サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 雲の中では何が起こっているのか 雲をつかもうとしている話

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

雲の中では何が起こっているのか 雲をつかもうとしている話
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/23
  • 出版社: ベレ出版
  • サイズ:19cm/343p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86064-397-3
  • 国内送料無料

紙の本

雲の中では何が起こっているのか 雲をつかもうとしている話 (BERET SCIENCE)

著者 荒木 健太郎 (著)

雲ができる仕組み、竜巻やゲリラ豪雨などの気象災害をもたらす雲の中で起こっていること、雲と気候変動との関係…。雲の仕組みの研究者が、雲の楽しみ方をあますところなく伝える。【...

もっと見る

雲の中では何が起こっているのか 雲をつかもうとしている話 (BERET SCIENCE)

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

雲ができる仕組み、竜巻やゲリラ豪雨などの気象災害をもたらす雲の中で起こっていること、雲と気候変動との関係…。雲の仕組みの研究者が、雲の楽しみ方をあますところなく伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

地球を覆う無数の雲。地球は雲の星です。雲の中では水や氷の粒が複雑に動き、日々の天気に大きな影響を与えています。身近な存在の雲ですが、雲の中には多くの謎が残されています。研究者たちは雲について理解しようと、手が届きそうで届かない雲を必死につかもうとしているのです。雲ができる仕組みから、ゲリラ豪雨などの災害をもたらす雲、雲と気候変動との関わりまで、雲を形づくる雲粒の研究者が雲の楽しみ方をあますことなく伝えます!【商品解説】

目次

  • 第1章 雲を楽しむための基礎
  • 第2章 目で見て楽しむ雲と空
  • 第3章 微粒子から雲、雲から降水へ
  • 第4章 雲の性格と一生
  • 第5章 気象災害を引き起こす雲
  • 第6章 雲をつかもうとしている話

著者紹介

荒木 健太郎

略歴
〈荒木健太郎〉1984年生まれ。茨城県出身。気象庁気象大学校卒業。地方気象台で予報・観測業務に従事した後、気象庁気象研究所予報研究部研究官。雲研究者。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

気象学の初学者にピッタリ!

2014/09/16 00:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Meteo - この投稿者のレビュー一覧を見る

気象学の専門書では数式のオンパレード(~_~);
そこをビジュアル的に独特のキャラクターを用いて解説された本。
好みが有るとは思いますが、気象予報士を目指す方をはじめ雲や天気に興味の有る方にはオススメの一冊だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/09 17:02

投稿元:ブクログ

気象の基礎を学ぶうえで、数式だらけの教科書を読んで心が折れそうになっている人はぜひ読んでみてほしい。

表現がかなり易しくて読みやすいのに、かなり突っ込んだところまで記述されている。空気塊を「パーセルくん」というキャラクターに仕立てて、気象現象をパーセルくんの挙動として説明している。かなり面白いのに、かなり正確。
いま気象分野の研究で注目されている現象や、気象予報の精度を上げて行くために詳細を解明すべき問題などについても書かれている。気象の基礎から最前線まで、楽しみながら学ぶことができる。オススメ。

2014/10/10 14:03

投稿元:ブクログ

多くの人に向けて書かれた雲に関する本。これだけ詳細で正確かつ理解しやすく書かれた気象の本は滅多に無い。素晴らしい。

2014/06/25 20:36

投稿元:ブクログ

「次世代の気象学にむけたサイエンスエンターテイメント」

子供と大人が同じ文脈を共有するのは,
どんな分野のどんな事柄でも難しいものですが,
この書は,それをやってのけています.

絶賛がすぎることが嘘臭い,と思われることを覚悟しているので,動画におさめました.
https://www.youtube.com/watch?v=z7RJKd6poVo

なんの打ち合わせも,話す内容も決めずに,娘と妻と一発撮りです.

小学校3年生の娘がリアルタイムにこの動画の中で描いたイラストは,
ただ,本書のキャラクターが可愛く,面白い,
だけではない本質的なことを示していると思います.

上手いかどうか,ではなく,この本から自然に放たれた「雪片」というものの魅力が彼女に伝わった,
ということを示していて非常に興味深く感じました.

映画「アナと雪の女王」を観た後だった影響かもしれませんが,
何故その形なのか?色々な種類がどうして存在するのか?,
そんな問いが彼女の中に生まれたことは親としてこの本への感謝しかありません.

本書から湧き出すその全ての問いに親は必ずしも答えられないかもしれません.

それでも子供と大人が同じ文脈を共有して,一緒に考え,
本当に必要なことを見つけ出していくことは,
答えられるかどうかよりも尊いことではないでしょうか.

その本質的な土台がこの一冊に正確かつ躍動感を持ちながら,
エンターテイメントとしても成り立っています.

だから,気象予報士レベルの勉強にも最高の書であると
他の方のレビューにもあるのではないでしょうか?

気象学のバイブルとされる「一般気象学」は,
数式という前提を必要としていましたが,
それを全てイラストとキャラクターたちの小気味良いセリフに置き換えているため,
読み通すのに苦労する,ということは一切なくなっています.

天気予報という誰もが必要とし,
利用している技術を支える気象学にとって,
次世代のバイブルになる珠玉の一冊です.

雲の中では何がおこっているのか〜雲をつかもうとしている話〜 荒木健太郎 著 ベレ出版

http://amzn.to/1omBIuH

2016/03/17 01:57

投稿元:ブクログ

本書は、気象研究所の研究者が、雲についての気象学を、目で見て楽しむ雲、雲粒が作られ雨・雪のふるしくみ、雲が鉛直にのびたり水平に広がったりするしくみ、集中豪雨や豪雪が起きるしくみ、観測や予報の技術にわたって、熱心に語る。(増田耕一)

気象 ランキング

気象のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む