サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 秘め尻なぶり 書き下ろし長編官能小説

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

秘め尻なぶり 書き下ろし長編官能小説(竹書房ラブロマン文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/09
  • 出版社: 竹書房
  • レーベル: 竹書房ラブロマン文庫
  • サイズ:15cm/275p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8124-9996-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

秘め尻なぶり 書き下ろし長編官能小説 (竹書房ラブロマン文庫)

著者 庵乃 音人 (著)

石津晶太は恋人の朝倉結希が、義兄の森村に蹂躙される姿を目撃してしまう。彼女は姉の詩帆ともども森村に調教され、肉奴隷に堕とされていたのだ。激しい嫉妬と同時に湧き上がる、異様...

もっと見る

秘め尻なぶり 書き下ろし長編官能小説 (竹書房ラブロマン文庫)

700(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

石津晶太は恋人の朝倉結希が、義兄の森村に蹂躙される姿を目撃してしまう。彼女は姉の詩帆ともども森村に調教され、肉奴隷に堕とされていたのだ。激しい嫉妬と同時に湧き上がる、異様な興奮を知ってしまった晶太は、自分も森村から詩帆を奪おうとするが、それは業深き男女たちの肉宴の始まりに過ぎなかった…。寝取る征服感と、寝取られる興奮。鬼才がはなつ背徳の媚熱ロマンチカ!【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

作者と編集者のタッグが放つ寝取り・寝取られ略奪路線はさらなる淫靡さを孕んで

2014/10/19 22:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

庵乃音人×竹書房ラブロマン文庫のタッグでは以前に『誘惑SM調教ロマンチカ』と銘打って、これまでのレーベルの殻を破るかのような大胆な作風で4作品を上梓したが、1つ前の作品『おためし艶妻』からはさらにエスカレートした寝取り・寝取られを軸とした略奪を本懐とする路線に挑戦しているようである。その第2弾とも言える本作は随分とパワーUPした印象である。

結希:序盤から中盤のヒロインとなる26歳の恋人。
詩帆:大和撫子な風情で魅惑的な34歳の人妻は結希の姉。

森村:詩帆の夫にして結希の義兄は醜悪な容姿の中年多汗症男ながら別の顔も……。

貴菜:終盤のサブヒロインとして活躍させられる(?)22歳で生娘の後輩OL。

結希がメイン格となる序盤から中盤の主人公は常に劣勢であり、森村の手管によって骨抜きのメロメロにさせられている姉妹の痴態を早々からまざまざと見せつけられる敗北者でもある。裏では「ご主人様」然と振る舞う森村の、全てお見通しとばかりな態度が実に腹立たしく、体ばかりか心までも奪われている様子を目にした主人公の焦燥に読み手もいたたまれなくなる展開が続く。この森村の図らいによって奇しくも詩帆を囲んだ3Pが実現する中盤のクライマックスは皮肉でもある。

こうした流れの中で結希から次第に詩帆へと心変わりしていく主人公が森村から詩帆を救い出そうとするのが中盤以降となるが、その略奪自体はあっさり果たされる。その動きもまた、そしてその行く末もまたお見通しな態度を貫く森村の自信がさらに腹立たしく写るのだが、ここでは歪んだ激しさを体験した、つまりは官能的な変態性を身につけてしまった主人公と詩帆の葛藤を炙り出しながら、それでも森村の思惑通りにはさせない意地を見せる主人公の奇策(?)によって物語は予想外の局面を迎えるのである。読んでいる最中や読了後すぐには多少の違和感もあった展開だが、しばらくすると貴菜の可愛らしい思考とキュートな言動も加味されて妙味が湧いてくるから不思議である。

完全に巻き込まれた形ながら、その素質を開花させられて仲間入りと相成る貴菜の存在は今して思えばなかなか面白いかもしれず、最後の最後までも性懲りと節操の無い態度でいい悪役だった森村も含めて良く練られた構成だったと思う。結希の行く末には賛否が分かれるかもしれないが、そこまで求めるのは欲張りだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する