サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. JC科学捜査官 1 雛菊こまりと“ひとりかくれんぼ”殺人事件

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

JC科学捜査官 1 雛菊こまりと“ひとりかくれんぼ”殺人事件(宝島社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/16
  • 出版社: 宝島社
  • レーベル: 宝島社文庫
  • サイズ:16cm/344p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8002-2745-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

JC科学捜査官 1 雛菊こまりと“ひとりかくれんぼ”殺人事件 (宝島社文庫 このミス大賞)

著者 上甲 宣之 (著)

神戸海園大学構内で女性講師の変死体が発見された。傍らに転がる人形を不審に思った兵庫県警の百地は、科学捜査研究所に鑑定を要請する。一方、14歳にして博士号をもつ雛菊こまりが...

もっと見る

JC科学捜査官 1 雛菊こまりと“ひとりかくれんぼ”殺人事件 (宝島社文庫 このミス大賞)

680(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

神戸海園大学構内で女性講師の変死体が発見された。傍らに転がる人形を不審に思った兵庫県警の百地は、科学捜査研究所に鑑定を要請する。一方、14歳にして博士号をもつ雛菊こまりが、人材交流のため、アメリカFBI科捜研の特別研修員として、祖父が勤める兵庫県警科捜研に派遣されてきていた―。女子中学生(JC)科学捜査官が最新の科学捜査で不可解なオカルト事件の謎に迫る!【「BOOK」データベースの商品解説】

神戸海園大学構内で女性講師の変死体が発見された。その傍らには、腹を裂かれた奇妙な人形が。不可解なオカルト事件の真相に、FBI科捜研の特別研修員、天才少女こまりが最先端の犯罪科学捜査で迫る!【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

純理系

2015/08/23 09:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MR北海道 - この投稿者のレビュー一覧を見る

かつて、ガリレオシリーズなどが、この類だったが、これは、僕が今まで読んだ中で、1番「理系だな」と思った。
というのも、科学用語がたくさん出てくる上に、それに関する説明が長い。また、たまに説明してくれないものもあるので、一気読みにはいいが、区切って読むのはあまりオススメできない。
でも、ストーリーは、本当に面白かった。
すごく科学的なミステリを読みたい方にどうぞ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/21 23:01

投稿元:ブクログ

JCって……「女子中学生」なのかあ(笑)。でもキャラ萌え満載のミステリではありませんでした。かなりしっかり硬派な印象です。
都市伝説「ひとりかくれんぼ」実証の最中に起こった殺人事件。犯人は幽霊なのか、人間なのか? 科学捜査が出張ってくるので、そりゃもう人間が犯人に決まってるでしょ!という前提では読むものの。……雰囲気はかなりじわじわと怖いです。
そしてさまざまな科学捜査を用いた捜査。次々解かれる謎。なんといっても「窓ガラスの幽霊」が凄いなあ。解明もだけれど、やはり何かしら因縁めいたものを感じて恐ろしくもあったり。

2015/04/08 12:30

投稿元:ブクログ

独り飲みのお供に何か気楽に読めそうなものを、
と思って予備知識ゼロで古本屋にて購入。
が、タイトルと表紙の萌えキャラ系の割には
意外にも(失礼)真面目な内容(^ ^;

惜しむらくは、キャラが全然活かせていない。

この内容で、このストーリー運びだったら、
主人公が「天才女子中学生」である必要が無い。
「コーラ好き」「大きな橋が好き」などのキャラづけも、
本筋の進行に全く関係が無いのがもったいない。

周りの科捜研のメンバーも、ドS姉御キャラとか
オカマとかディープなオタとか、設定だけはされてるが
それが「そのキャラでなければならない」理由がない。

いや正確に言うと、トライした形跡は見えるが、
完全には生かし切れていないということか。

こういう「配役」をするのなら、
きちんと全員のキャラを活かして欲しいし、
このままのストーリーなら余計なキャラづけは
しない方が読みやすいのでは。

ストーリー展開はしごく真面目で、
「一人かくれんぼ」「窓に浮かぶ幽霊の写真」など
オカルトっぽいネタを扱いながら、
それを解明していく科学的・化学的アプローチは
細かいところまで「現実味」があって○。
が、その分ややセリフが説明くさく不自然ではあるが。

