サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ボーイズラブ
  4. ドッガール (ビーボーイコミックスデラックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ドッガール (ビーボーイコミックスデラックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 発売日:2014/06/10
  • 出版社: リブレ出版
  • ISBN:978-4-7997-1496-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ドッガール (ビーボーイコミックスデラックス)

著者 天禅 桃子 (著)

ドッガール (ビーボーイコミックスデラックス)

741(税込)

ドッガール doggerel(19)

43(税込)

ドッガール doggerel(19)

ポイント :0pt / 紙の本より698おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

ドッガール doggerel(18)

43(税込)

ドッガール doggerel(18)

ポイント :0pt / 紙の本より698おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

ドッガール doggerel(17)

43(税込)

ドッガール doggerel(17)

ポイント :0pt / 紙の本より698おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS BS Reader 無制限
Android BS Reader 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

積み本から。

2017/03/14 22:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やちゃまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

積み本から。
当初レビュー評価が高かったので買ってみた本。
天禅さんの作品を読むのは2,3作目くらいかな。
比嘉と野波がお互いに惹かれ合う強烈さが私には、もひとつインパクトがなくて、
最初は少し不自然さを感じながら読んでましたが、
惹かれ合った後の2人の感情の流れや揺れはとても丁寧に描かれていて
それからは感情移入しながら読めました。
野波の義父との関係が微妙で(健全ですが。)こっちの方がドキドキしてしまったかも
(笑)
義父たちの関係もとても誠実だったのも良かった。
野波の複雑さとはまた違う複雑な家庭事情の比嘉。こちらは少し重い。
でもしっかり解決できて、ラストはとっても爽やかな気分で読了できました。
天禅さんの絵も美しかった!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

留年同級生と優等生

2017/01/02 18:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

留年して同級になったクラスメイトの面倒を先生に頼まれた優等生くん。
優等生くんも家族の悩みを抱えていたりと急接近をします。
大人になりきってない子達の独占欲とか優越感とか寂しさとか、いろいろな感情が織り交ざってますが、なんだか爽やかな印象のお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/14 17:09

投稿元:ブクログ

丸ごと一冊ひとつの話で読み応えバツグンでした。
高校生同士という、センセにしては低年齢cp。青い胸キュンドラマと見せて、ちょっとビターな味付けの話になっていました。

留年してるイケメン比嘉×地味な優等生野並。またダブりそうな比嘉に勉強を教えるよう先生から頼まれたのが二人の接点。互いに複雑な事情を抱えていることを知るうちに惹かれあっていきますが…

傍目には一緒にいるだけでも不似合いな二人。しかも若いだけに思慮が足りなく何かと不器用です。すごく好きなのに、思い込みとか、不安とか、勘違いとかで頭がいっぱいになってしまって、結局気持ちがすれ違っちゃうんです。
失敗を重ねて、自分で気付くしかないんですよね。
いろいろと青いんだけど、そんな二人がまた愛しくて。
ほろ苦い気持ちにさせられながらもいいなと思ったり。

エロ的にはかなり萌えます。地味優等生の野並が意外な一面を見せてくれます。モテ男の比嘉を翻弄してしまうまさかの誘い受け。ねらってるわけじゃなく、天然なところがすごいです…思わず手を出してしまう比嘉w
押さえがきかない高校生らしいHでした。

後半は意外にもうるっと胸にくるものもあって、優しさにあふれるいいストーリーに仕上がっていました。
野並の父親と保の話も切なくてよかったです…センセの描くオヤジはすてき。
比嘉たちのリーマン姿はどうなってるんでしょうね~オヤジになった二人も見てみたい…

2014/10/25 01:17

投稿元:ブクログ

胸キュン★★★☆☆   ストーリー★★★☆☆
エロ  ★☆☆☆☆     絵  ★★★★☆
相変わらずの「どうしちゃったの・・・」という感じなんだけど・・・。なんか表情とかの描き方に違和感を覚えるんだよなぁ。「きゅ」って何を表してるのかなー?多用されてるけど。
さて、お話は高校生の劣等生×優等生ってところで、比嘉に勉強を教えることになった知哉。二人の距離はすぐに縮まっていくんだけど、お互いに抱えたものがあって、色々あるってお話。
知哉は保護者の保とのこと、比嘉は家族と以前好きだった女性のこと。お互いにお互いの一番は自分じゃないとどこかで思いながら求め合うっていうお話かな?

2014/12/14 18:06

投稿元:ブクログ

バイトばかりで学校も休みがちな訳ありクラスメイト・比嘉の勉強を見ることになった野波。
明るく人当たりのいい比嘉と、クールな優等生の野波、真逆な二人なはずなのに最初からなぜか言葉一つにも強烈に惹かれあい、すぐに体を重ねるようになるが……! ?
赤の他人である「男」と同居する野波。家族と離れて暮らす比嘉、思い出の写真。それぞれの事情が誤解を生みすれ違う――でも。

「お前は俺の 暗闇をぬける 光」
「全部 お前のものだ」

2014/06/12 03:24

投稿元:ブクログ

きゅんきゅんした。父の話も読んでみたい。ドッガールってどういう意味なんだろうと思ったら、ちゃんと帯に書いてあった。

2014/07/11 16:11

投稿元:ブクログ

丸ごと一冊一つの話だと読み応えあり、主人公達の心中がよくわかっていいですね。

人にはあまり言えない事情を持った二人がたまたま? 勉強を教えてもらい教えるという間柄に。


亡くなった父親のパートナーだった保さんが切なく辛い。いつか保さんと一哉さんの話も読んでみたい。
比嘉と知哉の大学生になった話なんてもう読めないかなー?色々完結してるから無理かしらね。


借金取りの眼鏡のお兄さんがイケメンなのになーんにもなくて残念(^^;;

2015/06/11 04:35

投稿元:ブクログ

2015/06/04
【やや好き+】比嘉×野波。 どちらもワケ有り高校生。 割と唐突に体の関係先行で恋愛ごっこが始まるが、それぞれの家庭の事情により誤解とすれ違いに翻弄される。 この2人、比嘉の友達:長沢とタケの応援なくては無理だったかもと思うが、大人になっていない危なっかしくて剥き出しの気持ちを少しずつ本物にしていく過程がまるっと一冊で読めたのは良かった。 この作家さんは一冊でまとめた方がじっくり読めて好きだな。 とはいえ、プラトニックなリーマンものの方が好きだけどね( ̄∇ ̄)

2014/09/26 23:36

投稿元:ブクログ

この作家さんのマンガ好きですが、これは特に好きです。
複雑な環境で育った二人がお互いを必要とする感じは切ない。
でも、読み終わり爽やかでよかった。
天禅先生の大人の作品もいいけど、高校生なのがよかったなぁと感じました。

ビーボーイコミック ランキング

ビーボーイコミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む