サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. スターリングラード攻防戦

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

スターリングラード攻防戦(光人社NF文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/16
  • 出版社: 潮書房光人社
  • レーベル: 光人社NF文庫
  • サイズ:16cm/414p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7698-2837-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

スターリングラード攻防戦 (光人社NF文庫 タンクバトル)

著者 齋木 伸生 (著)

精鋭ドイツ軍vs.T34、KV1重戦車を擁するソ連軍の激突! 独ソ戦のターニングポイントとなったスターリングラード大攻防戦を軸に、ソ・フィン戦争、北アフリカ戦を活写する。...

もっと見る

スターリングラード攻防戦 (光人社NF文庫 タンクバトル)

950(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

精鋭ドイツ軍vs.T34、KV1重戦車を擁するソ連軍の激突! 独ソ戦のターニングポイントとなったスターリングラード大攻防戦を軸に、ソ・フィン戦争、北アフリカ戦を活写する。〔「タンクバトル 3」(光人社 平成17年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

意外なことにドイツ軍の戦車が超貧弱だったとは意外な事実でした。

2016/12/13 10:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

標題から「スターリングラード攻防戦」を予定してたのに、(第一部)ソ連、フィンランド戦争(P-1~146)、(第二部)スターリングラード戦からハリコフ戦まで(P-147~308)、(第三部)北アフリカ最後の戦い(P-309~399)、の三部からなる。
 (第一部)と(第二部)の対戦相手は当然ソ連であるが、意外なことにドイツ軍の戦車が超貧弱だったとは意外な事実でした。ソ連の方が圧倒的に強力な戦車を有していたとはねーー。ドイツが戦車の性能で圧倒的優位に立つのは、無敵を誇ることになるティーガー戦車が1942年8月29日に初めてレニングラード戦に投入されてかららしい。

 地図、挿絵の不適切さは相変わらずでした。特に、文章と全くかみ合わない地図の不適切さには諦め気分です。また、戦車の性能比較や戦車数比較位はしっかりと行ってほしかったです。この点は、477:「エル・アラメインの決戦 タンクバトル2」で405:「西方電撃戦 タンクバトル1」での印象を引用した下記の評価のままでした。
 「ちょっと期待はずれでした。陸戦の王者である戦車戦ということで、もっと戦車自体の知られざる部分を期待していたようなのだが、どちらかと言えば一般的な戦記の中での一般的な戦車戦の記録といった感じでした。例えば、各戦車の性能を比較表にしておくとか、各戦闘での決定的要因を掘り下げるとかの工夫が欲しかった気がする。」という405:『西方電撃戦 タンクバトル1』での印象はそのままである。加えて、イラストよりも文章中に出てくる地名が何処なのかを適切に示した地図が欲しかったこと、ドイツ側の視点だけでなく相手側からの視点も欲しかったことである。
 まあ、歴史的戦記なので、面白いとかいう感覚で読むべきではないとは思いつつやはり期待外れ感は免れませんです。

蛇足ながら、北のレニングラードはサンクトペテルブルク(1991~)へ、南のスターリングラードはヴォルゴグラード(1962~)へと名称が変更されていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

世界史 ランキング

世界史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む