サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

第一次世界大戦と日本(講談社現代新書)
第一次世界大戦と日本(講談社現代新書) 第一次世界大戦と日本(講談社現代新書) 第一次世界大戦と日本(講談社現代新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/18
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/274p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-288266-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

第一次世界大戦と日本 (講談社現代新書)

著者 井上 寿一 (著)

モダンかつ平和で光り輝く文明国だった大正時代の日本。他方で大正時代は大衆が〈帝国〉を擁護した〈影〉を持つ。外交・軍事・政治・経済・社会などの多角的な視点から、〈光〉と〈影...

もっと見る

第一次世界大戦と日本 (講談社現代新書)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

第一次世界大戦と日本

702(税込)

第一次世界大戦と日本

ポイント :6pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

モダンかつ平和で光り輝く文明国だった大正時代の日本。他方で大正時代は大衆が〈帝国〉を擁護した〈影〉を持つ。外交・軍事・政治・経済・社会などの多角的な視点から、〈光〉と〈影〉が交錯する100年前の日本を描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

2014年は第一次世界大戦の開戦100年目です。その影響は第二次世界大戦以上で日本にも深く及んでいました。大戦前後の日本社会を観察すると「複数政党制への過渡期」「好景気から長期停滞へ」「大衆社会のなかの格差拡大」という、まさに今日的な課題がみえてきます。この戦争が浮かびあがらせた課題は21世紀の現在も構造としては変わっていないのです。本書は、さまざまな側面から「現代日本」の始まりを考える一冊です。【商品解説】

著者紹介

井上 寿一

略歴
〈井上寿一〉1956年東京都生まれ。一橋大学大学院法学研究科博士課程、学習院大学法学部教授などを経て、同大学学長。法学博士。著書に「日中戦争下の日本」「吉田茂と昭和史」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.8

評価内訳

2014/08/05 05:38

投稿元:ブクログ

本書は、第一次世界大戦前後から1930年代までの日本を、外交・軍事・政治・経済・社会・文化の6つの視角から描写。当時の日本の再現を試みている。

最初はちょっと文章のリズムに馴染めない部分もあったが、まずは国際協調の時代としての第一次大戦後の世界が外交という大枠から描写され、次に軍事、政治とそれが規定する国内状況へと筆が進められていくうちに、100年前の日本の姿が見事に浮かび上がってくる。

経済の状況も「成金」という普通、あまり経済史家が正面から取り上げない事象や人物に多くページが割かれ、ユニークな叙述となっている(経済の章は成金論と高橋是清の話でほぼすべて)。「社会」「文化」の項目においても調査の時代という視角を前面に押し出したり、あるいは「平和記念東京博覧会」(1922)を当時の大衆文化状況の集約として取り上げるなど、著者の独自の視点が前面に出ている。

それでいて全体的にはバランスの良い叙述となっており、勉強になった。オススメ。

2014/07/28 18:08

投稿元:ブクログ

WWI開戦100周年にあたり、日本史教科書での扱いが小さい性もあるのか、あまり話題にならないが、後の日中戦争、太平戦争に至る道のりが整地されていったのがこのWWIの時期である。政党政治の興隆とその崩壊による軍部へ期待、その軍部にしてもWWIへの参戦と、観戦分析による総力戦の決意とそれ故の絶望、日本史、日本近代の曲がり角がこの時期になる。
本書は外交、軍事、政治、経済、社会、文化に分けてこの時代の分析を行っており、本書を通して読めば、WWIが山川日本史にあるような日本にあまり関係の無かったことという認識は亡くなるはずだ。日本で言えば大正は明治や昭和に比べ研究が少ないように思えるが、その後の今に続く日本の出発点に当たる時期にあると思う。総力戦への備え、国家総動員体制は戦前戦中の話だけではない。戦後高度経済成長を実現したのも実際のは戦中の総動員体制が(軍需の重しが取り除かれたが)政策的に維持されてきたからだ。そして今なおその後遺症に苦しんでいる。

また、軍部、特に陸軍における総力戦への決意、そして絶望に関しては未完のファシズムが詳しいので、是非併読をお勧めする。

2015/01/03 21:47

投稿元:ブクログ

高校の社会史の先生が「戦後日本の次に平和だった時代」と評していた大正時代。今までおぼろげにしか知らなかったが、この本はその平和であった時代の見取り図を与えてくれる。

格差・二大政党制への指向と挫折・金融不況とその脱却、女性の社会進出、いずれも現代日本と同じような話である。

戦間期の国際連盟や国際司法裁判所において日本人が活躍していたことは本書で初めて知った。



この本で今日を持ったトピックについて、参考文献を当たってみたい。

2014/10/02 07:20

投稿元:ブクログ

なぜ、日本は第一次世界大戦に参戦した理由を政治・外交・軍事の面から詳しく解説してほしかった。この著作は大戦後の影響を中心に語られていました。「海軍は 第一次世界大戦後の国際秩序から利益を受けていた。海軍にとって南洋群島は戦略的な拠点だった。その旧ドイツ領南洋諸島は、国際連盟からの委任によって日本が統治している。そのように認識する海軍にとって、国際連盟脱退は、太平洋の戦略的な拠点を失うことを意味した。」確かにそうですよね。でも、結局は連盟脱退に。日本は世界から孤立の道を歩み、やがて次の大戦に突入する。

