サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 病む女はなぜ村上春樹を読むか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

病む女はなぜ村上春樹を読むか(ベスト新書)
病む女はなぜ村上春樹を読むか(ベスト新書) 病む女はなぜ村上春樹を読むか(ベスト新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/08
  • 出版社: ベストセラーズ
  • レーベル: ベスト新書
  • サイズ:18cm/187p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-584-12439-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

病む女はなぜ村上春樹を読むか (ベスト新書)

著者 小谷野 敦 (著)

村上春樹作品の本質はポルノ文学である。ポルノが世界文学といわれる、その理由とは何か。森鷗外・堀辰雄・古井由吉から連なる女のイメージなどを取り上げ、「病む女」をキーワードに...

もっと見る

病む女はなぜ村上春樹を読むか (ベスト新書)

820(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

村上春樹作品の本質はポルノ文学である。ポルノが世界文学といわれる、その理由とは何か。森鷗外・堀辰雄・古井由吉から連なる女のイメージなどを取り上げ、「病む女」をキーワードに、村上春樹作品について考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小谷野 敦

略歴
〈小谷野敦〉1962年茨城県生まれ。東京大学大学院比較文化専攻博士課程修了。学術博士。比較文学者、作家。「聖母のいない国」でサントリー学芸賞受賞。ほかの著書に「母子寮前」「馬琴綺伝」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/25 21:15

投稿元:ブクログ

村上春樹にハマるという不幸。
そして私はその不幸にはまっている。
読書が好きな人には引用文にあるような
墓場まで持っていきたいことを抱えているような気がする。

2014/09/23 11:54

投稿元:ブクログ

戦後日本のもっとも偉大な作家は大江。
現在でも近代日本最大の作家になりつつある。

「つくる」がフィンランドに行ったのは、オンカロでも見に行ったのかもしれない。灰田という苗字は白と黒の間で、ネズミ色だから、初期作品に戻ってきたというのは興味深い。

文学史上、狂って死んだ最初の人物はハムレットのおフィーリア。ヨーロッパ人は大好き。キリスト教では自殺は罪だから、まともな葬式はしてもらえないので自己ということにしている。

2016/04/10 12:10

投稿元:ブクログ

小谷野氏の村上春樹批判本。この人は主張が明確で爽快。考え方が自分と違っても、見解の相違を前提に読めるので、ありがちな不快感はない。

2016/03/15 00:07

投稿元:ブクログ

文学に関する驚異的な知識を開陳しながら、著者が言いたい放題のことを述べている本、という感想を抱きました。

村上春樹の小説に登場する主人公は、やたら女性にモテて、セックスしたりフェラチオされたりしていて、以前の著者はそうした展開を男に都合のいいファンタジーだと思っていたけれども、その後じっさいにフェラ好きの女性と付き合うことになった結果、彼女たちは精神を病んだ一種の色情狂の女性が元型になっているのではないか、というのが、表題となっている「病む女はなぜ村上春樹を読むか」という疑問への答えなのですが、これを枕にして、近代日本文学史における「精神を病んだ女性」というテーマの系譜を洗ったり、村上春樹の作品に登場する人物のようなスノッブな会話にしびれるという読者の俗物根性について考察を展開したりと、かなりくだけた調子で著者の薀蓄が展開されています。

ずいぶんいろんな本が新書というスタイルで刊行されるようになって久しいのですが、「ベスト新書」というレーベルは、何だかこんな本ばかり出しているような気がします。

2015/10/31 05:34

投稿元:ブクログ

この人が、村上春樹を嫌いなのか、とても伝わってくる。

たぶん、この人は頭がイイと思うんだけど、なんかひねくれてる内面がかわいそうになる。

2014/05/24 18:08

投稿元:ブクログ

小谷野敦さんの新著が出たとのことで早速読まずにはいられず…
なかなか堪能しました。ただ、題名は誤解を招きますね〜 Amazonの書評欄がどういう感じになるか既に想像がつきます(苦笑
(多数の星1つとか2つの批判と、ごく少数の星4つとか5つ…蛇足)
でも、この書名のおかげでこれは売れるでしょうね…

2014/05/08 11:56

投稿元:ブクログ

身も蓋も無い言い様だわ、、、

KKベストセラーズのPR
http://www.kk-bestsellers.com/cgi-bin/detail.cgi?isbn=978-4-584-12439-0

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む