サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 女性向けコミック
  4. あとかたの街 1 (KCDX)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あとかたの街 1 (KCDX)(KCデラックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/13
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: KCデラックス
  • サイズ:19cm/173p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-376999-9
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

あとかたの街 1 (KCDX)

著者 おざわ ゆき (著)

【日本漫画家協会賞大賞(第44回)】【「TRC MARC」の商品解説】太平洋戦争末期の昭和19年、名古屋。優しい父と強い母、そして四姉妹の女系家族。木村家次女・あいは、国...

もっと見る

あとかたの街 1 (KCDX)

626(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

【期間限定 無料】あとかたの街(1)

0(税込)

【期間限定 無料】あとかたの街(1)

ポイント :0pt / 紙の本より626おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「あとかたの街 1 (KCDX)」が含まれるセット商品

あとかたの街(KCDX) 5巻セット

あとかたの街(KCDX) 5巻セット

  • おざわゆき
  • 税込価格:3,18629pt
  • 発送可能日:7~21日

商品説明

【日本漫画家協会賞大賞(第44回)】【「TRC MARC」の商品解説】

太平洋戦争末期の昭和19年、名古屋。優しい父と強い母、そして四姉妹の女系家族。木村家次女・あいは、国民学校高等科1年生。

青春真っ只中にいるあいの関心は、かっこいい車掌さんに出会ったことや、今日の献立のこと。自分が戦争に参加しているなんて気持ちは、これっぽっちもなかった――。

しかし、米軍にとって名古屋は、東京や大阪と並んで重要攻撃目標だった。

少女・あいにとって、戦争とは、空襲とは、空から降り注いだ焼夷弾の雨とは、一体何だったのだろうか。

太平洋戦争末期の昭和19年、名古屋。木村家次女・あいは、国民学校高等科1年生。青春真っ只中にいるあいの関心は、かっこいい車掌さんに出会ったことや、今日の献立のこと。自分が戦争に参加しているなんて気持ちは、これっぽっちもなかった――。しかし、米軍にとって名古屋は、東京や大阪と並んで重要攻撃目標だった。少女・あいにとって、戦争とは、空襲とは、空から降り注いだ焼夷弾の雨とは、一体何だったのだろうか。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.3

評価内訳

電子書籍

身近なところを扱った戦争マンガ

2015/05/30 11:33

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

太平洋戦争時の日本の姿を描いたマンガだと言ってしまえばそれまでのことだが、個人的にはそれ以上の思い入れが生じてくる。
まず、主人公・木村あいが昭和19年4月に国民学校高等科に進学したということは、ほぼ私の親の世代だということだ。私も親から当時のことはいくつか聞かされたことがあるが、こうしてビジュアルとして接することはなかった。親の世代の歴史を知るという意味で興味深い。
そして、このマンガの舞台が名古屋だということが、私の興味をさらに深くする。名古屋に生まれ育った者として、今自分が生活しているところがわずか70年前(というか、自分の生まれる10数年前)にどんなだったのかを知らしめてくれるのだ。戦時中のマンガと言うと広島、長崎か東京大空襲といったところが取り扱われることが多いが、似たような体験は他の地域でもあったはずなのだ。そのことも親から聴かされていたのだが、やはりこうしてビジュアルになるとまた印象が異なる。
この第1巻では、戦時下とはいえまだ子どもにはその切迫感が薄かっただろう昭和19年当時のことが描かれている。
それでも、妹が学童疎開に行くことになったり、高等科の学生であっても勤労動員に出たりというエピソードが描かれており、徐々に昭和20年に向かっていくことがわかります。
多くの人にとってはただの戦争マンガだとは思いますが、個人的にいろいろ思うところの多いマンガです。このようなマンガと巡り会えたことを、うれしく思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦争とは何か

2016/04/29 23:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:suka - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和19年の名古屋を舞台にした家族の物語です。
配給制というあらゆる日常生活の制限を受けながらも、妹のために工夫を重ねて奮闘する姉達のたくましさが美しく、切ないです。
空襲が忍び寄るラストシーンは非常に印象的です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

