サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 殺人者の顔をした男

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

殺人者の顔をした男(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/25
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-760686-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

殺人者の顔をした男 (集英社文庫)

著者 マッティ・ロンカ (著),古市 真由美 (訳)

ロシアからの“帰国移民”である“探偵”ヴィクトル・カルッパのもとに、失踪した妻を捜してほしい、という夫からの依頼が舞い込む。それは国境をまたいでめぐらされたある陰謀の、ほ...

もっと見る

殺人者の顔をした男 (集英社文庫)

713(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ロシアからの“帰国移民”である“探偵”ヴィクトル・カルッパのもとに、失踪した妻を捜してほしい、という夫からの依頼が舞い込む。それは国境をまたいでめぐらされたある陰謀の、ほんの入口に過ぎなかった…。魅力的な新ヒーローを引っさげ、フィンランド初の快挙である「ガラスの鍵賞」に輝く大人気シリーズの一作目がついに登場!北欧ミステリに新たな旋風を巻き起こす衝撃の傑作!【「BOOK」データベースの商品解説】

ロシアからの“帰国移民”である“探偵”ヴィクトル・カルッパのもとに、失踪した妻を捜してほしいという依頼が舞い込む。それは、国境をまたいでめぐらされたある陰謀の、ほんの入口に過ぎなかった…。【「TRC MARC」の商品解説】

フィンランド初の快挙! 北欧ミステリの最高峰「ガラスの鍵賞」に輝くシリーズ一作目が初登場! ロシアからの「帰国移民」ヴィクトルは、失踪した女の捜索を依頼されたのだが、事態は思わぬ方向へ──。


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/03 22:04

投稿元:ブクログ

フィンランドミステリー。第一作。ロシアからの「帰国移民」である「探偵」ヴィクトル・カルッパが主人公。中年。
 
 失踪した妻を捜して欲しい、という夫からの依頼。なじみの「ビジネスマン」からの依頼。ロシアからの親友カルポフから窃盗の困りごと…。最後には全部がつながっている。
 なんとなくハードボイルドな感じのする作品。フィンランドといえば、穏やかなイメージの国だけど、地理的にみるといろんな国に挟まれて、しかもややこしい位置だ。「帰国移民」制度は実際にあったものらしい。
 ロシアでもフィンランドでも結局は外国人扱いされる主人公。でも家族や仲間との結びつきは強い。
 フィンランドの別な一面を楽しめる作品。

2014/07/31 22:13

投稿元:ブクログ

失踪した妻を探して欲しいという依頼を受けたカルッパ。それは国境を跨いでめぐらされた陰謀の本の入り口に過ぎなかった。

フィンランドミステリ。作者はフィンランドで初の「ガラスの鍵賞」受賞者。
ロシアからの帰国移民の探偵が主人公ということで期待して読んだのだけど…。
社会情勢等に予備知識がないもので、清濁併せ呑むような主人公の行動がいまひとつ納得できず。
なのでその魅力もわからないまま。
陰謀自体もキャラクタの名前や地名の馴染みのなさを引っぺがしてしまえば、それほど入り組んだものではなく。
そもそもこの手のハードボイルドが苦手なのもあって、作品の魅力が分からなかった。
ガラスの鍵賞の受賞作はもっとおもしろいのかなー?うーん。

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る