サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 部長、その勘はズレてます! 「A/Bテスト」最強のウェブマーケティングツールで会社の意思決定が変わる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

部長、その勘はズレてます! 「A/Bテスト」最強のウェブマーケティングツールで会社の意思決定が変わる
部長、その勘はズレてます! 「A/Bテスト」最強のウェブマーケティングツールで会社の意思決定が変わる 部長、その勘はズレてます! 「A/Bテスト」最強のウェブマーケティングツールで会社の意思決定が変わる

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/18
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:19cm/238,15p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-506731-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

部長、その勘はズレてます! 「A/Bテスト」最強のウェブマーケティングツールで会社の意思決定が変わる

著者 ダン・シロカー (著),ピート・クーメン (著),栗木 さつき (訳)

採用すべきはAかBか? 2案をウェブ上で競わせれば、答えはデータが教えてくれる。グーグル元開発者が、シンプルで強力な最新オンラインテスト法を、さまざまな企業の実例とともに...

もっと見る

部長、その勘はズレてます! 「A/Bテスト」最強のウェブマーケティングツールで会社の意思決定が変わる

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

部長、その勘はズレてます!―「A/Bテスト」最強のウェブマーケティングツールで会社の意思決定が変わる―

1,620(税込)

部長、その勘はズレてます!―「A/Bテスト」最強のウェブマーケティングツールで会社の意思決定が変わる―

ポイント :15pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

採用すべきはAかBか? 2案をウェブ上で競わせれば、答えはデータが教えてくれる。グーグル元開発者が、シンプルで強力な最新オンラインテスト法を、さまざまな企業の実例とともに紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

採用すべきはAかBか? ウェブ上で競わせれば、答えはデータが教えてくれる。デザインや言葉を変えた二つのサイトをつくり、顧客をランダムに割り振って、実際に反応がよかった方を採用する。このシンプルで強力な方法が、顧客獲得や売上上昇に劇的な効果をもたらし、データが主導する新しい企業文化を生みだしていく。アマゾンやディズニーがこぞって取り入れる画期的手法を、グーグル元開発者が明かす。【商品解説】

著者紹介

ダン・シロカー

略歴
〈ダン・シロカー〉オプティマイズリー社の共同創業者、CEO(最高経営責任者)。
〈ピート・クーメン〉オプティマイズリー社の共同創業者、社長。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

2014/07/07 13:32

投稿元:ブクログ

ちょっと前に、統計の本など流行っていて、そこにもA/Bテストの話があったが、A/Bテストをタイトルにした、そのよさを語る本。オバマの事例や、その他の事例でどのくらいリフトアップしているか、陥りやすい点など、わかりやすく解説されている。ただ、どのくらいのリフトアップすると優位差があるかについては、巻末に数式で説明されていて、これがわかりやすく解説されているとよかったかなあと。

2014/08/09 14:30

投稿元:ブクログ

オバマ大統領の選挙戦向けサイトに始まって、多くの(主に海外企業)事例を説明しながら、A/Bテストによってどんな成果が上がったかを紹介してくれている。

引用された事例をそのまま適用すればよいわけではなく、自社にとっての正解パターンを(それすらも流動的かもしれないという可能性もあるが)テストによって検証、実証していくことが肝心。

特に、WebにおいてはA/Bテストはやりやすく、一部のユーザーにはAパターン、もう一部にはBパターンなどとわけられる。
社内の文化によるが、テストに踏み出せない文化であれば、最初は確実に効果が出そうなテストから始めて、テストによって確実に改善できることを証明したうえで、その文化を、キーパーソンを巻き込みながら浸透させていく社内的な動きも大事。



という内容でしたが
言うは易し、行うは難し。

自分にはまだここまで動けるだけの知見がありません。ある程度の経験も必要かもしれません。

2014/08/01 12:46

投稿元:ブクログ

Webサイトを効率的にデザインするために、A/Bテストを実施してバージョンアップしていく手法。

・勘にたよらずデータによって示す
・「まずはテストしてみましょう」で進める。またWebはテストしやすいのかもしれない。
・仮説→テスト→検証→さらなる改善仮説 のルーチンをまわすのが大事。
・意外な結果となったときにその原因をつかむのが大切
・HiPPO(カバ)症候群=High Payed Person's Opition どこの会社でも上司は強い

