サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

「失敗」の経済政策史(講談社現代新書)
「失敗」の経済政策史(講談社現代新書) 「失敗」の経済政策史(講談社現代新書) 「失敗」の経済政策史(講談社現代新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/18
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-288267-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

「失敗」の経済政策史 (講談社現代新書)

著者 川北 隆雄 (著)

バブル崩壊前後の大蔵省・日銀の不適切な対応、小泉改革の本質、民主党・マニフェストの背信…。バブル崩壊後の20年間の経済政策を振り返り、なぜ日本経済を本格的に回復させること...

もっと見る

「失敗」の経済政策史 (講談社現代新書)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

「失敗」の経済政策史

702(税込)

「失敗」の経済政策史

ポイント :6pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

バブル崩壊前後の大蔵省・日銀の不適切な対応、小泉改革の本質、民主党・マニフェストの背信…。バブル崩壊後の20年間の経済政策を振り返り、なぜ日本経済を本格的に回復させることができなかったのか、その謎を解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

長期政権を維持してきた自民党、あるいは一時的に政権の座に着いた非自民連立内閣、民主党などは日本経済浮上に向けた努力をしたようにも見える。

財政金融政策の実務を担ってきた大蔵省(現財務省)、日本銀行もさまざまな政策手段を駆使した。

だが、それらはこれまで実ることがなかった。

なぜなのか。

「失われた20年」の教訓とは何か。

「失敗のツケ」を払うのはいつもわれわれ。

バブル崩壊後の20年間の経済政策を振り返り、同じ過ちを繰り返さないために広く世間に警告することが、本書の目的である。



【おもな内容】
第一章 焦土からバブルの「宴」まで―戦後日本経済の疾走
 「インフレ和尚」の生産再開/「天才」に勝った「教祖」/「それでも銀行の頭取か!」 ほか

第二章 「宴」の裏で悪魔が微笑んだ―バブル崩壊の爪痕
 虚しく響いた三三七拍子/「平成の鬼平」は正義の味方?/大銀行が料亭女将に頭を下げて…… ほか 

第三章 血税が底なし沼に消えた―政策誤操作で「戦後最悪の不況」へ
 大蔵省、街宣車に包囲される/山一証券は二度死ぬ/「慶応」と「女性」で委員長に/「佐々波委員会」のあきれた実態 ほか

第四章 「小泉改革」の正体―戦後最長景気の幸運
 姿を消した「元日本一」企業/「再生機構」の功罪/波乱の郵政民営化/なぜ四分社化だったのか ほか

第五章 そして「格差社会」が進んだ―日本型雇用慣行の崩壊
 秋葉原の悲劇/竹中の入れ知恵/派遣は「小泉改革」で激増した/「宮内委員会」の暗躍と奥谷の暴走 ほか

第六章 「日銀理論」の自縄自縛―迷走した金融政策
 「異次元のバズーカ砲」/日銀は資金供給をコントロールできない?/岩田・翁論争/目まぐるしい迷走 ほか

第七章 「国民の生活」は「第一」ではなく……―背信のマニフェスト
 財務省執念の二ケタ税率に/消費増税は「マニフェストにはなかった」?/「究極の大増税」再び ほか【商品解説】

