サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. スコット・ロバートソンのHOW TO DRAW オブジェクトに構造を与え、実現可能なモデルとして描く方法

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

スコット・ロバートソンのHOW TO DRAW オブジェクトに構造を与え、実現可能なモデルとして描く方法
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/30
  • 出版社: ボーンデジタル
  • サイズ:28cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86246-226-8
  • 国内送料無料

紙の本

スコット・ロバートソンのHOW TO DRAW オブジェクトに構造を与え、実現可能なモデルとして描く方法

著者 スコット・ロバートソン (著),トマス・バートリング (著),Bスプラウト (訳)

最も基本的な遠近法から、実在しないオブジェクトや環境を描く方法までを学べるテキスト。正確なパースグリッドや楕円を描く方法や、複雑な形状を描くための基本を紹介する。手順を確...

もっと見る

スコット・ロバートソンのHOW TO DRAW オブジェクトに構造を与え、実現可能なモデルとして描く方法

4,320(税込)

ポイント :40pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

最も基本的な遠近法から、実在しないオブジェクトや環境を描く方法までを学べるテキスト。正確なパースグリッドや楕円を描く方法や、複雑な形状を描くための基本を紹介する。手順を確認できる動画が見られるQRコード付き。【「TRC MARC」の商品解説】

イマジネーションを膨らませ、頭の中にある画像をカタチにする方法をコンセプトデザイナーであり、教育者でもある、スコット・ロバートソンが教えます。

パースに従った絵作りの方法から始まり、後半はより複雑な形状の描き方へと進みます。ジャンルを問わず、アーティスト、デザイナー、建築家にお勧めする教科書です。

本書は「How to Draw: Drawing and Sketching Objects and Environments from Your Imagination」(Design Studio Press刊)の日本語版です。
【商品解説】

目次

  • CHAPTER 01 画材とスキル
  • CHAPTER 02 パースの基礎知識
  • CHAPTER 03 パース画のテクニック
  • CHAPTER 04 グリッドの構築
  • CHAPTER 05 楕円と回転
  • CHAPTER 06 ボリュームの表現
  • CHAPTER 07 環境のドローイング
  • CHAPTER 08 航空機の描き方
  • CHAPTER 09 車両を描く
  • CHAPTER 10 描画のスタイルと画材

著者紹介

スコット・ロバートソン

略歴
スコット・ロバートソン(Scott Robertson)は、ハリウッドのアーティストによるアートブックを数多く手掛けるDesign Studio Pressの創始者であり、Art Center College of Designのコースディレクターを務めた経歴を持ちます。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/08 17:07

投稿元:ブクログ

好著。フリーハンドで空間にグリッドを構築して立体物のスケッチを描いていく手順を詳細に解説。

連携アプリも用意され、タブレットを使ったビデオチュートリアルがたっぷり用意されているのも今風でおもしろい。喋りながら手を動かしている手元を映してるだけなのだが、感じがよくわかる。

私は建築系の訓練を受けてきたのでスケッチは矩形を積み上げていくマナーなのだが、本書では楕円がキーになる。また、シンメトリーのための中心線からの反転描画や、立面図の曲線と平面図の曲線を「コンボ」して空中に曲線を定位させる手順など、建築系にはない感じのスケッチのステップが詳しくでてくる。

楕円の短軸を意識しながら描き進め、「円を楕円として配置する方法がわかると、キューブ(立方体)を遠近法で描くこともでき」るという。えー、先に矩形を書いて内接するように楕円を描くんじゃないの、と思ったりもした。

で、ひとしきり、ビデオチュートリアルも見つつ、楕円を使いながら空間を描く練習をしてみると、脳内でスケッチ時の空間の捉え方が更新されていく感じがあった。

それから、私は右利きで、ずっと時計回りに楕円を描いてきたが、ビデオでは反時計回りに描くことが多いようだった。これにも違和感があったのでやってみた。これも新しい感触をもたらす経験だった。

2015/11/23 22:58

投稿元:ブクログ

※この本は凄くいいのですが、パースなど理解出来てない状態で手に取るとちんぷんかんぷんになる可能性があります
また内容も図形問題のような考え方があり優しい、読めば分かるとお世辞には言えません

ただ10割理解出来なくても、3割理解出来たら凄く使えます
パースなどある程度理解出来てきて建物の窓がパースついた状態でどこが中心なのか
基本ステップや四角形の分割は分かってるけど応用になったらフリーズしてしまうなどの段階になったとき凄く為になります
洋書の技術書というのは値段と内容が濃密ですが、この本もそれらの本と同じくらい良書でした

絵画の描き方 ランキング

絵画の描き方のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む