凄い

2015/09/30 10:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:解夏 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この巻だけの感想を綴っても、この作品に関しては無意味だと思う。
しかし、3巻4巻を読んだ後でこの第1巻を読み直すと、この何でもないような日常の描写に、改めて背筋が冷たくなるような凄みを感じてしまう。凄い表現者だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

色んな感想があるようですが、

2016/12/01 11:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは作者さんの両親(今作はお母さま)の体験をまとめるべく描かれたもの。
そうすると「二番煎じ」や「こうのさんのパクリ」は違うのではと思います。
舞台も全く違いますしね。

あとがきにある通り、東京・広島・長崎以外の地方での戦争体験というのは埋没しがちです。
そこを描きたかったのはよくわかるし、地域差というのもあって然るものだと思います。

戦争作品に「衝撃」度を求めている読者がいることが私にはショックでした。
「…エンタメじゃないんだぞ。」とつい、思ってしまったのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

やわらかな絵で伝える戦中物語

2016/11/26 07:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アルファ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ああ、無謀な戦争って嫌だな...と思わせてもらえる佳作。リアリティのある戦時中のエピソードが、口当たりの良い絵で包まれて伝えられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

まだ身近に生きている人の話

2017/02/28 04:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ladybird - この投稿者のレビュー一覧を見る

親世代が戦争体験していることに一瞬驚いたのですが、今の60代、50代の人の親ならありなんですね。「永遠のゼロ」も父親の戦争体験からの着想らしいけれど、親の話といったら、そんなに遠い昔の話ではない。戦争は、まだ生きている人達の実体験だったんだあと改めて認識しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/05 01:08

投稿元:ブクログ

とにかく「タイトル力【ぢから】」のある漫画、パート2。

当時の男のひとが「そんなつまらんことを」って一蹴するであろう女の子の些細な心の動きを丁寧に丁寧に描いてる。
こういう優しげな絵柄だからこそ、人が壊れる、人が死ぬ場面の恐ろしさが際立つなあと思います。

2016/11/27 19:00

投稿元:ブクログ

戦時中の話。
主人公がどんくさくてちょっとイライラする。
朝ドラっぽい感じなのかも。

戦争ものって暗いし貧しいから見てるほうもひもじい気分になってしまうから好きではないんだけど、やはり日本人として知っておきたいっていう気持ちがあるから読みたくなってしまうね。
この漫画は絵もすっきりしてるしとても見やすいです。

2014/07/27 13:48

投稿元:ブクログ

名古屋空襲を描く戦争マンガ。戦記物ではなく、庶民にとって戦争がどういうものだったかを描いていました。なんだか分からない大きな権力に翻弄され、戦争に巻き込まれ、自分の生活や家族の命が脅かされる怖さをひしひしと感じた。
名古屋在住でありながら、名古屋空襲については“そういうことがあった”くらいのことしか知らなかった。今住んでいる街にこんな歴史があったとは。いまの世界情勢や集団的自衛権行使が絵空事ではなくなった今に読むと、戦争って決して対岸の火事ではないなぁと実感させられる。
14/7/26 第1巻読了。
14/10/13 第2巻読了。大幸町の三菱工場ってナゴヤドームのあるとこだよね。なじみのある見知った土地でこういう出来事があったと思うと、急に戦争の怖さが現実味を帯びて、背筋がゾッとしました。
15/3/29 第3巻読了。
15/7/28 第4巻読了。読み進めるのがつらい。鶴舞図書館が燃え落ちるシーンが、ずーんと来ました。昔よく通っていた図書館にこんな過去があったなんて。
15/11/17 第5巻読了。完結です。

2015/10/24 00:05

投稿元:ブクログ

太平洋戦争中の庶民の暮らしをほのぼのと描いた作品。舞台は名古屋。時代考証がそれなりにしっかりしているところも含めて、こうの史代みたいなマンガだと思っていればそれほど間違いはないかと。ヒロシマと名古屋では、おのずと今後の描き方が変わってくるのだろうけど。

