サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

猫の西洋絵画
猫の西洋絵画 猫の西洋絵画
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/27
  • 出版社: 東京書籍
  • サイズ:21cm/141p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-487-80884-7
  • 国内送料無料
アート本

紙の本

猫の西洋絵画

著者 平松 洋 (編著)

18世紀末から20世紀初頭にかけて、見るものの心をとろかせる、可憐で愛らしい猫の西洋絵画が大量に描かれました。猫を主役とした絵画をはじめ、子どもと一緒の猫や、美女と猫をテ...

もっと見る

猫の西洋絵画

2,268(税込)

ポイント :21pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

18世紀末から20世紀初頭にかけて、見るものの心をとろかせる、可憐で愛らしい猫の西洋絵画が大量に描かれました。猫を主役とした絵画をはじめ、子どもと一緒の猫や、美女と猫をテーマにした絵画を紹介します。【「TRC MARC」の商品解説】

日本で初めて紹介される西洋絵画の猫たち。
可愛さ満点、忘れられていた猫の名画の数々が一冊に!
総数270匹を超える猫たちが大集合。
画面いっぱいに可愛さと愛らしさが詰まった、思わず抱きしめてしまいたくなる「猫」写力に満ちた作品ばかりを集めました。
ありそうでなかった、猫好きの読者も、美術好きの読者も楽しめる初めての本。【商品解説】

著者紹介

平松 洋

略歴
〈平松洋〉1962年岡山県生まれ。早大文卒。美術評論家、フリー・キュレーター。朝日カルチャーセンター新宿教室などで講師も務める。著書に「名画絶世の美女130人」「終末の名画」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/04/01 16:31

投稿元:ブクログ

猫の出てくる絵、沢山あるのですね。
猫単体の絵、少女と猫、美人と猫、と3つのカテゴリに分かれて紹介されています。

2014/11/09 02:35

投稿元:ブクログ

写実的な猫の絵画を、何も考えずに、ただひたすらに愛でる一冊。
ほぼほぼ愛くるしいが、人物と一緒の場合たまにブサ猫あり。
精神に変調をきたしたルイス・ウェインの作品だけが異彩を放つ。

2016/06/10 19:31

投稿元:ブクログ

猫を描いた絵画集。
第1章は猫だけの絵、第2章は猫と子供の絵、第3章は猫と美女の絵。
画家の簡単な説明や絵の技法についても書かれている。
猫がかわいい。

2014/11/22 19:46

投稿元:ブクログ

 今回の本は、絵画に描かれているネコが主役だ。著者も書いているように、美術史の中でネコの扱いがきちんとされていないことに対する不満と、さらに描かれているネコの魅力を知ってもらいたいと言う理由で今回の本を出版したそうだ。

 パラパラとページをめくっていくといろいろなネコが描かれている絵が登場してくる。思ったよりも結構ネコが絵の題材として描かれているのだなあと思った。

 こういう絵画の本があるとより美術に対して身近に感じるきっかけになっていいので、他の動物も扱った本もあるといいなあ。

2014/07/02 08:32

投稿元:ブクログ

猫の絵だ!

東京書籍のPR
http://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/80884/

2015/06/14 10:00

投稿元:ブクログ

じつに楽しい、嬉しくなる本。
今までこの種の本がなかったのが不思議だが、それだけこの本の価値は高くなるということでもあるので、めでたし、めでたし!

絵画・版画 ランキング

絵画・版画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む