サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 駆け出しマネジャーの成長論 7つの挑戦課題を「科学」する

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

駆け出しマネジャーの成長論 7つの挑戦課題を「科学」する(中公新書ラクレ)
駆け出しマネジャーの成長論 7つの挑戦課題を「科学」する(中公新書ラクレ) 駆け出しマネジャーの成長論 7つの挑戦課題を「科学」する(中公新書ラクレ)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/08
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書ラクレ
  • サイズ:18cm/294p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-150493-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

駆け出しマネジャーの成長論 7つの挑戦課題を「科学」する (中公新書ラクレ)

著者 中原 淳 (著)

職場環境の激変で、いま3割の新任マネジャーはプレイヤーからの移行に「つまずく」。成果を出すために、何を克服すべきか? 人材育成研究の知見と聞き取り調査をもとに、内省・行動...

もっと見る

駆け出しマネジャーの成長論 7つの挑戦課題を「科学」する (中公新書ラクレ)

950(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

駆け出しマネジャーの成長論 7つの挑戦課題を「科学」する

810(税込)

駆け出しマネジャーの成長論 7つの挑戦課題を「科学」する

ポイント :7pt / 紙の本より140おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

職場環境の激変で、いま3割の新任マネジャーはプレイヤーからの移行に「つまずく」。成果を出すために、何を克服すべきか? 人材育成研究の知見と聞き取り調査をもとに、内省・行動を促す実践的アドバイスを贈る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中原 淳

略歴
〈中原淳〉北海道生まれ。東京大学大学総合教育研究センター准教授。同大学大学院学際情報学府准教授を兼務。大阪大学博士。専門は経営学習論。著書に「職場学習論」「経営学習論」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/10 21:18

投稿元:ブクログ

3割の新任マネージャーがプレイヤーからの移行に躓く時代。様々な困難を以下に乗り越え、他者を通じて物事を成し遂げる人になるかを探る一冊。目標咀嚼、政治交渉の課題提示と取り組み方は分かり易かった。以下メモ。(1)結局部下ってのは自分で口に出来て分かったのとしか出来る様にならない。(2)振り返りの核心とは本質への気付きであり、それによる選択肢の拡大である。(3)マネージャーに期待されてるのは翻訳機ですわ。意識したいこと。職場メンバーに同じ船に乗って貰うためのポジティブストーリーを作ること。(4)ロジックには2.つある。会社にとってメリットがあるかどうか。自分の担当する職場に利益が生まれるか。(5)遊泳。普段から接点を作って味方に巻き込んでおく。(6)結局マネージャーになると、やることが個人競技から団体競技に変わる訳ですよね。その都度自分を使い分けることが求められるんだと思うんです。(7)実務担当者の頃は物をマネージするのが仕事でしたけれども、マネージャーになると、人をマネージするのが仕事になります。本は精神安定剤の役割を果たしてくれます。

2015/04/09 08:26

投稿元:ブクログ

気になるセンテンス

60「プレマネバランス」
「プレイングに過剰に時間を充てているマネジャー」は一般的なマネジャーよりも職場業績が低い、とあるけれど、どうやって職場業績を評価しているのだろう、この視点は誰なのだろう。

63 現在のような多様性に満ちた職場では、ノミニケーションが奏功する社会的条件はすでに崩壊している
ひところそれは確かにそうだったけれど、今ってひょっとして崩壊しすぎて、ちょっとぐらいやったら?という感じではないのかな?

74 「今ここで助言や指摘をすべきだ」という時機まさに、「教育的瞬間」が本当に難しいし気をどれだけそこに遣えるかかも。

133 部下育成は「快適空間」「混乱空間」でなく「挑戦空間」をつくること・・・まさにこれは課題だな。

248 率先垂範、言行一致 つきるところこの姿勢なのでしょうね。

2015/11/03 16:23

投稿元:ブクログ

新人マネージャーに対しての、マネージング入門書。
とても丁寧にマネージャーとはなんぞやというところから説明してくれており、また実際のマネージャーたちの言葉も随所に述べられており、実用性の高い入門書となっている。

2014/09/06 17:44

投稿元:ブクログ

マネジャーになる前に読むべき本。参考になることが多い。医療関係者でも管理職になる前に読むと参考になる。特にプレイングマネジャーにならざるおえない医療者にとってはそのバランスの取り方などに関しても、現実に則した内容なので参考になるかなと

2014/05/23 21:52

投稿元:ブクログ

4月のこのタイミングで本書に出会えたことは、私にとって福音だった。これまで「経験」という言葉でブラックボックス化されていたプレイヤーからマネージャーに移行するプロセスを、データを用いて分析・解説・啓蒙しているところに本書の特徴がある。宗教書的だったり精神論を中心としたビジネス書とは性格が全く異なる。

