サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 江戸文学を選び直す 現代語訳付き名文案内

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

江戸文学を選び直す 現代語訳付き名文案内
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/09
  • 出版社: 笠間書院
  • サイズ:21cm/201p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-305-70735-2
  • 国内送料無料

紙の本

江戸文学を選び直す 現代語訳付き名文案内

著者 井上 泰至 (編/ほか執筆),田中 康二 (編)

今、江戸文学の「古典」として取り上げるべきものは何か。新たに「古典」を掘り起こすとしたら、どういうアプローチがありえるのか。江戸文学の名文を現代語訳とともに掲載し、価値観...

もっと見る

江戸文学を選び直す 現代語訳付き名文案内

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

今、江戸文学の「古典」として取り上げるべきものは何か。新たに「古典」を掘り起こすとしたら、どういうアプローチがありえるのか。江戸文学の名文を現代語訳とともに掲載し、価値観、読みの更新とその背景などを解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

今、江戸文学の「古典」として取り上げるべきものは何か。
新たに「古典」を掘り起こすとしたら、どういうアプローチがありえるのか。
挑戦的、挑発的に実践する、現代語訳付き名文解説。

時代を越えて読み継がれ、それぞれの時代の価値観の中で読み替えられ、常に新たな外套をまとって我々の前に姿を現す「古典」を、既存の古典文学全集とは違う「古典」を、新たに汲み取り、光を当てる。

執筆は、井上泰至、川平敏文、一戸 渉、田中康二、高山大毅、勢田道生、池澤一郎、木越俊介、佐藤至子、日置貴之。

【江戸文学といえば、庶民の文学、というレッテルは、未だに高校の教科書レベルでは固定化してある。そして、小説・俳諧・演劇という三分類から、代表作者と作品を選び、これを特権化してきた。しかし、それは近代の眼から見てすくい上げやすいものを焦点化してきたのではなかったか?
 近代の文学に対する目そのものが問い直されている時代、豊富な作品のある江戸文学から、見逃され、忘れられてきたものについて問うことは、文学への新たな見方を教えてくれるものになりはしないか? もっと言えば、近代の価値観に欠けているものを、認識させてくれることにつながるのではないか?
 それまでの時代よりも、江戸時代に多くの古典たるべき作品の候補があるということは、それだけ多種多様な、日本語による文章の試みが行われ、名文が残されてきたことを意味するわけで、そうした日本語世界の言葉の森を一般にも知らせることが、私たちの急務なのではないのか?】...本書「序」(井上泰至)より【商品解説】

目次

  • 序◉我々は江戸文学の魅力を本当に汲み取れているのだろうか?▼井上泰至
  • Ⅰ サムライの文学の再評価
  • 1 戦国武将伝のベストセラー○熊沢淡庵『武将感状記』▼井上泰至
  •  1 敵に塩を送った真意―現実的武士道
  •  2 義のヒーローへ―『日本外史』
  •  3 平時に武士道を忘れないために―『武将感状記』の成立環境
  •  4 勇者への道
  •  5 三杯の茶―人材登用の「眼」

収録作品一覧

熊沢淡庵『武将感状記』 井上泰至 著 14−28
室鳩巣『駿台雑話』 川平敏文 著 30−43
荷田春満『創学校啓』 一戸渉 著 46−61

著者紹介

井上 泰至

略歴
〈井上泰至〉1961年生まれ。防衛大学校教授。博士(文学)。著書に「雨月物語の世界」など。
〈田中康二〉1965年生まれ。神戸大学教授。博士(文学)。著書に「村田春海の研究」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

奥深い江戸

2017/02/10 12:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みうら - この投稿者のレビュー一覧を見る

刺激的な論文が多いように思います。私は専門外で知らないことが多いですが、そんなところに繋がりがったのかと思わせられることしばしばで、啓発的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/25 13:47

投稿元:ブクログ

某メルマガで執筆者の書評を読み、興味を持ってみたりした訳ですが。

書評の筆者は「西鶴・芭蕉・近松、あるいは蕪村・秋成・馬琴・一茶・南北。。。今も昔も、江戸文学の定番と言えばこのあたりだろう。しかし、こういう優れた「作家」の「作品」だけが「古典」なのだろうか。」と問題定義をして、それら文学の定番を「偏食」と言い換え、江戸文学には「小説・詩(俳諧)・演劇といった近代の「文学」ジャンルには納まりきらない作品が、「文学」以上に多くある。そこを切り落としてしまったら、江戸文学の実態は半分だけしか見えない」のではないかと。んでもって、「従来の定番以外に「古典」たるべき作品を「選び直」」したという。

うーん。確かに、江戸時代の文学というと、近松とか馬琴とか松尾とか、西鶴、京伝…(ついでに風俗は杉浦日向子w)と、教科書選出レベルのものしか出てこんかったわ(何(苦笑

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む