いろいろ書きましたが、独り飲みのお供としては、
普通に楽しく読めました(^ ^
ただもう少し整理すると、もっと良くなるかな、と。

2014/08/21 09:06

投稿元:ブクログ

書店で目に止めて、JC・天才少女・科学捜査・ミステリーというポイントに目をつけて衝動買い。

橋が好き・コーラが好き・見たものを一度で記憶できる。
親の事情で海外移住、地元大学を飛び級し大学院にて法科学を修める。
指紋検出に関する論文で注目を受けて、FBI科学捜査研究所の研修制度に特例として採用。
日本警察と連携が図られ人材交流の名目で日本に戻った帰国子女。

事件は大学のキャンパス内でひとりかくれんぼの検証中に超心理学研究部所属の女性講師が殺されるところから。
主に登場するのは同大学のオカルト肯定派と否定派の教授、その協力でオカルト検証番組を作った放送局のスタッフ、
そして科学捜査研究所のメンバーと協力する刑事、その他諸々。

証拠採取と鑑定、報告を経て事件に関係するとされるオカルト検証番組の録画も証拠として視聴することになります。
この番組内容が割りと怖かったのは読んだ時間帯が同じ深夜だったからだろう。
タネを明かせば「まぁそうだよな」ってなるけど体験したらトラウマレベルの企画だと言える。

ある程度容疑者が絞られるのだけど、決定的な証拠はないにしてもあからさま過ぎて逆に犯人には見えなくなってしまっている。
そして真犯人も確かに冒頭から登場してはいるけど、読者が推理するのは多分不可能。
意外性というより、帽子に鳩を入れて隣においた檻から熊が出てくるみたいな感じ、よくわからない。
さらに犯人に至る重要な証拠が一番オカルトというなんか身も蓋もない結果に…

一度被疑者が逮捕されるも疑問が拭えず、証拠採取の為一人奮闘する天才少女と手伝わない大人達。
まだこの段階で真犯人はわかっていないので、展開的にここで一人になると襲われるのではないかと思ったがそんな事はなかった。
真犯人の動機から逆算すると可能性としては少ないのだけど襲われたほうが(展開として)面白いかなと思いながら読んだ。
またこの動機がすごくつまらない。そんなもんだと言われればもう言うことも無くなってしまうが。

少女の設定に関して、オカルトを科学でぶった切るのに相応しく地に足の着いた比較的無理のない設定だとは思う。
ただこの内容で天才女子中学生である必要性はないと思う人は少なくない気がする。
そんな訳で自信を持って人に薦めたい本かというとそれはない。つまらなくはなかった。

2016/08/14 00:05

投稿元:ブクログ

天才的なJCが活躍する という点だけが特筆する箇所。あとは、どこかで読んだことのある話 という印象を否めない。
肩肘張らずに読めるので、時間つぶしにはOK。

2015/01/29 20:49

投稿元:ブクログ

科学的な内容が大半を占めていたので、科学に興味のある人ならとても楽しめる作品だなと感じた。内容としてはもう少し赤星とこまりのシーンがあったら面白かったのではないかと思う。科捜研のメンバーはそれぞれ特徴があって面白かった。しかしメンバーの一人の流王の過去が伏線みたいに書かれていたが、結局それが何だったのか気になる。

2014/06/18 14:50

投稿元:ブクログ

上甲氏もついにここまで中二設定かと、最初は気乗りしなかった。デビュー作からのファンとしては、無理のない範囲で、しかし緻密に計算された設定こそが彼の表現の素晴らしい点であると思い込んでいたからである。
読み始めて数分と経たないうちに、彼の良さは一つも変わっていないことを思い知らされた。主人公・こまりも、確かに上甲ワールドの一員であった。繊細かつ華麗な人物像、話の作り込み、そして細やかな心理描写に、時間が経つのも忘れてのめりこんで行った。さらに、これも上甲ワールドのすごいところで、大変濃厚な内容であるにもかかわらず、数時間あれば一気に読み終えることができる。絶対に読者を飽きさせないのだ。
今作の大きなテーマには、昨今ネット上で密かに流行している「ひとりかくれんぼ」が取り上げられている。ミステリーを読んだことがない、ネットの都市伝説が好きな人にも是非おすすめしたい一冊だ。

宝島社文庫 ランキング

宝島社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む