サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 驚きの和光病院式認知症ケア実践ハンドブック BPSD(行動・心理症状)を予防する

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

驚きの和光病院式認知症ケア実践ハンドブック BPSD(行動・心理症状)を予防する

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/03
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:21cm/97p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-310826-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

驚きの和光病院式認知症ケア実践ハンドブック BPSD(行動・心理症状)を予防する

著者 翠会和光病院看護部 (監修)

興奮、不眠、暴力、徘徊…。認知症患者と介護者を悩ませるBPSD(行動・心理症状)。埼玉にある認知症専門病院、和光病院が実践しているBPSDを予防する認知症ケアの実際と、家...

もっと見る

驚きの和光病院式認知症ケア実践ハンドブック BPSD(行動・心理症状)を予防する

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

驚きの「和光病院式認知症ケア」実践ハンドブック BPSD (行動・心理症状)を予防する

1,123(税込)

驚きの「和光病院式認知症ケア」実践ハンドブック BPSD (行動・心理症状)を予防する

ポイント :10pt / 紙の本より281おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

興奮、不眠、暴力、徘徊…。認知症患者と介護者を悩ませるBPSD(行動・心理症状)。埼玉にある認知症専門病院、和光病院が実践しているBPSDを予防する認知症ケアの実際と、家庭での介護に役立つアドバイスを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

評判の専門病院のノウハウでBPSDを防ぐ

この本の監修は、埼玉県和光市にある認知症専門病院、和光病院の看護部です。 和光病院は、一切の身体拘束をしないケアを実現しており、重度の認知症患者さんも多く入院しているにもかかわらず、病棟は静かで、患者さんたちは、穏やかな日常生活を送っています。このように、ケアに定評のある専門病院の看護部がそのノウハウを公開する認知症ケアの本は、類書がなく、とても役立つ1冊になっています。
本書の前半は病院で実践していること、後半は家庭での介護へのアドバイスです。
前半では、「コミュニケーション」と「環境」と「サポートの仕方」の3つの視点から、BPSD(行動・心理症状)を防ぐケアが紹介されます。
後半では「和光病院式認知症ケアに学ぶ日常の介護」として、
生活環境、食事のこと、トイレの対応、お風呂のこと、睡眠のこと、薬について、など、知りたいことの考え方や対応方法がわかります。
また、困った時の介護の工夫として、異食、弄便、徘徊、幻視、物取られ妄想、暴言・暴力・興奮などへの対処の仕方が具体的に挙げられていますので、家族が自信を持って対処することができます。



【編集担当からのおすすめ情報】
認知症のケアについて、専門病院の看護部がそのノウハウを一般書にまとめたものは、類書がありません。例えば「質のよいコミュニケーションのポイント10」で、和光病院のスタッフが心がけていること、は、普段忘れがちですが、理由に納得できるので、家庭でも実践可能なことです。
自宅で認知症患者さんを介護するご家族が、毎日の介護で迷ったとき、困ったときに、必ず役立つ1冊です。最新の知見に基づいて工夫されたケアばかりですから、自信を持って患者さん本人に対応できます。
家族でできること、と、病院や訪問看護に任せたほうがよいこと、の区別もアドバイスされており、介護生活の指針となります。

【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

病気の知識 ランキング

病気の知識のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む