サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. デート・ア・ライブ 3 狂三キラー

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

デート・ア・ライブ 3 狂三キラー(富士見ファンタジア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

デート・ア・ライブ 3 狂三キラー (富士見ファンタジア文庫)

著者 橘 公司 (著)

六月五日。士道の通う高校に災厄は突然やって来た。「わたくし、精霊ですのよ」転校生の少女、狂三の衝撃的な自己紹介。校内を案内することになった士道に、少女は微笑を浮かべささや...

もっと見る

デート・ア・ライブ 3 狂三キラー (富士見ファンタジア文庫)

648(税込)

デート・ア・ライブ3 狂三キラー

463 (税込)

デート・ア・ライブ3 狂三キラー

ポイント :4pt / 紙の本より185おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「デート・ア・ライブ 3 狂三キラー」が含まれるセット商品

商品説明

六月五日。士道の通う高校に災厄は突然やって来た。「わたくし、精霊ですのよ」転校生の少女、狂三の衝撃的な自己紹介。校内を案内することになった士道に、少女は微笑を浮かべささやく。「士道さんにお願いがありますの。…聞いてくださいまして?」世界を殺す災厄を体現するかのように己の意思と、明確な殺意で、愉悦を感じながら、人を殺す最悪の精霊。「精霊が現れやがったんです。ならぶっ殺す以外にすることはねーです」そして、その精霊を殺す少女、真那。人を殺す少女と精霊を殺す少女。悪夢を断ち切るため、デートして、デレさせろ!?―。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

救うべきか、救わざるべきか

2015/08/25 15:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

来禅高校の五河士道が通うクラスに突然転入してきた少女・時崎狂三は、自己紹介の挨拶で自分が精霊であると告げた。夜刀神十香、四糸乃に続く第三の精霊は、当たり前の人間の様な顔をして、高校へ転入してきたのだ。
 陸上自衛隊の対精霊部隊に所属する鳶一折紙一曹は、狂三がナイトメアというコードネームで呼ばれる、数多くの人間を虐殺して来た精霊であり、それをずっと追いかけて殺して来た関係上、崇宮真那三尉が着任したことを知るのだった。

 一方、士道の能力を使って精霊をデレさせ、その能力を封印することを目的とするラタトスク機関は、司令にして士道の義妹の五河琴里を中心に、狂三をデレさせる作戦を立てはじめる。しかし、別の女の子に士道が気を取られると嫉妬する十香や、士道の自称恋人となった折紙がそこに絡んで来て、いつもに増して士道のギャルゲー作戦は、綱渡りを強いられることとなる。

 デレさせる精霊も3人目で少しマンネリになって来たんじゃないかと思いきや、少し方向性を変えて来た。今回はむしろ、精霊の側から士道に積極的に接触して来たのだ。そして落とすつもりがあわや落とされそうになる展開に。
 だがそこで物語はまた趣を変える。これまでは、十香にしろ四糸乃にしろ、人間を傷つけたくないのに傷つけてしまう精霊がターゲットだった。しかし狂三は違う。既に多くの人間を殺し、そして今も楽しんで人間を殺す精霊なのだ。果たしてそれは救う価値があるのか。士道は悩むことになる。

 士道の実妹の真那が属するDEMインダストリーという組織が登場し、ラタトスク機関と共に、精霊に関して背後でうごめく人々がいることを感じさせる。そしてラストでは、なぜ琴里が士道の精霊を封印する能力を知っていたのか、これ以上ないほど明らかな形で示されるのだ。
 まあでも、次巻へ続く展開とは思わなかった。途中から怪しいな、とは思ったけど。あとやっぱり、前半はちょっとマンネリ気味。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

富士見ファンタジア文庫 ランキング

富士見ファンタジア文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む