サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

怪談(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/13
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/263p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277857-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

怪談 (講談社文庫)

著者 柳 広司 (著)

残業を終え帰路を急ぐ赤坂俊一が真っ暗な坂道をのぼる途中、うずくまって泣いている女を見かけた。声をかけると、女はゆっくりと向き直り、両手に埋めていた顔をしずかに上げた―その...

もっと見る

怪談 (講談社文庫)

659(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

残業を終え帰路を急ぐ赤坂俊一が真っ暗な坂道をのぼる途中、うずくまって泣いている女を見かけた。声をかけると、女はゆっくりと向き直り、両手に埋めていた顔をしずかに上げた―その顔は(「むじな」)。ありふれた現代の一角を舞台に、期せずして日常を逸脱し怪異に呑み込まれた老若男女の恐怖を描いた傑作6編。【「BOOK」データベースの商品解説】

雪おんな、ろくろ首、耳なし芳一…。鮮やかな論理とその論理から溢れ滲み出す怪異。小泉八雲ことラフカディオ・ハーンの「怪談」を、現代の物語として描き直した異色のミステリー。全6編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

現代の片隅で起きている、不可解で奇妙な出来事。滑らかなストーリーテリングに乗せられて辿り着く、驚愕唖然の結末に背筋が凍る!【商品解説】

収録作品一覧

雪おんな 7−52
ろくろ首 53−94
むじな 95−133

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

作風がホラーと合っていない気がします

2015/05/07 01:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラフカディオ・ハーンの「怪談」を柳広司さんがリメイクした作品です。

普段は頭脳ゲームを軸としたミステリが本領のため、ホラーってどうなの?と思いつつ読んでみましたが、やっぱりミスマッチだと思います。古典のリメイクものとして読む分にはまぁまぁの面白さ(それでも☆3.5くらいです)ですが、柳広司さんが書いたものとして読むと、あんまり本領を発揮できていない感じがしました。どうせなら、江戸川乱歩の古典作品をリメイクした方がより良い短編集になったのではないか、などと勝手な想像をしてしまいました。そのぐらい惜しい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

八雲とは全くの別物

2017/08/09 19:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

小泉八雲の怪談に触発された作品集で、雪おんな、ろくろ首、むじな、食人鬼、鏡と鐘、耳なし芳一の6編。
 当然のことながら、八雲の作品とは全く別物のミステリーです。したがって、原作にある独特の空気感や古典としての芸術性・奥深さは微塵もありません。ただし、ミステリーという娯楽に徹した作品と割り切って読めば、十分満足できる内容でした。
 特に最後の一文の不気味さは、まさに怪談でした。中でも、個人的には「むじな」「耳なし芳一」が、原作を上手くアレンジしていて、面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/29 03:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/15 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/16 07:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/06 14:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/02 02:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/17 07:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/10 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/13 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/17 12:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/18 07:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/19 16:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/13 06:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/13 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る