サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. マージナル・オペレーション〈F〉

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マージナル・オペレーション〈F〉(星海社FICTIONS)
マージナル・オペレーション〈F〉(星海社FICTIONS) マージナル・オペレーション〈F〉(星海社FICTIONS)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/13
  • 出版社: 星海社
  • レーベル: 星海社FICTIONS
  • サイズ:19cm/193p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-138898-7
  • 国内送料無料

紙の本

マージナル・オペレーション〈F〉 (星海社FICTIONS)

著者 芝村 裕吏 (著),しずま よしのり (画)

ソフィアのために、タイに渡った梶田。彼は、ソフィアのために何か為すことはできたのか…。うまくいかない人生の一コマを切り取ったハードボイルド「マフィアの日」。“最初の二四人...

もっと見る

マージナル・オペレーション〈F〉 (星海社FICTIONS)

1,242(税込)

ポイント :11pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「マージナル・オペレーション〈F〉」が含まれるセット商品

商品説明

ソフィアのために、タイに渡った梶田。彼は、ソフィアのために何か為すことはできたのか…。うまくいかない人生の一コマを切り取ったハードボイルド「マフィアの日」。“最初の二四人”の一人であるハサン。父・アラタとの出会いや、彼の目から見た父の姿が語られる独白録「父について」。ライトノベル作家と編集者が、総武線の車内で見かけた赤毛の少女。彼女に話しかけたことから、事態は思わぬ展開に…。『マージナル・オペレーション』誕生秘話「赤毛の君」。アメリカ人記者、イーヴァ・クロダ。“子供使い”新田良太にはじめて接触した西側ジャーナリストによる、貴重な取材記録「ミャンマー取材私記」。そして、安定したミャンマー戦線を離れ、バングラデシュに向かったアラタとジブリールの束の間の休息を描いた「チッタゴンにて」。あの大ヒットシリーズの未収録エピソードや、その後の物語を収めた待望の短編集が登場!【「BOOK」データベースの商品解説】

ソフィアのために、タイに渡った梶田。彼は、ソフィアのために何か為すことはできたのか…。「マージナル・オペレーション」シリーズの未収録エピソードや、その後の物語を収めた短編集。「マフィアの日」など全5編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

英雄譚(オペレーション)は、終わらない──。
芝村裕吏×しずまよしのりのタッグが贈る大ヒットシリーズ『マージナル・オペレーション』の未収録エピソードや、その後を綴った短編5篇を収録。
これは、ただの外篇ではない!【商品解説】

収録作品一覧

マフィアの日 7−38
父について 39−67
赤毛の君 69−107

著者紹介

芝村 裕吏

略歴
〈芝村裕吏〉ゲームデザイナー、作家、漫画原作者。「ガンパレード・マーチ」「絢爛舞踏祭」「ガンパレード・オーケストラ」三部作などを手がける。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

やはり眼鏡の陰は無い。

2016/01/30 19:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ADUMA - この投稿者のレビュー一覧を見る

特にレビューとは関係の無いタイトルである(良いんだろうかと思わなくも無いが)。
マージナル・オペレーション、本編完了後に刊行された短編集である。
芝村氏作品の特徴として、同一タイトルでも時系列が明確でない事が多いが、
同じく氏の作風として、本編さえ読んでいればその辺りをあまり気にせず読む事の出来る軽快な作品群である。
個人的に本巻の見所と言えば、その…何と言うか、大変厳めしい外見でネット界隈等一部の人々から人気を集めている某梶田氏をモデルにしたキャラクターの心温まる恋物語?と、
同じように芝村氏の悪癖?である、氏の知人をモデルにしたキャラクターの扱い故か、
モデルとなった方から不穏当な言葉を投げつけられているという微笑ましい話題の綴られた後書きである。
それで良いのかと言われても、そういうのが好きなので憚らないのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/11 18:56

投稿元:ブクログ

 番外編その1。本編終了後の話、本編を別角度から見た話、そういうのはどちらも大好物なのですが……今回は、あまり期待していない角度から話を膨らまされた気がして、ちょっと満足度は低めです。

 実在人物混ぜるのはいいんですが、もうちょっとマジオペ世界に引き寄せた書き方をして欲しかった。マジオペ世界が膨らんだというより、メタい意味で余計な色づけがされてしまった気分です。
 別シリーズのキャラも知らない人なので、うまく感情移入ができなかったり(その人についての、私の知識が足りなすぎる)。
 作者の取材記をそのまま読んだらつまんなかろうと、マジオペキャラを媒介にして取材レポート書きましたっていう雰囲気の短編とかも。

 うーん。今回に関しては、私の好みとのミスマッチが起きちゃったなぁという気分です。ラノベ読む時は、もっと慎重に本を選ぼうと思いました。

2014/12/06 05:43

投稿元:ブクログ

別視点から語られるアラタが面白かった。

「チッタゴンにて」のようなアラタとジブリールの話がもっと読みたい!

2014/06/24 01:02

投稿元:ブクログ

短編集ということで、後日談や過去の話、別の視点から見たものなどが収録されています。
やや裏表紙のあらすじに誇張があるものの(笑)中身はマジオペなので面白いです。
長編とは違った良さがありますね。今回割愛された別の話も読んでみたいと思いました。

2014/08/05 00:03

投稿元:ブクログ

マジオペ短編集。アラタ氏行方不明のため、今回本人チェックは入っていません。
本編から外されていたエピソードを韓国語版から逆輸入!な「赤毛の君」とかアラタががんばっている「チッタゴンにて」とか。…がんばらなくてもいいのに。押せ押せジブリール。
ハサン視点の「父について」好きだなあ。