サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 孤児たちの軍隊 2 月軌道上の決戦

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

孤児たちの軍隊 2 月軌道上の決戦(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/06
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/431p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-011964-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

孤児たちの軍隊 2 月軌道上の決戦 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 ロバート・ブートナー (著),月岡 小穂 (訳)

木星の衛星ガニメデに造られた異星人基地は破壊された。だが、そのための犠牲も大きかった。派遣された1万人の兵士のうち、生き残ったのはわずかに700人。彼らは苛酷な7カ月を生...

もっと見る

孤児たちの軍隊 2 月軌道上の決戦 (ハヤカワ文庫 SF)

1,015(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

孤児たちの軍隊2

918(税込)

孤児たちの軍隊2

ポイント :8pt / 紙の本より97おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

木星の衛星ガニメデに造られた異星人基地は破壊された。だが、そのための犠牲も大きかった。派遣された1万人の兵士のうち、生き残ったのはわずかに700人。彼らは苛酷な7カ月を生き抜いたのち、救援の兵員輸送艦で地球へと帰還する。派遣軍を指揮し、最年少の少将となったジェイソンは英雄として迎えられるが、「異星人のさらなる攻撃に備えよ」という彼の言葉に、政治家たちは耳をかさなかった…待望のシリーズ第2弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

地球へと帰還したガニメデ派遣軍の兵士たち。派遣軍を指揮し、最年少の少将となったジェイソンは英雄として迎えられるが、「異星人のさらなる攻撃に備えよ」という彼の言葉に、政治家たちは耳をかさず…。【「TRC MARC」の商品解説】

衛星ガニメデ上の敵を殲滅し、地球に帰還したジェイソンを待っていた、新たな敵とは?【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

孤児たちの軍隊2

2016/05/24 17:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:J.J. - この投稿者のレビュー一覧を見る

1作目のワクワク感からチョット冷めてしまった、ガチガチの戦争ものにしたいのか
なにか中途半端な感じがそうさせるのか、次回作が分かれ目か!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/30 09:58

投稿元:ブクログ

英雄として帰還したはずの兵士を待っていたものは、PTSDに悩まされる兵士や戦争で疲弊した経済の建て直しに苦しむ国民・・・

と、このあたりまではイラン、イラクとの最近の戦争の影響も反映している感じ。(やっぱり、未来を扱ったSFといえども現実社会やトレンドの影響を受けるのは必至。政治がらみを扱うと特に感じます。このあたりの地続き感まではいいのですが。

後半になると、これはもう凄い戦いが繰り広げられる「普通」の戦闘SF。

このシリーズの特徴は、近未来SFでありがちな予測や想定に対して、実はそんなところまでは行けないというギャップにあったはず。
そのギャップ(っていうかダサい状況)によって発生する困難をどう乗り越えていくかというところに、共感も覚えるしリアリティーも感じられたのです。それが1作目ほど感じられない巻になってしまったように思います。

次巻で、敵の本拠地に乗り込むのでしょう。どうかただの戦闘SFになりませんように・・・

2015/07/14 19:33

投稿元:ブクログ

とても古典的な展開な SF アーミー物という印象。なんとなく読んでるけども、3作目に手を出すのはいつになるかなー

2014/06/15 23:45

投稿元:ブクログ

このシリーズ楽しい。「宇宙の戦士」や「終わりなき戦い」から当時の雰囲気を除いた感じ(著者も似たような事を述べているけど)。両作品とも9.11以降だと少し違う感じがするものね。
残り3作の翻訳を楽しみに待ちましょうか

2014/07/24 22:04

投稿元:ブクログ

続編

 ストーリーを思い出すまで少し時間がかかった。前半の戦場からの帰還途上のストーリーが退屈。ガマンして読んだが、半分くらいまでは戦後の様子が描かれる。ここもっと簡潔にしてほしいなぁ。

 半分過ぎて、ようやくナメクジ登場。しかし、戦闘も含めてその結末はあっさりしている。新鮮さがないと感じた。

 仲間たちのために戦う。それが本作のテーマらしい。SFというより戦争小説に近い気もするなぁ。3があるのかどうか不明だが、少しレベルが落ちた感じがして残念だ。

2014/06/20 15:54

投稿元:ブクログ

第1巻もおもしろかったけど、この第2巻もおもしろい。最初に、物語の最後の部分が有り、その後、そこに至るまでの話が始まるので、少々、くどい感じもするが、全体的に、話の展開が早いのでどんどんよめる。
次の第3巻が12月に発売予定とのことなので、これも楽しみ。

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む