サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. 白い本の物語 新装版 (IKKI COMIX)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

白い本の物語 新装版 (IKKI COMIX)(IKKI コミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/30
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: IKKI コミックス
  • サイズ:19cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-188658-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

白い本の物語 新装版 (IKKI COMIX)

著者 重松 成美 (著)

少年が出会ったのは、ふたりの製本職人。 愛書家であった父を亡くした少年・リュカは、パリの街でショーウィンドウに飾られた美しい本を見つけた。そこで出会った本の装飾家、ステ...

もっと見る

白い本の物語 新装版 (IKKI COMIX)

780(税込)

白い本の物語 〔新装版〕

540 (税込)

白い本の物語 〔新装版〕

ポイント :5pt / 紙の本より240おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

少年が出会ったのは、ふたりの製本職人。

愛書家であった父を亡くした少年・リュカは、
パリの街でショーウィンドウに飾られた美しい本を見つけた。
そこで出会った本の装飾家、ステファン・ボッシュに連れられ、
製本家、ステファン・ルイの待つアトリエへと足を踏み入れる。

父が愛し、ふたりのステファンが生きる、製本と職人の世界に
すっかり魅せられたリュカは、彼らの工房に通い始める。
自分の居場所を求めて――

2011年にIKKICOMIXrareシリーズとしてスマッシュヒットを飛ばした表題作に、描き下ろしの新エピソード34ページ分を追加し、新装版として復刊。
少年・リュカとふたりのステファンにまた会える。


【編集担当からのおすすめ情報】
追加分の新エピソードは、今巻のための完全描き下ろし!

リュカの出会いの物語であった表題作「白い本の物語」のその後のエピソードです。
リュカ、ボッシュとルイ。三人いるアトリエが当たり前になった日々で起こるちょっとした事件に、はらはらしたり、ときめいたり、ほっと胸をなでおろしたりしつつも、いつまでも三人のアトリエをのぞいていたい…そんなしあわせな気持ちにさせてくれる物語です。
ぜひお手にとってご覧ください。

著者の重松成美氏は、フランスで製本の技術を学び、
帰国後「本を綴じること」をテーマにした表題作でデビュー。
その後も一貫して「本」を軸にした作品に取り組んでいます。
経験に裏打ちされた、正確な製本作業の描写も
作品世界に気持ちよく没入させてくれることうけあいです。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

いちばんになりたくて。

2015/10/17 21:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひでり - この投稿者のレビュー一覧を見る

リュカがステファンとルイの二人に抱いた感情は、幼少期に私が母と兄に対して抱いた感情そのもので。どんなに母を想おうとも、私の知らない母を兄は知っていて、兄が母と過ごした月日を私が共有することは永遠にないのだと悟った時、どうしようもない虚無感に襲われた。そして読後、未だにほんの少し、兄に嫉妬している自分を思い出す。どうして人は、私は、誰かの「いちばん」になりたがるのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/09 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/27 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/01 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/05 12:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/02 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/07 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/02 04:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/16 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/10 15:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む