サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

財務省の階段(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/24
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/292p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101636-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

財務省の階段 (角川文庫)

著者 幸田 真音 (著)

財務省で将来を嘱望された若手官僚、原田が自殺した。上司の芹川は、昭和初期の財政政策が克明に記されていた原田のノートに導かれるように、財務省の地下室に向かう。原田は何を伝え...

もっと見る

財務省の階段 (角川文庫)

605(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

財務省の階段

605(税込)

財務省の階段

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

財務省で将来を嘱望された若手官僚、原田が自殺した。上司の芹川は、昭和初期の財政政策が克明に記されていた原田のノートに導かれるように、財務省の地下室に向かう。原田は何を伝えたかったのか?地下室で芹川が見た日本の暗部とは―?政策の検証を許さなかったこの国に未来はあるのか。国会議事堂、日本銀行、マスコミ、金融市場などを舞台に、日本経済の裏側に巣喰う禍々しいものの正体に迫る!【「BOOK」データベースの商品解説】

財務省の若手官僚・原田が自殺した。上司の芹川は、昭和初期の財政政策が克明に記されていた原田のノートに導かれるように、財務省の地下室へ向かう。地下室で芹川が見たのは…。政治経済の暗部に迫った経済ホラー小説集。〔角川書店 2011年刊の加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

財務省の若手官僚が自殺を図った。遺されたノートには昭和初期の経済政策が綴られていた――彼の真意とは? 国会議事堂、日銀、マスコミ、金融市場を舞台に、経済の裏側に巣喰う禍々しいものの正体に迫る!【商品解説】

収録作品一覧

議事堂の穴 5−51
日本銀行の壁 53−104
金融市場の窓 105−156

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.9

評価内訳

電子書籍

うーん

2016/02/29 10:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よいふろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作者の作品は好きで色々読んでいますが、やっぱり現実感がない(話の設定がそうなので仕方ないですが)ので、1度読んだら十分かな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/25 23:02

投稿元:ブクログ

まさかの経済ホラー短編集でした。
金融市場の窓で出てくるような、ディーリングルームの切羽詰まった空気の描写がリアルな感じでとても好きです。
経済とホラーはあんまり合わなかったような気がします。

2015/06/30 08:40

投稿元:ブクログ

久々の失敗となってしまった。
各業界の専門用語を連ねて話しを進めるのは良いが、ホラーとしてのオチの所に捻りがなさ過ぎる。
阿刀田高氏のC級品以下のレベルだ。

2014/06/22 09:37

投稿元:ブクログ

先日本屋さんをぶらついていたら、幸田真音女史の文庫本を見つけました。かすかにタイトルを覚えていたのですが、単行本は2011に出版されていたようです。

小説の内容は、彼女があとがきで述べているように、彼女が初めて挑戦した経済ホラー小説です。6つの短編小説からなっていますが、どれも続きが読みたいなと思いました。

彼女自身も述べていますが、この手の作品は取材に時間がかかる割には、小説として仕上げるのはもっと苦労するようですね。彼女の渾身の力作をソファーにもたれながら楽しんで読書するなんて贅沢だなと、良い時間をいただきました。

2014年6月22日作成

2014/09/29 15:12

投稿元:ブクログ

初めての幸田真音作品であり、初めての経済小説。作品名の「財務省」という言葉が気になって衝動買い。
他の経済小説はどんなのなのだろうかと気になった。