小説とか…。
 多分、この作品もその類なのだと思う。

 贋作によってベストセラー作家になった主人公の苦悩を描くのかと思ったら、途中からアクション映画さながらになり、最後は…。
 展開の移り方の突拍子もなさに、いやそれはないでしょ、とつっこみつつひきつけられるのである。

 作者は、ジョナサン・ケラーマンとフェイ・ケラーマンの長男だそうで。
 つか、だから買ったんだけどね。
 で、父も母も自作のなかで、理想的な完璧な人物を描いているのに対して、この主人公は原稿を盗んだことからして少しもほめられた人間ではない。
 なのに…。
 
 透明な水の中にインクを一滴落としたような、話なのだと思った。
 これは、たった一滴の汚濁によって、なにもかもを変えられてしまう悲劇なのだ。

 もとより汚濁にいたように見せかけて、実はとんでもなく無垢な人物を作り上げてくるあたり、ケラーマンの遺伝子の力なんですかね。

 罪は、心を食み、食まれた心は絶望する。
 まさに死に至る病だった。

2014/07/12 23:46

投稿元:ブクログ

ベストセラー作家で親友のビルが死んだ。売れない作家プフェファコーンは彼の遺作を自分のものとして出し成功をおさめるのだが……。
裏表紙の但し書き通り、予測できない「奇想天外な展開」の連続。何だコレ?。ツッコミ待ちか?。あまりの馬鹿馬鹿しさに呆気にとられつつも、結構好みだったりw。このノリって、なんかメフィスト賞っぽいよね。

2015/04/14 23:43

投稿元:ブクログ

予測不可能な奇想天外すぎる展開がいつ来るかいつ来るかと待ち構えながら読む楽しみ。もっとブッ飛んでてくれてもよかった。あと、コニー・ウィリスの『混沌ホテル』もそうだったけど、小説におけるホテルの受付とのシュールなやり取りは笑いが取れる鉄板ネタなのかもしれない。

2014/09/21 17:53

投稿元:ブクログ

 売れない小説家のプフェファコーンは、ベストセラー作家だった親友の遺稿を盗み、自分の作品として発表する。それが売れに売れ、大金持ちになった彼の人生は大きく変わり始める。
 なかなか浮かばれない小説家が事件に巻き込まれる話は、デイヴィッド・ゴードン著『二流小説家』を連想させるが、予想できたのはここまでで、このあとストーリーがとんでもない方向に急転し、ラストはまったく別の小説ではないかと思われるほど想像外の終わり方を迎える。

 裏表紙に【本書には奇想天外な展開があることを警告しておきます】と書いてあるが、この終わり方は受け入れがたい。終始、精神的に追い詰められる主人公の姿だけが印象的だったが、書いている作者も、あのジョナサン・ケラーマンの息子というプレッシャーに追い詰められていたんじゃないか。

2014/07/09 13:28

投稿元:ブクログ

これがエドガー賞最優秀長篇賞ノミネートとは、アメリカミステリ界は懐が深い。こんなにこの業界を茶化してコケにしているのになあ。

全体の三分の一ほど、41章まではパターン通りのビブリオ・ミステリ。さすが人気作家を両親に持つサラブレッドだけあって、軽快なテンポで話は進み、さあここからどうひねってくるかと思っていたら…。うーん、なんかふざけ方が中途半端だなあ。笑えないし、かと言って、ハラハラもできない。宙ぶらりんの気持ちのまま読み終えてしまった。これがエドガー賞候補ねえ…。

作者の母フェイ・ケラーマンは好きな作家で、リナ&デッカーシリーズを愛読していた。どんどん出るので最近は追い切れていないけど(近作では二人に孫ができたらしい)、長期間にわたって安定した面白さがあるシリーズだ。父ジョナサン・ケラーマンもベストセラー作家であることを考えると、原題の「POTBOILER」はなんとも刺激的。「金目当ての粗製濫造作品」だよ。そこが一番スリリング。

2014/06/15 17:34

投稿元:ブクログ

逆転につぐ逆転、騙され続ける主人公、何が真実かは全くわかならい。

とにかく、変転するストーリーに身を委ねるしかない。
なぜ?とか、その後どうなったの?と考えると、もやもやが晴れない。身を委ねて騙されることを楽しみましょう。

2015/05/24 18:55

投稿元:ブクログ

前半の焦燥感に満ちたスリリングな展開に比べ、後半の混沌としたドタバタ劇はギャグパロディすれすれでその大きすぎる格差に惑わされる。ヒッチコック映画を観ていると思っていたのに、実はマルクス兄弟の出演作だった。チャレンジングで有意義な試みだが筆者は好きになれない。

2015/04/01 21:56

投稿元:ブクログ

ベストセラー作家で親友のビルが死ぬ。ブフェファコーンは遺作を見つけ盗作してしまう。
盗作、親友の妻とのロマンス、スパイ、スリラー、アクションと立て続けに展開していく。飽きさせない展開ではあるが最後は息切れ。オチはメタミステリで拍子抜けなのが残念。

2015/06/22 17:36

投稿元:ブクログ

行方不明でベストセラー作家だった親友の葬儀のあと、親友の書斎から未完成の原稿を盗んで、自分の作品として発表してしまった主人公の話。その後全然知らないズラビアという国の政治情勢などに巻き込まれ、主人公が誘拐されたり、騙されたりする。
主人公が原稿を盗み、突然有名な作家になっちゃったところぐらいまではおもしろくて一気読みだったが、ズラビアの国に行ったところからは次から次に敵か味方かわからない人たちが出てきて訳がわからなくなりつまらなくなった。最初はよかったのにもったいない気がする。

2014/08/28 19:38

投稿元:ブクログ

展開の早いサスペンスで、飽きさせない。一気に最後まで読んでしまった。
章の最後にサプライズをもってきて、つないで行く手法が、最近の海外ドラマっぽいかと。

しかし、ラスト数ページは不要。

2014/09/01 21:40

投稿元:ブクログ

驚きの展開が待っているということで覚悟しながら読み進めたけど、まさかこんな事だったとは…と呆然。最初はギャグだと思ったし、特にズラビアの描写は面白すぎて、このままユーモア路線でいくかと思えば、またまたまさかのラスト。少し拍子抜けの気分で読み終えたのは、このラストが意外だったからかな。主人公が物語を作る上での苦悩も真に迫っていたし、本当に言葉ひとつでも悩み抜いて選んでいることに、ちょっと感動した。

2015/07/01 11:45

投稿元:ブクログ

壮大な入れ子構造です。
コナン=ドイルがシャーロックホームズを書いた時もジレンマに陥ったようですが、全く同じ文脈で語られます。
今も昔も作家は同じ問題に苦しんでいたのですねぇ。

2015/05/04 09:33

投稿元:ブクログ

最初の方は面白くサクサク読み進められたんだけど、途中から牛車引いてるみたいになって、いやしかしまた面白くなってくるかも…と思い続けたまま終わった…ドンデンもあんま繰り返されると飽きる。
しかし、とーちゃんとの共作は気になります。

ハヤカワ・ミステリ文庫 ランキング

ハヤカワ・ミステリ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む