サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 募集株式と種類株式の実務 第2版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

募集株式と種類株式の実務 第2版
募集株式と種類株式の実務 第2版 募集株式と種類株式の実務 第2版
  • みんなの評価 5つ星のうち 1 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/23
  • 出版社: 中央経済社
  • サイズ:21cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-502-09900-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

募集株式と種類株式の実務 第2版

著者 金子 登志雄 (著),富田 太郎 (著)

新株式発行の正確な意義と募集手続に関する実務、自己株式の処分、さまざまな種類株式の発行について、対話調形式により楽しく、かつ詳しく解説する。株式の本質を学べる実務書。最新...

もっと見る

募集株式と種類株式の実務 第2版

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

新株式発行の正確な意義と募集手続に関する実務、自己株式の処分、さまざまな種類株式の発行について、対話調形式により楽しく、かつ詳しく解説する。株式の本質を学べる実務書。最新論点を盛り込んだ第2版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

金子 登志雄

略歴
〈金子登志雄〉昭和23年群馬県生まれ。会計法務専門司法書士。平成14年、ESG法務研究会設立、代表就任。
〈富田太郎〉昭和34年静岡県生まれ。司法書士。平成14年、ESG法務研究会設立に参加。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価1.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2017/01/08 15:37

投稿元:ブクログ

募集株式、自己株式、種類株式に精通した司法書士による株式の解説書。司法書士の金子先生はこの道では第一人者。それだけに今までの経験に即した実務的な解説が多かった。相方の富田先生との掛け合いはコミカルで面白かった。登記手続きは全くの素人なのでついていけなかったが、時折勉強になるコメントがあったかな。
P11
金子 金融庁管轄の金融商品取引法では、原則として50名以上を募集というのですが、法務省管轄の会社法では相手が1人でも募集といいます。会社法では株式を引き受けてもらう増資のことを募集株式の発行ということになったので、「募集」には深い意味はありません。
P158
富田 「100%減資の場合は、「発行済株式の総数0株、資本金の額0円」という登記を挟むのが通常」ということですが、なぜそうするのですか。
(略)
金子 額面株式時代からの伝統です。額面株式時代は、「額面総額≦資本金」という関係があり、額面と資本金との間に不即不離の関係があり、資本減少の手段の一つとして株式の消却があったのです。しかし、平成13年10月から無額面株式に一本化された今日、株式数と資本金との関係が切断されていますから、既存株主と新株主を総入れ替えするには、資本金の額の減少は必要ありません。また、既存株式をオール自己株式化すれば、既存株主は株主でなくなりますから、それで目的を達成できます。にもかかわらず、株式の全部消却及び資本金0円を現在でもしているのは、「けじめ」をつけたいということでしょう。心理的な理由だと思います。また、民事再生手続などで、「発行済株式の総数0株、資本金の額0円」にして、新規スタートをはかっていることの影響も強いでしょう。

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む