サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. キリスト教哲学入門 聖トマス・アクィナスをめぐって

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

キリスト教哲学入門 聖トマス・アクィナスをめぐって
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/29
  • 出版社: 慶應義塾大学出版会
  • サイズ:20cm/232p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7664-2152-1
  • 国内送料無料

紙の本

キリスト教哲学入門 聖トマス・アクィナスをめぐって

著者 エティエンヌ・ジルソン (著),山内 志朗 (監訳),松本 鉄平 (訳)

神なしには何も存在しない。そしてまた、何ものも神ではない−。中世哲学史の世界的権威エティエンヌ・ジルソンが、聖トマスの思想を手がかりにし、存在について語った一冊。【「TR...

もっと見る

キリスト教哲学入門 聖トマス・アクィナスをめぐって

3,240(税込)

ポイント :30pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

神なしには何も存在しない。そしてまた、何ものも神ではない−。中世哲学史の世界的権威エティエンヌ・ジルソンが、聖トマスの思想を手がかりにし、存在について語った一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

中世哲学の泰斗が語る神の存在と信仰の哲学

▼本書は、中世哲学史の世界的権威エティエンヌ・ジルソンが、聖トマスの思想をてがかりにしながら、存在について語った晩年のエッセイである。神の存在を哲学的手法で証明し、かつ信仰のなかで哲学をすることの意義を「キリスト教哲学」の名のもとで主張する。
▼ジルソンは、「神はあるか」という根源的な問いを投げかける。直観の光に照らされた思考の道筋で明らかにされるのは、神の「存在」ではなく、「神は存在そのものである」という真理である。したがって、われわれ人間やそれ以外の創造物すべては、存在者として、本質と存在のはたらきによって現実存在しているのである。
聖トマスの思想に向かって存在性の無限の海を泳いでゆく、啓示にみちた一冊。【商品解説】

目次

  • 序文
  • 第1章 信仰のなかの哲学
  • 第2章 存在の原因
  • 第3章 ありてある者
  • 第4章 本質を超えて
  • 第5章 存在論を超えて
  • 第6章 根本的真理
  • 第7章 中心問題
  • 第8章 因果性と分有
  • 第9章 存在と本質

著者紹介

エティエンヌ・ジルソン

略歴
〈エティエンヌ・ジルソン〉1884〜1978年。中世哲学研究者。パリ大学で中世哲学史を教えた。コレージュ・ド・フランスの中世哲学史教授、カナダのトロント大学中世思想研究所所長を歴任。著書に「存在と本質」他。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/12 08:29

投稿元:ブクログ

キリスト教というより、ひたすら「存在」ということを追求する哲学書そのもの。トマスは、アリストテレスの系統としてプロテスタント教会では受け入れられていないが、「神の存在は証明するものでなく、信仰するもの。存在証明できれば、知っていることになり、それは信じるとは言わない!」は賛成できる。しかし、「神の本質は存在そのもの」とは、確かに出エジプトで「我は在りて在る者」ご自身を表す言葉として語られているにせよ、哲学的な意味があっても、愛、赦しなどの面が全く語られていないのは違和感は感じる。

哲学・思想 ランキング

哲学・思想のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む