サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 新・投資信託にだまされるな! 買うべき投信、買ってはいけない投信

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

新・投資信託にだまされるな! 買うべき投信、買ってはいけない投信
新・投資信託にだまされるな! 買うべき投信、買ってはいけない投信 新・投資信託にだまされるな! 買うべき投信、買ってはいけない投信

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/23
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:19cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-478-02762-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

新・投資信託にだまされるな! 買うべき投信、買ってはいけない投信

著者 竹川 美奈子 (著)

金融機関のおすすめ投信を買ってはいけない! 日本の投信は問題だらけ。広告例を通じて、プロの仕掛ける恐ろしいワナの見破り方と、数少ない良質な投信の正しい選び方・使い方を、公...

もっと見る

新・投資信託にだまされるな! 買うべき投信、買ってはいけない投信

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

新・投資信託にだまされるな!

1,296(税込)

新・投資信託にだまされるな!

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

金融機関のおすすめ投信を買ってはいけない! 日本の投信は問題だらけ。広告例を通じて、プロの仕掛ける恐ろしいワナの見破り方と、数少ない良質な投信の正しい選び方・使い方を、公平な立場からやさしく解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

竹川 美奈子

略歴
〈竹川美奈子〉LIFE MAP,LLC代表。ファイナンシャル・ジャーナリスト。著書に「税金がタダになる、おトクな「NISA」活用入門」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

金融機関の話にのせられないために

2014/09/22 11:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:北摂の旅人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

手数料が投資信託の運用効率にどう影響するかなど重要なポイントをわかりやすく解説しています。説明内容も自分の投資経験と合っており、非常に納得できます。投資信託は金融機関が薦める商品を購入することが多いので、金融機関に都合の良い話にだまされないために購読されることをお勧めします。金融機関が薦めることが多い手数料の高いアクティブファンドの多くは、手数料の安いインデックファンドより利回りが悪くなっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/05 00:07

投稿元:ブクログ

タイトルにある「だまされるな!」は少々言い過ぎのところもあるが、投資素人にとってはそれぐらいの言い方の方が通じるだろう。投資信託などを売ろうとしている側は、企業名は立派だが、だからといって善良ではないことをはっきりと教えてくれる。
投資信託に限らず、投資入門者向けのとても参考になる本だ。

2014/12/15 14:37

投稿元:ブクログ

投信の選び方や投資家、販売会社、運用会社、管理会社の関係、どこで手数料がかかってくるのかなど、非常にわかりやすく、これから投資信託を始めようとしている人には手にとってみる価値はあると思う。
30代から毎月少額ずつ投資し、60歳までに老後資金を増やしていければ理想なのだろうな。

2015/03/15 17:57

投稿元:ブクログ

複雑で、理解できない商品は購入しないというのが投資の原則
日本を含む、世界の株式や債券に幅広く分散投資を行うことで、長期的に安定した運用を目指す。

2015/01/07 22:26

投稿元:ブクログ

「新」じゃない前作も読みましたが、基本的な内容は変わりません。具体的にオススメの投資信託を挙げていますが、それが変わったくらいかな? あとはNISA絡みの話ですね。
個人的には前作を含めた複数の著書などを参考に、インデックスファンドを定時定額積立していました(事情により今は凍結中)。アベノミクスとやらの恩恵はそこだけに現れていますが、数年前までは大幅なマイナスでしたので、それを受け入れられる人にしか投資は勧められないと言う事ですし、そもそも勉強もしていない人が投資商品に手を出してはいけないと言うことが大前提です。
なのに――自分の親が「だまされていた」のは愕然としました・・・言っても聞かない人なので、何気なくこの本を置いておきました。
金融機関に頼らなければならないくらい知識のない人は、素直に預貯金か個人向け国債にしておきましょうね。

2015/03/01 09:01

投稿元:ブクログ

竹川先生の投資信託の指南本。前作までと、大きなアプローチは変わっていません。毎月分配やテーマ型など、窓口で勧めらる商品の現実を訴えます。王道な長期分散や、インデックスファンドを推奨するのも、正直、面白味は欠けますが、素人が投資を行う上では、ベストな選択だと理解できます。投資信託に騙されたくない方には、教科書として手元に置いておくのが良い一冊だと思います。

2015/05/09 10:50

投稿元:ブクログ

旧版にNISAの話とかが加わった内容。
繰り返される主張の根拠も絶対的なものではなく、インデックス投資というのも、数ある手法の一つと冷静に捉えるようにしたほうがいいと、同じ著者の本をいろいろ読むうちにふと思った。

2015/10/04 12:48

投稿元:ブクログ

今一度投資信託についての復習

前半は買ってはいけないもの
後半はどのような商品をかったら良いか、NISAも含めながら具体的に説明している。

基本的なことだがとても大切。

2015/05/05 23:46

投稿元:ブクログ

日本株、外国株、日本債券、外国債券のインデックスファンドに分散投資する。
基本、インデックスファンドが初心者にはお勧めとのこと。
具体例も説明されていて参考になった。
これから投資信託を購入しようという人向きの本かな。

2016/03/04 22:46

投稿元:ブクログ

図が多くて内容が具体的なのでわかりやすいと思います。
説明の中で「~を想定」とはっきりと書いてあるので
参考にしやすくてよかったです。

ただ、最後の章にQ&Aがあり、
文章の途中での参照が多いのでそこは少し読みづらかったです。

債権・為替・外貨 ランキング

債権・為替・外貨のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む