サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

法哲学入門 法の根源にあるもの
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/15
  • 出版社: 幸福の科学出版
  • サイズ:19cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86395-466-3
  • 国内送料無料

紙の本

法哲学入門 法の根源にあるもの (幸福の科学大学シリーズ)

著者 大川 隆法 (著)

法の根源にあるものとは何か? ヘーゲルの偉大さ、カントの功罪、そしてマルクスの問題点。ソクラテスからアーレントまでを検証し、法哲学のあるべき姿を探究する。【「TRC MA...

もっと見る

法哲学入門 法の根源にあるもの (幸福の科学大学シリーズ)

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

法の根源にあるものとは何か? ヘーゲルの偉大さ、カントの功罪、そしてマルクスの問題点。ソクラテスからアーレントまでを検証し、法哲学のあるべき姿を探究する。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

法治国家の哲学を学ぶ

2017/08/31 07:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シュガーラッシュ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『仏法真理の観点から見れば、はるかに届いていない』と結論を示す著者が縦横無尽に「法の根源にあるもの」を説く。「黄金の法」のように多くの哲学者の名が出てくる。「貧困の哲学」をつくり上げたマルクス主義の問題点も強烈だ。この世の負を解決するのは大事だが、結果が唯物論になることへの警鐘あり。『神に対しては呪いでもって接し、この世の貧困に対しては金持ちへの嫉妬』と「貧困の哲学」を解説した。全体主義かどうかの判断も「暴力」「粛清」「収容所」と簡潔に示した。内容は濃い一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/06 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

その他の宗教 ランキング

その他の宗教のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む