サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. きみのために棘を生やすの

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

きみのために棘を生やすの
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/12
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/220p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-02296-3
  • 国内送料無料

紙の本

きみのために棘を生やすの

著者 窪 美澄 (著),千早 茜 (著),彩瀬 まる (著),花房 観音 (著),宮木 あや子 (著)

「あのひとが欲しい。どんなことをしても―」女性作家が女性のために書き下ろした、匂いたつ、珠玉の恋愛官能短編集。【「BOOK」データベースの商品解説】あのひとが欲しい。どん...

もっと見る

きみのために棘を生やすの

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「あのひとが欲しい。どんなことをしても―」女性作家が女性のために書き下ろした、匂いたつ、珠玉の恋愛官能短編集。【「BOOK」データベースの商品解説】

あのひとが欲しい。どんなことをしても-。窪美澄、千早茜、彩瀬まる、花房観音、宮木あや子、5人の女性作家が「略奪愛」をテーマに紡いだ、珠玉の恋愛官能短編集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

朧月夜のスーヴェニア 窪美澄 著 7−48
夏のうらはら 千早茜 著 49−90
かわいいごっこ 彩瀬まる 著 91−134

著者紹介

窪 美澄

略歴
〈窪美澄〉1965年東京都生まれ。「ミクマリ」で女による女のためのR−18文学賞大賞を受賞しデビュー。
〈千早茜〉1979年北海道生まれ。「魚神」で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価3.6

評価内訳

2014/08/23 01:00

投稿元:ブクログ

ぞくぞくするようなアンソロジー。
窪美澄、千早茜、彩瀬まる、花房観音、宮木あや子。
著者5人の作品ともに、潔く、どこまでも刺々しい。
茨もあれば薊もあり、新たな発見があったとても興味深い作品集。
略奪?それは結果であって過程ではない。

2015/05/24 13:01

投稿元:ブクログ

「略奪愛」がテーマの書き下ろし恋愛官能小説集・・・だそうですw 「きみのために棘を生やすの」という題に期待したほどでもなく、まぁそこそこかな。最初の2作がわりとよかったので、期待した残り3作がそれほどでもなく。何に期待をしたのかと聞かれると困るのですがwww

2014/09/21 20:39

投稿元:ブクログ

略奪をテーマにしたアンソロジー。
しかも官能小説。らしい。
そうとは知らずに図書館で借りました。面白かったけど困った。家族の前で読みにくい汗

2014/08/08 20:11

投稿元:ブクログ

5名の作家陣のうち3名が最近好きで追いかけてる作家さん、2名は初読。
彩瀬まるさんの作品が特に好きだ。

2014/07/08 19:11

投稿元:ブクログ

窪美澄さんの作品が、段違いに素晴らしかった。こんなにも違うか、ってほどに。うわーってなった。深さも、熱さも、重みも段違い。
その他に良かったのは千早さん。あと花房さんの作品初でしたが面白かった。他の作品ともっと読みたいって思いました。
程よいエロスで良質なアンソロジー。窪さんの作品読みたさに買ってもいいかもしれない、ってくらい良い一冊。

2014/08/03 12:01

投稿元:ブクログ

女性作家5人による略奪愛を描いたアンソロジー。タイトルにある女の棘に男達が翻弄される様が生々しくたまりません。この作品に登場するどの男にも共感しながら読了。毒や棘のある作家さんばかりのお話は面白かった。

2014/08/02 22:34

投稿元:ブクログ

帯によると略奪をテーマにした官能アンソロジー。
今話題の豪華なメンバーによるものです。略奪と聞くと「奪い取る」イメージが強かったのですが、この作品は、自分が生きていくために、生きる上に、本能のまま行動しているという感じでした。窪美登さんと花房観音さんの作品はぞくぞくっときました。
女性のための官能といえばいいのか、そこまできわどくあるわけではなかったので、読みやすかったです。