さらっと斜め読み。

ちょっとテーマと外れますが、
成功する人はみんあ社内で戦ってますね。嫌がられることを恐れていては大きな成果は得られないということです・・・よく、聞きますが、なかなかできません。

2015/11/07 18:28

投稿元:ブクログ

■覚えておくべきこと
1)多変量解析・ABテストをやっても意味がない場合
 トラフィックが足りない、見込み客以外のゴミトラフィックを増やしているとき。

2)ABテスト一本槍の先にあるもの
ブランドイメージとのバランス。エービーテストは製品ビジョンを見失うという危険がつきまとう。

3)ABテストの前提
ケースを探求してからABテストを始める。ABテストでできるのは改良のみで、新たなクリエイティブを示唆しはしない。

2015/09/24 16:20

投稿元:ブクログ

A/Bテストについての考え方、進め方などについて。アメリカの著書なのでアメリカでの実践した結果について、具体的にあったのはなるほどと納得させられます。
主にウェブについてですが、色々なことに活用できます。
ただ、当たり前ですが大前提として、ウェブの場合、そのサイトにある程度の集客ができなくてはA/Bテストはできません。
ある程度集客ができていて、ウェブ上の接客をどうにかしたいというステージでなければ、検証すらできませんよね。
とにかく母数がまずは必要です。

2016/03/08 20:37

投稿元:ブクログ

この本に書いてあるのは、きちんとテストして確認しながら先に進もう、というとてもシンプルなことなのだが、そういう態度はなかなか日本では定着しない。根拠のない、仮設にもなっていないような”説明”だけで、テストすればわかるようなことも確認しないままウヤムヤにしてしまわれるのを見ることがとても多い。結果に直面する勇気がない、ということなのではないかと思う。
日本では STAP細胞の騒ぎにもあったように、確認しなくてもいいようなことを大げさにテストを行って、結果、時間もお金も盛大に無駄にしてしまうようなところもあって、テストとか検証を行うセンスが根本的に間違っていると思うことがままある。小さなテストでこまめに確認し、レベルをあげていく、ということがどうしてできないのだろうか。文化の違いを考えてしまう。
もちろんアメリカでだって、そうだそうだテストしよう、と初めからなることはなく、エラい人のツルの一声で決まってしまうことは多いのだが、そういう場面への対処方法なども書いてある。
自社のサイトや、アプリのインターフェイスなどの改良にも役立つし、テストについての考え方を知るためにも役立つ。軽く読める本なので、IT関係者は特に、読んでみるといいと思う。

2015/12/24 21:22

投稿元:ブクログ

Web制作会社に入って驚いたことの一つに、成功例などのノウハウがストックされてないことだった。しばらくいてわかった事は、作ったらそれで終わりという案件がほとんどであること。
会社としてはPDCA回してノウハウを貯めたいけど、クライアントがそういう考えではないことが多かった。
ただ最近になってクライアントの意識もだいぶ変わってきたように思う。
ABテストツールはPDCA文化を根付かせるための絶好のツールだと、この本を読んで感じた。なんといっても母数さえあれば試したことに対する正否が短時間でわかる。
Webの醍醐味は試したことの成果がデータでわかることにつきる。
早く試してみたい。

2015/08/14 03:02

投稿元:ブクログ

WEBでのA/Bテストの本。データを元に、常に目標数値が改善されるようにテストを繰り返しましょう。具体的には目標・ゴールという指標、その手前の指標を決め、ボトルネックを掴み、仮説を持って改善を図って行きましょうという話。EFOや、LPOを如何に続けて行っていけるかが大事。CVRを0.1%改善するだけで大きく広告効果は変わるのでよくわかる。

マーケティング ランキング

マーケティングのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む