サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

毛深い闇
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/11
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-02295-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

毛深い闇

著者 園 子温 (著)

愛知県豊川市で発見された、少女の不可解な死体。女刑事の娘・切子は、母親より早く事件の核心に迫ろうと、悪魔画廊の謎を探るが!?少女の夜の終わりを描く、世界的映画監督による衝...

もっと見る

毛深い闇

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

毛深い闇

1,123(税込)

毛深い闇

ポイント :10pt / 紙の本より281おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

愛知県豊川市で発見された、少女の不可解な死体。女刑事の娘・切子は、母親より早く事件の核心に迫ろうと、悪魔画廊の謎を探るが!?少女の夜の終わりを描く、世界的映画監督による衝撃作。【「BOOK」データベースの商品解説】

愛知県豊川市で発見された不可解な死体。少女の眼からは、角膜が奪われていた。女刑事の娘・切子は、母親より早く事件の核心に迫ろうと、悪魔画廊の謎を探るが…。少女の夜の終わりを描く衝撃作。『文藝』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

園 子温

略歴
〈園子温〉1961年愛知県生まれ。映画監督・詩人・作家。独自の映像作品は国際的に高い評価を得て数々の国内外の賞を受賞。主な映画に「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」など。著書に「希望の国」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価2.8

評価内訳

つまらん

2015/11/18 21:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画監督が本を書く。ちょっとした流行ではある。そして、才能のある書き手も少しはいる。が、映像と活字は、やはり本質的に相容れないのだろう。園氏の場合も、頭の中に映像はあっても、それが文章になって紡がれていない。だから、つまらない。角膜に材を獲った着想が、生かされていない。結局、文筆家には向いていないのだろう。最後まで読む主義だから、、無理やり付き合ったが、いやはや。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/22 17:48

投稿元:ブクログ

小説のフリした何かだったけど、切子ちゃんの文章好きだったし、それだけでよかった。どきどきした。
でも、帯や裏表紙の宣伝文がまるでこの本の良さを伝えていなくて、普通の本のフリしてたから、期待とは全然違った内容だった。

2014/06/14 16:44

投稿元:ブクログ

買う予定じゃなかったけどいわゆるジャケ買いというやつ。前半から中盤まではスタンダードに田舎町で起きた事件を追っていく感じで、後半主人公切子の「銀色自転車」のあたりから次元が一気にずれ込む感じ。ああそうか、こういう狂いかたをしていたコだったのかと、読み進める。すっぱり終わっているようで終わった気がしない小説だ。

2014/09/29 15:57

投稿元:ブクログ

さすが映画監督、とても映像的。

現実なんだか妄想なんだか、あいまいにしてるところとか、
真剣なんだかふざけてるんだか、
それとも狂気なんだか、
みたいなところとか、

おもしろくもあったけど、
私はもう少し、小説的なおもしろさが欲しかったので
星3つ。

映画みたいなら
映画でやればいいことだから。

2014/09/17 14:13

投稿元:ブクログ

<現実の事件と少女の空想が交錯する。 >

切子は女子高生である。父はしばらく前に事故で亡くなり、母と二人暮らし。刑事をしている母の帰りは毎日遅い。
やはり片親で、親の帰りが遅い2人の友達と共に、毎夜のようにファミレスで時間つぶしをしている。ほかの客の観察をしてはどんな人物かをぐだぐだと想像する「退屈同盟」を作っているのだ。
片田舎の退屈な街。だが、ここのところ、少しいつもとは様子が違っていた。行方不明になっていた少女が遺体で見つかったのだ。
切子はこの事件にこだわり、母よりも自分の方が真相に近づいていると思っている。
今夜、ファミレスを出た「退屈同盟」たちの行き先は家ではなかった。
毛深い闇を切り裂いて、切子の長い夜が始まる。

表紙の絵は篠原愛の「女の子はなにでできている?」。
篠原は少女をモチーフにした絵を製作しており、魚と少女を融合させた作品も多いようだ。
扉に作品の全貌が載っている。なるほどこの物語とはリンクし補い合うものかもしれないとも思う。