2015/01/12 18:27

投稿元:ブクログ

うーん、想像と違ったなぁ。彩瀬さんのはとても良かったけど、全体的にはちょっと期待はずれ。
窪美澄さんのタイトルはとても良かったけどなぁ

2014/10/18 18:08

投稿元:ブクログ

「略奪愛」がテーマの書き下ろし恋愛官能小説集。

「朧月夜のスーヴェニア」窪美澄
「認知症」の女性の過去のお話。許嫁が戦地に旅立った後、一人の医者と出会う。許嫁とは違い、たくましい体に男臭さを放つその男に急速に心ひかれ、やがて体を重ねるようになる。
最後の一文にドキッとさせられる。

「夏のうらはら」千早茜
なんだか一番エッロい!でも一番ピュアな心。

「かわいいごっこ」彩瀬まる
なんだか色々衝撃的な内容。え、文鳥って・・・・え、そうなの?犬も想像妊娠するって聞いたことあるけど、わぁ。

「それからのこと」花房観音
雰囲気と口調から昭和の匂いプンプンだけど、しっかり?平成。一生こうやって他人を巻き込みながら生きていくんだろうな、と思ってしまう。

「蛇瓜とルチル」宮木あや子
蛇瓜、画像を検索してみた。うわ、これが部屋に散乱はいやだなぁ。テレビ会社の衣装さんが主役。
宮木さん目当てに買ったけど、抑え気味な感じだった。

2014/11/26 23:36

投稿元:ブクログ

「略奪愛」がテーマのアンソロジー。女性のための官能小説集なんだそうだけど、それほどではありません。千早茜と花房観音というひとは初めて読んだ。やっぱ綾瀬まるがいいな。

2014/05/10 18:09

投稿元:ブクログ

う~奪いたいと思った人が読むのかな?

河出書房新社のPR
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309022963/

2014/09/15 23:02

投稿元:ブクログ

宮木さん目当てで買ったけど、千早茜さんのが気に入った。略奪愛をテーマにした恋愛官能小説?て触れ込みだたけど、ドロドロしているわけでも、官能的要素が強いわけでもなかった。奪う奪われるというのは、なにもひとからひとへというわけではないなだな。

2015/06/24 23:15

投稿元:ブクログ

戦地に行った許嫁を裏切って、空襲の襲うなか他の男との関係を持った若き記憶。―窪美澄
女たらしと周りに言われながも飄々とするなかで唯一嫌いだと言ってきた女。―千早茜

発情して無精卵を生む文鳥とうまくいかない恋愛の連続。―彩瀬まる

奪われることだけに快楽を得るから、過ちを繰り返す日々。―花房観音
芸能界で、光り輝く前のたまごたちをついばむ衣装さんの欲望。―宮木あや子

お、おうって感じ。
棘を生やして、盾にして時にしたたかに強く、生きる女。

千早さんのが一番きみのために棘を生やすって感じだった。)^o^(

2015/07/28 22:53

投稿元:ブクログ

千早茜は、やはり独特の世界観を感じた。
この人の作品に共鳴する自分に、ああ私、病んでるんだなと自覚させられて、ぞっとする。
仄暗い闇の部分を呼び覚まされる感じがする。

彩瀬まるの作品も結構好きだった。
始めて読んだけれど、こういうあっさりした雰囲気は好きだ。

略奪愛をテーマにした官能小説アンソロジーってことだったけれど、特に略奪って感じでも官能って感じでもなかった。
恋愛とは、身体とは、心とは、一体なんなのか。
そんなことを思わせる作品集だった。

2014/07/02 00:04

投稿元:ブクログ

今、人気の女性作家陣5人による恋愛と官能を織り交ぜたアンソロジー。窪美澄の『朧月夜のスーヴェニア』は時代が違えど、私自身も同じような恋愛をしていたので感情移入をしてしまい、読みながら辛くなってしまった。いろいろな事情で愛する人とずっと一緒に過ごす事が出来ない苦しみというのは計り知れない。その人が良いわけで他人では埋める事が出来ない。とても切ない。窪美澄の作品ってやっぱりいいなと思った。他の作家の作品も良かったのだが窪美澄を読んだ後という事もあり、他作品があまり心に響かず。