目次

  • 第一章 焦土からバブルの「宴」まで―戦後日本経済の疾走
  • 焦土からの出発/「インフレ和尚」の生産再開/「天才」に勝った「教祖」/あゝ上野駅/「それでも銀行の頭取か!」/ニクソン・ショック/「油断」が高度成長の息の根を/ジャパン・アズ・ナンバーワン/電撃! プラザ合意/そしてバブルへ
  • 第二章 「宴」の裏で悪魔が微笑んだ―バブル崩壊の爪痕
  • 虚しく響いた三三七拍子/「土地神話」も崩れた/「総量規制」の効果/バブルとは何か/「平成の鬼平」は正義の味方?/バブルつぶしの功罪/「宴」の裏で悪魔が微笑んだ/大蔵省は「焼け太り」/食い物にされた住友銀行/大銀行が料亭女将に頭を下げて……
  • 第三章 血税が底なし沼に消えた―政策誤操作で「戦後最悪の不況」へ
  • 日銀氷川寮、再び/危機は信組から大手銀行へ/大蔵省、街宣車に包囲される/山一証券は二度死ぬ/「慶應」と「女性」で委員長に/「佐々波委員会」のあきれた実態/血税が底なし沼に消えた/九兆円財政デフレ/政策誤操作で「戦後最悪の不況」
  • 第四章 「小泉改革」の正体―戦後最長景気の幸運
  • 「変人」首相の誕生/合言葉は「改革なくして成長なし」/「竹中プラン」/不良債権処理を進めたのは長期好況/姿を消した「元日本一」企業/「再生機構」の功罪/波乱の郵政民営化/なぜ四分社化だったか/郵政民営化で行財政改革は進んだか
  • 第五章 そして「格差社会」が進んだ―日本型雇用慣行の崩壊
  • 秋葉原の悲劇/「富国貧民」「社富員貧」/小泉首相は格差拡大を是認/竹中の「入れ知恵」/派遣は「小泉改革」で激増した/心を病むワーキングプア/「宮内委員会」の暗躍と奥谷の暴走/日本型雇用慣行が崩壊する

著者紹介

川北 隆雄

略歴
〈川北隆雄〉1948年大阪市生まれ。東京大学法学部卒業。中日新聞社東京本社(東京新聞)論説委員、政府税制調査会専門委員などを経て、ジャーナリスト、専修大学非常勤講師。著書に「財界の正体」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/10 22:04

投稿元:ブクログ

節目節目の政策決定の背景に注目しながら、戦後日本経済史を辿る、2014年春に出た本。次のようなことが書いてある。
・なぜバブルが起き、なぜそのソフトランディングに失敗したのか
・ゼロ金利政策、量的緩和策についての日銀の立場

金融政策について多めに割かれており、合間に小泉改革と格差社会、民主党のマニフェスト検証などの内容。概ね時系列だが各章の関連ははっきりせず、筋の流れはあまりない。その辺が新聞の連載特集風(著者はジャーナリスト)。網羅的でもないが、個々の記事は読みやすいので重要イベントをざーっと辿るのにはよいかも。

2014/08/12 19:06

投稿元:ブクログ

 焦土からの奇跡的な経済復興。そしてバブル崩壊から新自由主義経済による格差拡大、日銀の介入の是非、そして民主党政権の失敗…。日本の政治家と官僚はどのような過ちを犯してきたのか。

 本書によればわが国の高度経済成長は朝鮮戦争という幸運や田中角栄などの豪腕政治家の政策が「結果的に」成功した、というイメージで、ほとんどの経済政策が失敗している。計画的に成功したものはあまりないようで、そもそも経済というもの自体が生き物であり、計画とは食い合わせが悪いのかもしれない。全体として何が言いたいのか、どうしたらいいのか、ちょっとピンと来ない本だった。

2014/09/07 22:29

投稿元:ブクログ

戦後から現代にいたるまでの経済政策及びその周辺についてのまとめと著者の意見

学校の歴史において戦後史特に戦後経済史はなおざりにされることが多い。一方で現在に最も近い、また社会人としてビジネスに携わる上で常識として知っておいたほうがよいのはこのあたりのことなので、本書により知識を補完するのはありだと思う。

2014/12/24 23:48

投稿元:ブクログ

バブル崩壊後の経済政策の迷走っぷりを検証する一冊。
歴史の後出しじゃんけん的な感じもするけど、こうした側面があったことを覚えておく必要はあるんじゃないかな。
だいたい住専や長銀の破綻処理に投入された税金って何の役に立ったのだろう。たった20年前のことでしかないのに、それすら検証できていない。もっと税金の使われ方に敏感にならなくちゃね。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む