サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 食堂つばめ 3 駄菓子屋の味

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

食堂つばめ 3 駄菓子屋の味(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/08
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/173p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-3826-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

食堂つばめ 3 駄菓子屋の味 (ハルキ文庫)

著者 矢崎 存美 (著)

生と死の境目にある街の「食堂つばめ」にやってきた英吾。彼は何者かに殺されたらしい。食堂つばめの面々は、彼が生き返れるよう試行錯誤するが…。おいしい料理と温かな交流が胸に沁...

もっと見る

食堂つばめ 3 駄菓子屋の味 (ハルキ文庫)

583(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

生と死の境目にある街の「食堂つばめ」にやってきた英吾。彼は何者かに殺されたらしい。食堂つばめの面々は、彼が生き返れるよう試行錯誤するが…。おいしい料理と温かな交流が胸に沁みるシリーズ第3弾。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/24 15:12

投稿元:ブクログ

前2作と違い1冊で1話でした。色々のつじつま合わせが強引なところは、児童書だと思って読まないと疲れます。結局、ぶたぶたですね。

2014/05/30 08:07

投稿元:ブクログ

食堂つばめ3作目、長編。知人に殺された男の話。
設定が複雑だったが、自分を殺した人間がいる世に誰の木多くがどの程度残るのかわからない状況で戻れるわけがない。

2014/06/12 16:33

投稿元:ブクログ

シリーズ一作目の謎めいた雰囲気はないけれども(…と、今回も書いてしまう)好きなシリーズものだ。
“世にも奇妙な物語”でドラマ化したらいいんじゃないかな?という雰囲気。

お好み焼きの好みは…
私はもんじゃは苦手です。(笑)

2014/07/22 23:17

投稿元:ブクログ

もんじゃが無性に食べたくなる第3巻。
もんじゃは美味しそうだけど、お話はずどんと重い。
新たに明らかになった街の設定がとてもリアルな気がした。

『食堂つばめ』のシリーズは、生き返ることも死ぬことも出来る世界が舞台だ。
そんな世界で一人でも多くの人を生き返らせようと奮闘する人達が主人公だけど、生き返ることや生きることの困難も教えてくれる。
生き返るために必要なエネルギーがあることが無視されずに書かれている。
それは日々を生きるために必要なエネルギーと等しいのではないかと思う。
そのエネルギーを補給する過程を描いた物語だから、もやもやと悩みながらも本を閉じる時には力をもらっている。
そんな気がする。

今回街を訪れる人はよく食べてよく寝る。
なんだか気持ちいいなと思った。
私も見習って疲れた時にはエネルギーを補給しなくては。

2014/06/22 01:45

投稿元:ブクログ

三途の川が楽しい食堂に変わった感の、食堂つばめ。生きるか死ぬかの瀬戸際にいる人の選択の場である、というのはシチュエーションとして有かな。と思うものの、殺された人まで生き返れるというのはちょっと・・・。「人を殺めるということは、取り返しのつかないこと。」まさにそうだと思うから。

2014/05/17 10:51

投稿元:ブクログ

理不尽だなぁと思った。そもそも死は、理不尽なことだけど、人に殺されるというのは、なんと理不尽なことか。
今回の「街」の訪問客は、なんと殺害された被害者だった。殺害された人は、とても不安定で、自我がバラバラになってしまっている。自己の死に他者の明確な殺意が絡んでいること。それがどういうことなのか、この「街」で、秀晴は深く考えている。
なんだかんだと優しい秀晴は、自分から客に巻き込まれていってしまうことも、ままあるんだけど、今回は、いつになくハラハラしましたね。なんせ、相対したのは殺害者だもんね。
でも、矢崎さんが書くキャラクターだからか、やっぱり人殺しの方にも、身につまされるというか、同情の余地がありました…被害者も加害者も可哀想で、それを見守るノエや秀晴も、つらかったね。
この「街」がどうして作られたのか。なぜこんな形になったのか。答えはきっと出ないままだけど、最後のショートショートのように、生き返った人が、生き方を変えて、いつか幸せに最期を迎えられたなら、ノエの犠牲もきっと報われるだろうと思いました。
読後感は爽やかで、2巻目よりはこちらの方が好きかもしれない位です。

2014/05/16 12:21

投稿元:ブクログ

シリーズ3作目。
今回は短編ではなく、長編(中編?)。短めなのであっという間に読める。
今回、秀晴は初めて、殺された人と“街”で出会う。誰に殺されたのか?なぜ殺されたのか?謎解きもありながら、美味しそうな食べ物がいっぱい出てくる。
ふーふーしながらもんじゃ食べたい。

2014/05/15 17:06

投稿元:ブクログ

いつものように手を合わせてごちそうさまでした。
矢崎さんの作品は読むとほっとする。
それはやっぱりあったかい食べ物の描写にあったかい心がこもっているからなんだよね♪

2014/08/30 19:43

投稿元:ブクログ

3冊目はどんな展開かと思ったら、殺された人の話。しかも友だちに。
殺されて辛い思いをしたうえに、辛い思いをしないといけないなんて不公平な気がする。
何より気になるのが行方不明の1週間、体はどこにあったのかということ。一瞬実は奥さんが…と深読みしちゃったけど、そこは触れていない。もう少し丁寧に書いて欲しかったな。