2014/09/23 08:56

投稿元:ブクログ

<目次>
はじめに
第1章  外交
第2章  軍事
第3章  政治
第4章  経済
第5章  社会
第6章  文化
おわりに

<内容>
淡々と当時の文献からの抜粋が続く。「○○版日本の歴史」シリーズの”第一次世界大戦期”を読んでいる気分。ただ、選んだ文献の組み合わせなどから当時の様子がはっきりと浮かび上がる。この時代の第一人者ならではであろう。前著の『理想だらけの戦時下日本』を読んだ時も感じたが、この時期の大衆は、「戦争」などを感じることもなく(この本では第一次世界大戦)、日々を平和だと思って過ごしていたのだろう。そういう意味で、現在の日本のリーダーの旗振りが、日本をこの時代の後に訪れた悲劇の再現を目指しているようで怖い。

2014/10/16 00:50

投稿元:ブクログ

「欧州大戦」である第一次世界大戦をいわば奇貨として、極東の島国日本は国際社会に打って出る。

国力においては一人あたり国民所得は昭和14年のピークへ向けて上り坂、外交においても「国際会議屋」の八面六臂の大活躍をみるに、けっこういい線いっていたのだ。
(「大正時代の日本は光り輝く文明国だった」p8)

あの戦争なかりせば、と「いい線」の延長線上にあったかもしれないもう一つの日本を、つい夢想したくなる。

2015/02/08 00:47

投稿元:ブクログ

「日清・日露戦争と第二次世界大戦との間の第一次世界大戦に具体的なイメージがともなわないのは、明治と戦前昭和に挟まれた大正の時代像があいまいなことに関連している。」

第二次世界大戦に向かう戦前の体制に関して、なぜそうなったのか関連書籍を何冊読み進めていってもよくわからない、よくわからないものをわからせてくれる本を探す旅はまだまだ続いている。

本書もその一環で手に取った。
冒頭に引用した一文、まさにボクの中でもその通りなのである。
第一次世界大戦は学校で習った知識の中では欧州の戦争に日本が東の方からどさくさ紛れにちょっかいを出したくらいにしか思っていない。
大正時代関しては期間が短かったということもあるのだろうが、頭に残っているのは『大正デモクラシー』と『関東大震災』くらいである。
しかし、デモクラシーが成立した時代の後になぜ戦前の軍国主義のような時代がまかり通ったのかに繋がる知識がごっそり抜けているのだ。

著者は言う。
「第一次世界大戦前後の大正時代は振り返るに値しないのか。そうではないだろう。大正と今との間には時代状況の類似点があるからである。類似点を三つ挙げる。」
・第一は大衆社会状況下の格差の問題
・第二は長期の経済停滞
・第三は政党政治システムの模索
「以上の三つの類似点は、大正の新しい〈光〉と〈影〉の時代像とともに、歴史的な示唆を与える。大正時代の日本は光り輝く文明国だった。この時代がモダンで平和だったのは、長期の経済停滞にもかかわらず、経済的な国際協調が基調になっていたからである。」

引用が長くなったが、国内においては上記の3つの類似点の観点で大正時代を中心とした国内の在り方が整理されている。
なるほど、類似という点ではまさに類似していると言えなくもない。
ただ、それよりもボクにとって意外だったのは『経済的な国際協調』、第一次世界大戦の仕組み・枠組み・戦略の違い、この戦争の前後において世界の在り方が変わっていったという部分である。

第一次世界大戦のボクのこれまでの拙い見方は『欧州における列強の戦争』以外の何モノでも無かった。
しかし、この戦争の大義は欧州に限らず、戦後の枠組みも考慮すると『「徳」=国際正義を代表するアメリカと「力」を代表するドイツの戦争だった。「力」は敗けて「徳」が勝った。』という整理の仕方が新鮮であった。
この時代からアメリカの大義は名目上『国際正義』なのである。
実際、戦中から戦後の国際体制の再構築を想定した国際連盟の枠組みが連合国を中心に進められる。

しかも、日本は国際連盟の常連国としてアジアの利益に止まらず、国際協調という新外交の枠組みを忠実に実行し、国際連盟を通して列強の義務を果たしていくのである。

ここまで国際連盟において当時の日本がコミットしていたとは驚きであった。
歴史の教科書では国際連盟脱退は触れられているが、国際連盟での日本の役割についてはほとんど言及されていない。

ただ、ここから先が問題なのである。
国際協調の下に国家戦略を進めて��た日本がなぜ、それに反するような道を20数年のうちにたどることになるのか。

その原因は様々なものがあるだろうが、全ては最初に触れた原題との類似点の3つに起因するものである。
長期の経済停滞は持てるものと持てないものの格差を広げ、デモクラシーが浸透し政党政治が機能すると、政党は多数派工作のためにより大衆に阿る政策に傾いていく。大衆に阿る政治はプロフェッショナルを排斥し、大衆の声に阿るアマチュアリズムに傾倒していく。

