サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ティーンズラブ
  4. 執着愛 囚われの巫女は王子に奪われる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

執着愛 囚われの巫女は王子に奪われる(ヴァニラ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

執着愛 囚われの巫女は王子に奪われる (ヴァニラ文庫)

著者 鐘刻 マコモ (著)

“神の巫女”に選ばれた踊り子のフローレンは、神の代理人である王子・ジュールと一夜を共にすることになった。あくまで形ばかりの儀式のはずが、フローレンの初めてはジュールによっ...

もっと見る

執着愛 囚われの巫女は王子に奪われる (ヴァニラ文庫)

626(税込)

執着愛~囚われの巫女は王子に奪われる~

648 (税込)

執着愛~囚われの巫女は王子に奪われる~

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“神の巫女”に選ばれた踊り子のフローレンは、神の代理人である王子・ジュールと一夜を共にすることになった。あくまで形ばかりの儀式のはずが、フローレンの初めてはジュールによって奪われてしまう。儀式を終え踊り子としての日々に戻ったフローレンの元に、ジュールの“愛妾”として王宮へ上がるよう要請が入り…!?【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (1件)

電子書籍

うーん、薄味

2015/12/11 16:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

踊り子フローレンは、三十年に一度の神の巫女に選ばれる。
神の代理人である王と共に、神殿で一夜を過ごす儀式を行うが、病床の王の代理として儀式に臨んだのは、世継ぎの王子ジュール。
彼は、儀式と称してフローレンの純潔を散らし、その後も彼女を王宮に留めようとする。
ジュールの一の騎士ゴーチェから、ジュールの愛妾として王宮に留まって欲しいと説明されるが、ジュールに惹かれながらも愛妾なんて嫌だと思うフローレン。
ジュールは、フローレンを正妃にと望むが、彼は妾腹のため、立場が微妙。
踊り子風情を正妃にしたとあっては、世継ぎの立場が危うくなる。
フローレンのためなら王位継承権を捨てると言い切るジュールに、フローレンとゴーチェは・・・


全体的に薄味。
儀式を思い出すフローレンの回想の中で、聡明な、とジュールにさんざん形容詞がつくんだけど、彼の聡明さを現すエピソードが全然出て来ないし、どのへんが聡明なのかがわからない。

フローレンが、ジュールに媚薬と後孔責め状態にされてるんだけど、それでもリオンの誕生祝いの席で踊る、彼女の踊り子としての魂を見せるシーンも、そう。
あそこは最大の見せ場ではありませんか。
快楽に悶えながらも堪え、踊り子としての使命を全うする、妖艶に踊るフローレンの描写が絶対に必要。
たった10行ほどで終わらせるなんて、そんなもったいない。

エロシーンもジュールがフローレンを愛しく思ってる感じがあんまり出てないし、トキメキもきゅんきゅんもしませんでした。
サービスエロとおぼしきものは、けっこう盛り込まれていましたが、それ自体が薄味。
ゴーチェだって、そんなに反対しておきながら、そんなあっさり認めちゃうんかい、って感じでした。

問題の解決策も、解決シーンもあっさり。
あんなに悩んだのに、そんなんでいいんかーい、って思っちゃいました。
フローレンはなかなか魅力的なキャラクターでしたし、ストーリーとして、ちゃんとしたお話ではありましたが、全体的に、あっさりしすぎですね。

後孔責めが、オモチャでですが、2回もあったのが珍しい。
TLではあんまり見ませんよね。
気持ちは★2つ半。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

うーん

2015/10/31 22:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:春菜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

何って言うのかな、権力を笠に着てやりたい放題の王子様のジュール。やりまくって避妊している気配など欠片もなかったけどフローレンが妊娠するかもしれないとか考えてたんでしょうか?すでに結婚しているならともかく、そうじゃないのに無責任じゃないかって、話の展開よりそっちが気になってました。あと中世ヨーロッパ的な国なのに、踊り子の衣装はアラビア風ってのはどうなんでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/28 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/28 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る