サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 高橋新太郎セレクション 3 集書日誌・詩誌「リアン」のこと

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

高橋新太郎セレクション 3 集書日誌・詩誌「リアン」のこと
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/27
  • 出版社: 笠間書院
  • サイズ:22cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-305-60043-1
  • 国内送料無料

紙の本

高橋新太郎セレクション 3 集書日誌・詩誌「リアン」のこと

著者 高橋 新太郎 (著)

変遷する時代の研究動向とは距離をとりながら、独自の存在感を持った方法論を打ち立てた国文学者・高橋新太郎の仕事を振り返る。3は、『彷書月刊』連載「集書日誌」と、詩誌『リアン...

もっと見る

高橋新太郎セレクション 3 集書日誌・詩誌「リアン」のこと

3,240(税込)

ポイント :30pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

変遷する時代の研究動向とは距離をとりながら、独自の存在感を持った方法論を打ち立てた国文学者・高橋新太郎の仕事を振り返る。3は、『彷書月刊』連載「集書日誌」と、詩誌『リアン』関連の考察を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

没後10年。
変遷する時代の研究動向とは距離をとりながら、独自の存在感を持った方法論を打ち立てた、独創的な国文学者、高橋新太郎の仕事を、今、振り返る。全3冊のシリーズ。

第3冊目『集書日誌・詩誌「リアン」のこと』は、『彷書月刊』に1988年5月から2000年12月まで「書架より」「集書日誌」として連載し続けたものを収め、併せて詩誌「リアン」関連の考察を収めた。
文学者たちは、戦中・戦後の困難のなかを、いかに生きたのか。
「集書日誌」は『日本古書通信』の「雑誌探索ノート」とは一転、かろやかな筆致のエッセイの趣である。そのものずばり「集書日誌」である。膨大な古書を媒介に、書物や雑誌そのものに「近代日本文学」の虚実を語らせ、読者を、変遷する時代の坩堝に誘う。
詩誌「リアン」(『Rien』)は〈左翼解体期〉に〈小規模ながら反ファシズム文化運動を独自に持続させた〉として、高橋氏がその重要性を説いていた詩誌である。
解説・松村良[駒沢女子大学特任教授]。【推薦】紅野謙介・安藤宏・十重田裕一。

【「科学的超現実主義」を推唱し、アラゴンらの思想的転換と軌を一にしながら、左翼運動解体期にパルタイに距離をおきつつ主体的に自己の芸術弁証法詩論を対置し、屹立してゆく方法論的営為と思想誌の実験は、異色かつ貴重であり、小規模ながら独自に反ファシズム芸術運動を戦後にまで持続させた「リアン」グループと、その中核たる竹中の仕事は、今後の近代詩史に正当に組みこまれるべき実質と栄誉をもつ。】...高橋新太郎「竹中久七論―「リアン」芸術運動の旗手」より【商品解説】

目次

  • 凡例
  • 番外1[書架より]フェノロサ氏演述 大森惟中筆『美術真説』のこと
  • 番外2[書架より]掌珠―山内美穗著『羞手帖』『花くずし』
  • 番外3[書架より]中島孤島著『小説 新気運』周縁
  • 『彷書月刊』特集古書目録を読む―あるいは注文の仕方
  • 番外4 桐生でボン書店本に出遭う
  • 番外5 岡崎・刈谷行
  • 集書日誌

著者紹介

高橋 新太郎

略歴
〈高橋新太郎〉1932〜2003年。学習院女子大学名誉教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む