アマチュアリズムは勢いが過ぎると腐敗を生み、国を憂う高い志はナショナリズムの昂揚で大衆の不満を吸い上げ、力で克服する。

大正から昭和へ向かう時代、このように整理をすると薄ら寒いほど現在の状況に酷似する。
しかし、大衆はそれほど愚かではないという部分をまだ信じたいボクとしては、まだ『なぜ力で克服する』という方向に大衆が熱狂していったのか?という大衆心理についてはまだまだなっとくできない部分があるのである。

2016/09/04 10:38

投稿元:ブクログ

それぞれの歴史的記録は詳細なのだが、読んでも今ひとつ面白くない。事実を追いかけるのみで解釈に踏み込みが足りないように思えた。読み切るのが困難。

2014/07/27 15:44

投稿元:ブクログ

1910年代から1920年代にかけて、欧米を中心とする世界大戦の動きと、それに大きく影響を受ける日本について時代をまとめられたコンパクトな一冊である。
確かに、第二次大戦後の社会にまで影響を与えている数々の要因がここに始まったことは紛れもないようである。
今年は第一次世界大戦から100年の節目である。世界中で爆弾の音が聞こえるなか、いまこそこの時代を振り返ってみるのは決して悪くないだろう。

2014/08/02 21:58

投稿元:ブクログ

第一次世界大戦に日本がどのような状況で参戦したのか、また終戦後の国際連盟と日本との関係を特に描いた本だった。特に国際連盟との関係で日本が積極的に人種問題を提起したり、また国際平和に対して理解を深めようとしていたことは特筆すべき点である。ただし、朝鮮人労働者と底辺の日本人労働者との軋轢、平和展での混乱を見ると分かるように国家としての目的・理想と民衆の現実が乖離していく状況がどんどんと日本に暗い影を作っていく。個人的にはもう少し陸軍の動きであったり、5・15事件やら2・26事件の背景を描いて欲しかった部分はあったが、それについては川田稔先生の近著で探ることにしたい。

2014/09/11 17:54

投稿元:ブクログ

欧州を破壊した第一次世界大戦は世界に国際協調をもたらした。日本もその潮流の中で大正デモクラシーが開花する。好景気と大衆消費社会、政党政治の確立、皇太子の欧州訪問と立憲君主としての自覚、アメリカ、イギリスとの協調による軍縮。その一方で戦後の反動からくる不況、貧富の差の拡大、二大政党の腐敗など、影の面も出てくる。満州事変と国際連盟からの脱退を支持する国民世論は民意による政党政治家のアマチュア外交にプロの外交官が敗北したからとあるが、この辺の記述が少ないのでよくわからない。何故、国民は国際協調を諦め、満州事変を支持したのか。戦時体制が社会の平準化を進め、貧富の差を縮め女性の社会進出を促したが、資本主義による大衆消費社会の確立とのギャップをどう捉えるのかなど、書きたりでない部分も多い。

2015/08/25 19:37

投稿元:ブクログ

書名通りの本。
第一次世界大戦と日本の「外交」「軍事」「経済」「社会」「文化」の関係について述べられる。
戦争がもたらした好景気と「船成金」、そして、その反動となる恐慌。経済格差。
翌年の起こる「真珠湾攻撃」までの記述。しかし、消費文化に勤しむ上流階級の姿が描かれていて空寒い。

第一次世界大戦が「日本」へ及ぼした影響などを知るための良書だと思う。

高校の日本史で習ったことより、更に深く内容を知ることができ有益だった。

2014/07/18 17:31

投稿元:ブクログ

第一次大戦と日本の関係とともに、大正時代の日本の大衆社会についてまとめた一冊。
世界史上では日本で触れることの少ない第一次大戦の詳細を知ることも大事だが、
後半部分の大正時代の大衆社会についてが、日本の歴史、また現代の日本をを知る上では、かなり大きい。
これまでの歴史に関する本の間隙をついた貴重な一冊ではないだろうか。

2014/08/12 18:06

投稿元:ブクログ

この人の本、俺は随分と読んでいるけど、相変わらず歴史を語る「定点」のようなものが見えにくい。

イデオロギーを前面に打ち出した歴史本はそれはそれでうっとおしいし、「客観性」を重視した歴史語りが大切であることを俺も理解しているつもりなんだけど、もうちょっと筆者の立場を出しても良いんじゃない、といつも思う。

取り上げる個々のエピソードや事象は割と面白い。ただ、それらが「全体」の中でどれほどの意味を持っているのかが分かりにくいんだよね。まあ、ある時代の歴史の「全体」というのも、実にフィクショナルな観念なんだけど。

以上、ここまで書いたことは、俺が今まで手に取ったこの人の他の本の多くにも感じられることなんだが、ただ、数を読んだだけに、こちらもその語り口に馴れたので、読みにくいということはなかったです。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む