サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

「仮想通貨」の衝撃(角川EPUB選書)
「仮想通貨」の衝撃(角川EPUB選書) 「仮想通貨」の衝撃(角川EPUB選書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

「仮想通貨」の衝撃 (角川EPUB選書)

著者 エドワード・カストロノヴァ (著),伊能 早苗 (訳),山本 章子 (訳)

仮想通貨の経済規模は、いまや多くの現実の国家のそれを超えている。「仮想世界の経済学」の第一人者が、仮想通貨の現状を説明し、その影響について論じる。【「TRC MARC」の...

もっと見る

「仮想通貨」の衝撃 (角川EPUB選書)

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

「仮想通貨」の衝撃

972(税込)

「仮想通貨」の衝撃

ポイント :9pt / 紙の本より540おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

仮想通貨の経済規模は、いまや多くの現実の国家のそれを超えている。「仮想世界の経済学」の第一人者が、仮想通貨の現状を説明し、その影響について論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

エドワード・カストロノヴァ

略歴
〈エドワード・カストロノヴァ〉インディアナ大学テレコミュニケーション学部准教授。仮想世界の経済学の第一人者として知られる。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店那覇店

「仮想通貨」の衝撃

ジュンク堂書店那覇店さん

年末年始に実家に帰りそびれ、お年玉をもらい損ねた理工書担当です。
みなさんはお年玉の使い道はもう決まったでしょうか?

さて、お年玉といえば、最近では現金ではなく
電子マネーを贈るなんてことも言われる時代になりました。
アプリだけでなく、映画や本まで買えるようになった電子マネーやビットコイン。
その便利さで、今や流通しているビットコインの総額は
15億ドルにもなるといわれています。
そんな便利な仮想通貨とはいったい何なのか。果たして本当に貨幣なのか。
この本を読めば仮想通貨のことがわかります。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/02 12:31

投稿元:ブクログ

仮想通貨について、米人のゲーマー学者がいろいろ書いてる。
まぁ米人のこうゆう手の本にありがちだけど、話が飛んで結局まとまったところで何が言いたいのかってのはよくわからんのだけど、ゲーマーの彼だからわかることがいろいろあるんだな。仮想通貨はやっぱり社会を大きく変えうるんだなと。

2015/08/30 22:47

投稿元:ブクログ

東京オリンピックまで5年程度ですが、私は前回のオリンピックの時に生まれています。子供のころから、ずっと日本の通貨を使ってきましたが、この数年程度でしょうか、仮想通貨という言葉を聞くようになりました。

マイレージや、クレジットカードを使うたびに得られるポイント、そして、この本の著者が好きなオンラインゲームにより得られるポイントも、この本で取り扱われている「仮想通貨」にあたるのだと思います。

現在は、日本銀行が発行している紙幣やお金を持っている人が一番お金持ちとされていますが、近い将来は、それ以外の通貨を持っていることが幸福を感じることができる世界になっている可能性もあるのでは、という思いを、この本を読むことで感じました。

以下は気になったポイントです。

・フェイスブックは唯一の通貨の代わりに、多数の通貨を持つことを選んだ(p11、55)

・人類は大昔から貨幣を作ってきたし、その理由も変わっていない。変わったのは決済を管理する技術。今日では誰でも中央銀行になれる(p17)

・消費財の販売は危機以前の水準に戻っていない、その理由の一つとして、インターネット中心のライフスタイルに移行しつつある。有形の物はそれほど重要ではない(p20)

・フェイスブックのアプリの内部で行われる経済活動は、現実世界の公式の経済統計には現れない(p58)

・以前は、あらゆるモノの価値は、ある特定のモノの重さで測られていた、スターリングポンドも、シェケルも同様(p72)

・企業通貨の主な目的は、ロイヤリティを維持することではなく、企業の行動に関するデータベースを手に入れて売ること、に移りつつある(p105)

・ドルは、1792年に、純銀24.057グラムのコインと規定された(p121)

・アメリカは1933年に、異例の通貨政策を実施した、ルーズベルト大統領がすべての金を連邦銀行に引き渡して、1オンス=20.67ドルの紙幣を受け取るように大統領令を出した(p123)

・努力によって得た資産は、売却されるまでは課税されない(p132)

・価格は交換条件によって決まるが、交換条件は、社会全体における、それをもっと欲しい人々と手放したい人々のバランスによって決まる(p144)

・ゲームとソーシャルメディア業界では、貨幣が娯楽において重要な役割をしている、4つめの機能とは、「喜びを提供すること」(p145)

・貨幣がその機能を果たせる唯一の理由は、それが、1)交換の媒介、2)価値の尺度、3)価値の貯蔵、が受け入れられているから(p150)

・ビジネスでドルを使えば、政府のあらゆる規制や税負担がついてくる。ドルを使わなければこうした負担は免除される(p281)

2015年8月30日作成

2014/10/02 19:21

投稿元:ブクログ

筆者自身がネットゲーマーでありネット上の仮想通貨について詳しく面白く読めた。通貨は信用する人が複数いれば成り立つ、ネットで簡単に通貨が作れるというのはすごい時代だな