サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

織田信長その虚像と実像(淡海文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/10
  • 出版社: サンライズ出版
  • レーベル: 淡海文庫
  • サイズ:19cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88325-177-3
  • 国内送料無料

紙の本

織田信長その虚像と実像 (淡海文庫)

著者 松下 浩 (著)

安土城築城の目的は何か? 比叡山を焼き討ちした狙いは? 数々の謎を残したまま、織田信長は「天下」平定の途半ばにして斃れた。安土城研究第一人者が、史料研究から信長の戦略的な...

もっと見る

織田信長その虚像と実像 (淡海文庫)

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

安土城築城の目的は何か? 比叡山を焼き討ちした狙いは? 数々の謎を残したまま、織田信長は「天下」平定の途半ばにして斃れた。安土城研究第一人者が、史料研究から信長の戦略的な目標を明らかにし、知られざる実像に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

歴史上の人物の中で、最も人気の高い一人である織田信長は、ある固定された強烈なイメージを抱かせ、確たる根拠も無いままに信じ込まれている。しかし、資料から信長の事績をたどると、何ら根拠のない思い込みに過ぎないことに気付く。イメージに依らずく、史実にもとづいて信長の真実の姿を明らかにすることが本書の第一の課題である。さらに信長の侵攻以降、近江がどのように変わり、また変わらなかったのは何か。近江の中世から近世への過程をたどるのが本書の第二の課題である。
【商品解説】

著者紹介

松下 浩

略歴
〈松下浩〉1963年大阪府生まれ。大阪大学大学院研究科修士課程(国史専攻)修了。滋賀県教育委員会事務局文化財保護課副主幹。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/13 01:28

投稿元:ブクログ

歴史上の人物の中で、最も人気の高い一人である織田信長は、ある固定された強烈なイメージを抱かせ、確たる根拠も無いままに信じ込まれている。しかし、資料から信長の事績をたどると、何ら根拠のない思い込みに過ぎないことに気付く。イメージに依らずく、史実にもとづいて信長の真実の姿を明らかにすることが本書の第一の課題である。さらに信長の侵攻以降、近江がどのように変わり、また変わらなかったのは何か。近江の中世から近世への過程をたどるのが本書の第二の課題である。(2014年刊)
・はじめに
・第一章 尾張の大うつけ
・第二章 天下布武へ
・第三章 元亀の争乱
・第四章 安土築城
・第五章 本能寺の変
・第六章 織田氏のゆくえ
・第七章 信長の目指したもの
・第八章 信長と近江
・おわりに

160ページ余りの本、内容が薄いせいかサクサクと読める。タイトルに期待したが、肩透かしをくらった感じがした。信長を過大評価せず実像を描こうという姿勢は評価できるのだが、読んでいて説得力が無い。なぜそうなのか得心がいかない。ストライクが入らないもどかしい感じがした。論文では無いし、文庫という媒体ではあるがもう少しなんとかならないのか。
著者は、安土行幸計画を当然の事と論じている。天下静謐の大義を得るため(毛利の元にいる義昭のに対抗するため)、天皇との結びつきを知らしめる必要から計画したとし、「信長が安土行幸を考えていたことは史料からも明らか」とするが、本文にはその史料の提示が無く、根拠を読み取ることが出来なかった。三職推戴にも触れていない。
また、他者の説を批判するにあたって、「行幸説を否定するならば、信長が行幸を考えていなかったことを明らかにする必要がある」とか「信長の権力構造についての検証がされていない」としているが、自説の論証が十分とは言えないのはいただけない。

本書には、既存の宗教を否定していないとか、自己を神格化していないとか、あくまで天皇の下での天下静謐を目指したとか、見るべき点も少なからずあるが、個人的には不完全燃焼な一冊であった。

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む