サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 歴代首相のおもてなし 晩餐会のメニューに秘められた外交戦略

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

歴代首相のおもてなし 晩餐会のメニューに秘められた外交戦略(宝島社新書)
歴代首相のおもてなし 晩餐会のメニューに秘められた外交戦略(宝島社新書) 歴代首相のおもてなし 晩餐会のメニューに秘められた外交戦略(宝島社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/08
  • 出版社: 宝島社
  • レーベル: 宝島社新書
  • サイズ:18cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8002-2458-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

歴代首相のおもてなし 晩餐会のメニューに秘められた外交戦略 (宝島社新書)

著者 西川 恵 (著)

「各国首脳を迎えて行う饗宴の目的は?」「料理人・メニューはどうやって決められるのか?」といった疑問から、安倍・小渕・森・小泉・鳩山・菅ら歴代首相のおもてなしの狙いと効果ま...

もっと見る

歴代首相のおもてなし 晩餐会のメニューに秘められた外交戦略 (宝島社新書)

810(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「各国首脳を迎えて行う饗宴の目的は?」「料理人・メニューはどうやって決められるのか?」といった疑問から、安倍・小渕・森・小泉・鳩山・菅ら歴代首相のおもてなしの狙いと効果まで、外交手段としての「饗宴」を解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西川 恵

略歴
〈西川恵〉長崎県生まれ。毎日新聞社客員編集委員。フランス政府農事功労章、フランス国家功労勲章受章。「エリゼ宮の食卓」でサントリー学芸賞社会・風俗部門受賞。ほかの著書に「饗宴外交」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/16 07:52

投稿元:ブクログ

官邸での饗宴に関するエピソードが多数。ロシアのプチン大統領、仏独首脳、米ホワイトハウスの菜園、仏エリゼ宮のシェフ等のエピソードが興味深い。日本のワインや和食に対する高まる評価などにも触れられている。

2014/07/15 14:03

投稿元:ブクログ

20140703読了
政治の延長にある、首相官邸での饗宴。相手に何をアピールするのか、意図によってメニュー構成も変わってくる。国のトップが集って単に贅沢しているのではなく、これも大事な外交戦略のひとつだと知らしめてくれる本。●「第14章 食をともにする」話すことがなくても仲が悪くなっても、国のトップ同士はとにかく会って食事をするルールを作ったドイツとフランスの大人な関係。●日本産のワインを官邸自らこんなにプッシュしていたとは知らなかった。そんなにレベルが高くなっているとは。●小渕首相は饗宴外交に長けた人物だったのねーと、今さらながら。食事場面でのおもてなしというのは、首相本人のセンスも影響するものなんだろうと思う。

2015/07/25 21:55

投稿元:ブクログ

 「外交」の一つの側面を、饗宴という舞台を通して伺い知る。

 政治の場では、脅したりすかしたり妥協したりといろいろあるかもしれないが、饗宴というのは基本的には国家同士の、あるいは首脳同士の友好を深めるための場である。
 主催者は招待者の関心・歓心を引き出すために、両国の繋がりを感じさせるような食材や調理法、銘柄の選択に心を砕き、時節に合う由縁の装飾を用意する。
 特にこの本では日本の饗宴についてまとめられている。

 鉄板焼きが大好きなシラク大統領のために、わざわざ飯倉公館にそのための設備を運び込み、電圧を上げるための改装工事まで手をかけたというエピソードなど、そこまでやるかという甲斐甲斐しい準備もあったりしてビビらされる。
 その国にとっての重要度を示すため、各々もてなしのレベルに差をつけるというのにも少し驚いた。

 印象に残ったのは、洞爺湖サミットでの晩餐会に対して、その豪華な料理が、会議の議題(食糧危機)と矛盾しているとして批判を受けたという話だ。
 外交饗宴の情報が世間一般にも公開されるようになった今、世間の注目もまた加味した上で、相応しい饗宴を作り上げることが求められている。
 現にその3年前の英国のグレンイーグルズ・サミット(アフリカ支援を議題とする)では、3コースに絞った簡潔なメニュー・G8国家全てのアルコールを出す計らいを見せている。こういった視点での配慮の仕方もあるというのが、日本も学ぶべき点として浮かび上がったといえそうだ。

 しかしそれにしても、メニューを見るだけでも、品数の多さや食材の使い方のなかに、何となく日本の繊細かつ多彩な料理の凄さを感じ取ることができるような気がした。飲物に関しては最初は無難な感じでフランスワインを選んでいたのが、日本製ワインを活用するようになるなど、しだいに工夫されるようになってきたというのが面白い。

 近年は、饗宴を和食アピールの場として積極的に使っているようで、そうした積極性に乏しい印象のある日本にとって、頼もしい戦略だ。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む