サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

漱石「こころ」の言葉(文春新書)
漱石「こころ」の言葉(文春新書) 漱石「こころ」の言葉(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/20
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-660977-2
  • 国内送料無料
新書

紙の本

漱石「こころ」の言葉 (文春新書)

著者 夏目 漱石 (著),矢島 裕紀彦 (編)

明治を代表する文豪、漱石。遺された小説、随筆、評論、書簡、俳句、漢詩等にも百年後を生きる我々の指針となる言葉があふれている。ユーモアと真理に満ちた234のメッセージを厳選...

もっと見る

漱石「こころ」の言葉 (文春新書)

788(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

漱石「こころ」の言葉

780(税込)

漱石「こころ」の言葉

ポイント :7pt / 紙の本より8おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

明治を代表する文豪、漱石。遺された小説、随筆、評論、書簡、俳句、漢詩等にも百年後を生きる我々の指針となる言葉があふれている。ユーモアと真理に満ちた234のメッセージを厳選した名言集。【「TRC MARC」の商品解説】

「辛くなったら漱石先生に聞こう!」
代表作「こころ」の新聞連載から百年を機に、またまた「ブーム」の様相を呈している夏目漱石。彼は単なる小説家である以上に、人生を探求する哲学者であり、文明批評家であり、さらには、頑固で短気で癇癪持ちといったイメージとは裏腹に、若い門弟や友人の相談にのって的確なアドバイスや励ましを与える慈父のような存在でした。遺された小説、随筆、評論、書簡、俳句、漢詩等にも、百年後を生きる私たちの指針となる言葉があふれています。
「人を観よ。金時計を観るなかれ。洋服を観るなかれ。泥棒は我々より立派に出で立つものなり」
「余計なことをいわずに歩行いていれば自然と山の上へ出るさ」
「本を読むばかりで何にもできないのは、皿に盛った牡丹餅を画にかいた牡丹餅と間違えて大人しく眺めているのと同様だ」
「あなたの生涯は過去にあるんですか、未来にあるんですか。君はこれから花が咲く身ですよ」
「夫婦は親しきを以て原則とし、親しからざるを以て常態とす。君の夫婦が親しければ原則に叶う。親しからざれば常態に合す。いずれにしても外聞はわるいことにあらず」……。本書は、ユーモアと真理に満ちた234のメッセージを厳選した名言集です。ご一読いただけば、文豪が「あなたの心の師」と感じられることでしょう。【商品解説】

著者紹介

夏目 漱石

略歴
〈夏目漱石〉慶応3〜大正5年。東京生まれ。帝国大学文科大学英文科卒業。第一高等学校、東京帝国大学で教鞭を執るかたわら、「吾輩は猫である」「坊っちゃん」を執筆。ほかの著書に「こころ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

じんときました 漱石先生の言葉

2015/12/05 20:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:森のくまさんか? - この投稿者のレビュー一覧を見る

じんときました、漱石先生の言葉。

ユーモアに富み 時には厳しく

なぜか 笑える 言葉の数珠玉。

私は 一番最後の菫という俳句が気に入りました。

凹んでいるとき この本に大変 私は助けられました。

後から考えたら ちっぽけなことでしたが・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/21 02:10

投稿元:ブクログ

夏目漱石の『こころ』刊行から百年、らしい!
ということで、漱石のこころに触れるための、名言が作中や書簡などから抜粋されて掲載されている。

読んだことのないものも多数あった。
心を打たれるものもあれば、反面、内容の解釈ができないものも多数あった。

本書の構成として、言葉の注釈は幾つか加えられているけども、”名言”に対する解説は一切なく、読者にその解釈(味読)をゆだねている形になっている。
余計なことはしないという、良い計らいだ。

漱石の言葉に触れる良い機会だった。

やはり原著/原作に当たることが大切だと思う。
※最近、名言のみを集めた本が多数出版されているけども・・・。

----------------
【内容(「BOOK」データベースより】
頑固で短気で癇癪持ち…。そんなイメージとは裏腹に、門弟たちの良き相談相手として慈父のように慕われていた漱石。遺された小説、随筆、評論、書簡、俳句、漢詩等にも、百年後を生きる我々の指針となる言葉があふれている。ユーモアと真理に満ちた234のメッセージを厳選した名言集。
————————
【著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)】
夏目/漱石
慶応3(1867)年東京生まれ。帝国大学文科大学英文科卒業。東京高等師範学校、松山中学、第五高等学校の教職を経て、イギリスに留学。帰国後、第一高等学校、東京帝国大学で教鞭を執るかたわら、『吾輩は猫である』『坊っちゃん』を執筆。明治40(1907)年より朝日新聞社員となる。『明暗』を執筆中の大正5(1916)年死去した
----------------
【目次】
第1章 自我
第2章 学問
第3章 未来
第4章 自由と孤独
第5章 正義
第6章 覚悟
第7章 恋愛と家族
第8章 処世
---------------

2014/09/09 18:03

投稿元:ブクログ

【代表作「こころ」の新聞連載から百年】文豪の遺した小説、随筆、評論、書簡、俳句、漢詩の中から厳選した234の金言を読みとくことで、漱石が「わが人生の師」となる。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む