著者と同年齢ということもあり、まえがきに書かれている問題意識は、感覚的に近い。また本書を通じて埋め込まれたメタファは、事象の理解を促進するのとともに、ある種の安心感を醸成する。この中原節で勇気付けられる読者は多いはず。Getting things done through others の一節は必読。

終章の座談会である方が「限界を超えた自分を見てみたいなって思います。」と述べている。これは将来の仕事の展望を語る文脈での言葉だが、仕事以外の日常生活の様々なことにも当てはめられると感じた。未知の土地に自力で訪れる、大学院で学位と取る、子がどうしても理解できない宿題を共に考えるときに新しい方法を試してみる。こうしたことは事の軽重の違いはあるけれども、達成時は限界を超えた瞬間と思える。

2014/06/30 22:32

投稿元:ブクログ

マネージャーくらいにならないと稼げないけど、マネージャーとして成長するのも大変だ。日々べんき、日々成長、できる人が重宝されるといあ当たり前のことなんだけれど、大変だ

2014/11/20 09:52

投稿元:ブクログ

ななめ読み。要再読。
やっぱり中原さんの本はわかりやすい。

1.マネジメントプレビューと、2.マネジメントフォローアップに分けて支援する

1.マネジメントプレビュー
予防接種。これから起こることを知っておくこと。
マネージャーになるのは、生まれ変わり。脱皮できないとダメ
目標租借ができない→部下育成がうまくいかない→自分がプレーヤーするしかない、の悪循環が多い
理論+現場のマネージャーの声
当人が「マネージャーも悪くないな、面白そうだな」と思う効果を生む

2.マネジメントフォローアップ
昇格後の解毒+栄養剤+作戦会議。
当人は「腹がくくれた」「吹っ切れた」
経験をつんだマネージャーが陥るわな=マンネリ、マッタリ、ソコソコ→組織外に飛び出して学ぶ、ものの見方を変える学習が必要
ex.美瑛町プロジェクト
重要なのは内省=過去の振返りにより未来をつくること

2015/01/01 22:18

投稿元:ブクログ

初めてマネージャーになるにあたって、直面する問題・それに対する解決方法を質的・量的研究を基に検証している。このような文章が構成出来るのって素晴らしい。

2015/10/11 18:07

投稿元:ブクログ

科研費申請のネタとしてスタッフ・ディベロプメントの新しい手法を考える際にのネタ本として本書をとった。組織における経営人材の中核としてのマネージャーの育成について、非常に多くの示唆を受けることができた本である。中原先生を深く尊敬します。

2014/05/17 11:16

投稿元:ブクログ

非常に内容が濃く、おもしろく、ためになる。マネージャーやリーダーの仕事に不安があるなら、取り敢えず読んでおけばいいのでは?
学習するプロセスを意識して書かれているのでワークショップを受けている感覚になる。

中原先生の本のなかでも、自分のなかではベスト。

2015/11/26 04:35

投稿元:ブクログ

現役マネジャーと同世代で研究者である著者がマネージャー論を科学した本。
文中にもある通り、
「マネージャーたるもの・・・すべし」に始まる規範論や学説ではなく
若手マネージャーのインタビューや客観的なデータを「共感できる」内容になっています。
その中で印象的だったのは3つ
1)マネジャーの役割は「翻訳機」
  (情報を加工し、翻訳を行う。)
2)ビジネスにおける「伝えること」とは(p149)
  ・マネジャーが口にしたことがメンバーに理解され
  ・腹に落ち、
  ・さらには実行されること
3)上司による仕事の支援のほか、相手の(外国人の)もつ文化に対してリスペクト・興味をもつ

ことでした。
これ以外にも想定される人材評価への壁、その対処法を示してくれます。
管理職だけではなく、様々なマネジメントをする人(親も含めて)に
活用できそうな本です。必見です。

2016/06/08 09:12

投稿元:ブクログ

プレーヤーからマネジャーに変わる上での課題をどう乗り越えていくか。「経営学習」「組織学習」の研究成果をアウトリーチするために分かりやすく書かれた新書です。

2015/08/29 22:47

投稿元:ブクログ

著者が同年代なこともあってか、共感できることが多かった。一昔前のマネージャーと違い、マネージャーに決まった形はないというのが身に染みた。自分のスタイルが出せるようになるまでは暗中模索しかないか・・・。

2014/09/13 21:47

投稿元:ブクログ

マネージャーの7つの課題はどれも経験する可能性のある課題ばかり。
大事なことはどれだけ現場を見るかというところである。

2016/01/15 07:28

投稿元:ブクログ

ミドルマネジャーがすべきこと、マネジャーになった時のとまどい、マネジャーの役割などを、インタビューやアンケート調査から実証的に解き明かしていきます。
マネジャーの役割を7つに分け、詳細に分析しています。
単なる理論書ではなく、現場で何が起こっているのか、実際に組織内での機能や役割を明らかにしていきます。
新米マネジャーにはマネジメントの良い入門書です。
ベテランマネジャーにも、自分自身のマネジメントを振り返ることができる、良書です。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む