サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. Dr.DMAT 7 瓦礫の下のヒポクラテス (ジャンプ・コミックスデラックス・GJ)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Dr.DMAT 7 瓦礫の下のヒポクラテス (ジャンプ・コミックスデラックス・GJ)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発売日:2014/06/19
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:192ページ
  • ISBN:978-4-08-858809-4
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

Dr.DMAT 7 瓦礫の下のヒポクラテス (ジャンプ・コミックスデラックス・GJ)

著者 高野 洋 (原作),菊地 昭夫 (漫画)

大震災の中、必死の救助に奔走する響の携帯に、一本の電話が入る。それは、義弟・桜庭からの連絡だった。春子が行方不明になっている事実を聞き、響は崩壊した街へと走り出す! たど...

もっと見る

Dr.DMAT 7 瓦礫の下のヒポクラテス (ジャンプ・コミックスデラックス・GJ)

648(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

Dr.DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス~ 7

500 (税込)

Dr.DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス~ 7

ポイント :4pt / 紙の本より148おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「Dr.DMAT 7 瓦礫の下のヒポクラテス (ジャンプ・コミックスデラックス・GJ)」が含まれるセット商品

商品説明

大震災の中、必死の救助に奔走する響の携帯に、一本の電話が入る。それは、義弟・桜庭からの連絡だった。春子が行方不明になっている事実を聞き、響は崩壊した街へと走り出す! たどり着いた先に待つのは…。緊迫の首都直下大震災編、感動の完結!


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/06/13 19:41

投稿元:ブクログ

八雲の、そして桜庭の想いが散る。
それでも八雲は医者として、走り続ける。
春子の想いは、命をつなげること。
そして、輔が奇跡的に丸山の命を救う。
命のリレーは果たしてどこへ続くのか。
感動の第7段。

2014/06/23 23:10

投稿元:ブクログ

第一部完結。

身内へのトリアージの判断(黒ダッグ)は難しい。
(自分自身にできる自信はない...。)

2015/03/03 20:54

投稿元:ブクログ

http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB09510594

2014/07/01 23:38

投稿元:ブクログ

第一部完結となりました。
二部はメンバーも違うんでしょうかね?
完結ということで、書いていきますが・・・。全体的な話は読みやすく伏線や人によっての描き方が面白く、飽きませんでした。人生って人それぞれにあるものでマンガでは結果はほとんどハッピーエンドではありましたが、それはそれでいいことです。7巻完結というのは、読みやすい巻数ではありますが、今までの中身を考慮すると短いです。後半、急ぎ足でちょっと無理やりがあったり、震災部分だけでももう少し長くてよかったんじゃないかなーと思います。
DMATの実情は自分も知らないところがあるので、興味ながら出読んでましたが、後半の春子を探すシーンを読んで、マンガ的な感じで残念でした。震災時の単独行動とかDMATや消防である桜庭さんが言ったりしたりするはずないですからね。
肉親、二人のシーンにって意味だとは思いますが。
春子との別れシーンは別枠としてよかったです。事実、災害現場中、仕事中に肉親の死に直面したとき、自分はあのように動けるのか、冷酷であるが最善の判断を出来るのか。疑問に思います。判断ができる人は一部であり、優秀なのかもしれませんが、自分は家族あっての自分なので、家族を一番に考えろとも言われたことがあります。
どちらが正解で間違いなんてこれもないとは思いますが、先生の気持ちと勇気、そして判断には考えさせられ、共感し、賞賛できると思いました。

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む