本書をなぜ読んだかというところが(よくあることに)曖昧なのだが、どこかで見た書評と、たまにはイマドキの小説(として典型的かどうかはよくわからないが)を読んでみようという、まぁ軽い気持ちだったのだと思う。
情景があざやかな物語とは思う。少女たちの会話も秀逸だろう。現実と空想の境界が曖昧なまま、怒濤のように流れるストーリーラインは、ある意味、見事な手際と言ってもよい。少女の心象風景と疾走感をよく映しているとも言えるかもしれない。
でも、自分は乗れなかった。自分の中で昇華されるものもなかった。
ただ、現代というのはこういう物語を生むところでもあるのだな、といささか乾いた感想を持った。

この物語に没頭する人もいるのかもしれない。
この物語で救われる人もいるのかもしれない。
たまたま、それは自分ではなかった、ということだ。

2015/04/12 21:55

投稿元:ブクログ

主人公の女子高生・切子がぶっ飛んでる。
それは中高生の頃特有の心のもやもやとかとも関係あるんだろうなぁと思った。当たってるかわからないけど。
なんとも不思議な小説だった

2015/05/01 17:24

投稿元:ブクログ

何かで知って、面白そうだったので借りた本。ずっと予約待ちでやっとのことで借りたのに、いまいちだったー。何つーか、ありがちな意味不明な感じというか。鬼才だけあるなぁ。こういう分かりにくいのは苦手だ。切子が小説を書くさまなんか、もう病んでる人じゃないか。でもこういう思春期の子たちっておかしな時期があるからな。恐ろしい。結局ミツコばかり襲って角膜を取っていったのは誰だったのか。表紙は素敵だった。

2015/02/11 21:23

投稿元:ブクログ

嫌いじゃない。でも男が書いてる女の子なんだよな。しかも監督な…。ん〜嫌いじゃないよ。
でもなんか混ざってそう色々が。

2014/07/18 06:17

投稿元:ブクログ

園氏の作品はどうしたって映像を浮かべながら読んでしまいます。あいかわらずの気味の悪さ。そして闇の後の光。

2015/03/11 19:49

投稿元:ブクログ

面白いんだけど、
夜が毛深くは思えないな〜。
女子高生が、そんなむさい想像
せんやろう。
切子役は二階堂ふみ?

2015/07/23 18:45

投稿元:ブクログ

いまいち世界観に浸ることができなかった。
中高生だったら切子ちゃんに共感することができたのだろうか。

2014/07/03 22:31

投稿元:ブクログ

表紙が装丁がとても綺麗。裏表紙の装丁も綺麗だけどドキッとする。イラストの色使いが美しい。作品は不気味な雰囲気。不気味でもあり、思春期の女子特有のものがいろいろ詰め込まれているのもある。この作品は感想を書くのが難しい。

2014/10/08 10:44

投稿元:ブクログ

猟奇的な犯罪と女子高生を題材に、序盤はミステリー仕立てでビュジュアルな描写が展開されていきますが、途中で、ランボーやボブ・ディランがでてくるので、もしやと思えば案の定、クライマックスに向かい、シュールで幻想的な描写が溢れんばかりに繰り広げられます。人によって意見がだいぶ分かれそうですが、いい悪いではなくて、好きか嫌いかのレベルでの評価が相応しい作品で、作者の映画と近いものを感じました。

2014/07/14 22:08

投稿元:ブクログ

自分自身、日々妄想に浸ってるのだが、他人の妄想に同調するのはけっこう難しい。と、本作を読んで感じたということは私が今そこそこ安定してるということか。鬱状態の時はこういう混沌とした感覚になるんだよな。

園子温という名も知らずに、なんとなく帯と雰囲気で手に取った作品。単純にミステリーだと思って読んでたら、次第に切子の妄想と混ざり合ってきて、ラストが不可解。結局真相は何だったかを求めるのはナンセンスなんだろう。この人の作品は、そういうものなんだろう。

そうだよね、真実はどこにもないから。(←鬱状態の時に頭がぐるぐるして、最終的に思うこと)

2014/07/12 19:43

投稿元:ブクログ

切子の小説が面白い。
失明から角膜移植で視力を回復した少女の、感情や記憶のカオス。まるで、悪夢のように、支離滅裂なのに鮮やか。
小説だけど、映画みたい。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む