2014/07/25 19:19

投稿元:ブクログ

新聞で紹介されていて存在を知ったマンガ

昭和19年 戦争の末期の頃
当時の異様な空気感がじりじり伝わってくる

2016/05/16 10:41

投稿元:ブクログ

帯文(裏表紙):太平洋戦争末期の昭和19年、名古屋。優しい父と強い母、そして四姉妹の女系家族。木村家次女・あいは、国民学校高等科1年生。青春真っ只中にいるあいの関心は、かっこいい車掌さんに出会ったことや、今日の献立のこと。自分が戦争に参加しているなんて気持ちは、これっぽっちもなかった――。しかし・・・

目次:第1話「一番鶏」,第2話「少国民」,第3話「戦争ごっこと男の子」,第4話「あいの針仕事」,第5話「勤労乙女」,第6話「飛来」

2015/07/25 08:44

投稿元:ブクログ

小学生向けの戦争まんがですね。絵がひどい、ほんとうに酷い。十代の子が描いていたなら褒められる。
戦争を題材にした漫画、徴兵出兵した兵士ではなく、本土で空襲された国民から描いたものは、芸術性の高いこうの史代の作品があり、二番煎じ感が否めない。

ヒロインがまず女性車掌をかっこいいとあがめるところから、クリエイターきどりの女性にありがちな、フェミズム気質を感じます。

ひどいのが男性の描き方。
当時の風潮から丸坊主なのはいいとして、主人公の父親が小学生ののび太のような風貌。男の人手が足りないからといって、街にこんなに男がいなかったわけではありません。まるで、戦時中は、オンナだけがひどい目に遭った、という被害者根性丸出し。

女性もほぼ同じ顔。どのコマもハンコ絵で表情に凄味がないので、台詞はいいけど、説得力皆無。しかも、顔で識別できないから、アニメのように黒髪じゃない女性も登場するので、これファンタジーでしょ?と疑ってしまう。小学生といい大人の区別がつかない。

主人公がひたすら食いしん坊でいやしくて共感できない。食べ物や鶏など、資料があるものだけやたらとリアルに描くが、主要人物や風景などの画力がからきし駄目。

このレベルで漫画家を名乗らないでほしい。
巻末のおまけ漫画で受賞歴を誇るなど、ものすごく、自尊心の高さが伺えるが、もっと絵の勉強をしてから、この題材を描くべきです。ギャグの四コマ漫画にしか思えない。

受賞すべきだったのは、作者の両親をふくめた戦争の悲惨を知るすべての人です。この人じゃありません。ここで描かれているような忌むべき戦争体験は、某新聞などの投書でさんざん知っているので驚くにあたらない。これを読んで衝撃を受けているのは、身近に戦争を知る世代がいない人なのかな。

そのうち、介護でも題材にするんでしょうかね。

2015/03/13 13:25

投稿元:ブクログ

いつもお腹が空いているし、お洒落も全くできない。でも女車掌さんに憧れたり、卵焼きに驚喜したり、近所の男の子にときめいたり…。戦時下であっても、あいは普通の女の子です。
しかし日常はじわじわと逼迫していく。戦争が生活を蝕んでいく。あいの普通さが状況の異常さを際立たせています。この戦争を続けるのはもう無理なんじゃないかと誰もが薄々思っているのに、今迄に支払った犠牲が大きすぎて、やめるにやめられないのです。
戦場を描くことだけが戦争を描く事ではないんだなと思います。

2015/03/24 04:48

投稿元:ブクログ

少女の目線から描かれた戦時中のお話だからでしょうか。今まで読んだ戦争のお話の中でも軽やかな雰囲気で描かれていて読みやすいかなと感じました。でも、突き付けられる現実はやはり厳しい。常に空腹で勉強もお洒落もろくに出来ない。お国のために働き敵の爆弾に散る。少女たちに襲いかかる死の恐怖たるや…。想像するだけでも恐ろしい。でも知っておかねばならない事なのだろうと思いました。

女性コミック ランキング

女性コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む