サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. いまのあなたへ 村上春樹への12のオマージュ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

いまのあなたへ 村上春樹への12のオマージュ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/17
  • 出版社: NHK出版
  • サイズ:20cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-14-005651-6
  • 国内送料無料

紙の本

いまのあなたへ 村上春樹への12のオマージュ

著者 淺川 継太 (著),村田 沙耶香 (著),片瀬 チヲル (著),青山 七恵 (著),谷崎 由依 (著),中山 智幸 (著),羽田 圭介 (著),戌井 昭人 (著),加藤 千恵 (著),荻世 いをら (著),松田 青子 (著),藤野 可織 (著)

次代を担う作家12人が、“春樹ワールド”を独自に昇華して創作した短篇競作集。各著者による書き下ろしコラム「村上春樹、そして私」を併載。【「BOOK」データベースの商品解説...

もっと見る

いまのあなたへ 村上春樹への12のオマージュ

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

次代を担う作家12人が、“春樹ワールド”を独自に昇華して創作した短篇競作集。各著者による書き下ろしコラム「村上春樹、そして私」を併載。【「BOOK」データベースの商品解説】

次代を担う作家12人が、“春樹ワールド”を独自に昇華して創作した短篇競作集。各著者によるコラム「村上春樹、そして私」も併載。NHKテキスト『英語で読む村上春樹 世界のなかの日本文学』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

通り抜ける 淺川継太 著 7−28
赤ずきんちゃんと新宿のオオカミ 村田沙耶香 著 205−227
ナメクジ・チョコレート 片瀬チヲル 著 229−253

著者紹介

淺川 継太

略歴
〈淺川継太〉1979年山梨県生まれ。小説家。2010年「朝が止まる」で群像新人文学賞を受賞。
〈谷崎由依〉1978年福井県生まれ。小説家・翻訳家。2007年「舞い落ちる村」で文學界新人賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/23 20:01

投稿元:ブクログ

村上春樹ベースに置いて書かれた作品。同世代の人が多かった。村上春樹についてのコラムが面白かった。12人それぞれで、思い入れがすごくあったり、そうでもなかったりする。

「通り抜ける」が好き。少女がぼくの肩に寄りかかって寝ているうちにくっついて離れなくなる不思議な話。

2014/06/06 21:45

投稿元:ブクログ

わたしはハルキストではないし、村上春樹の著書をあまり知らない。中学生の頃まだ読書嫌いだったあの頃無理矢理彼の著書を読まされて以来食わず嫌い、あまりいい記憶がないからだ。
大人になったいま、わたしはずいぶんと本を読む。月に12.3冊ほどの小説を読むがまだ有名どころは読んでいない。

さて、それなのにもかかわらずこれを手に取ったのはすっかり読書好きになったわたしが好きな、気になる作家のオンパレードだから。
松田青子さん、藤野可織さん、村田沙耶香さん、片瀬チヲルさん。この4名は今一番気になる作家で、彼女たちが書くもの全てに衝撃が走る。中でも村田さんは大好き。
松田さんと藤野さんのオマージュたちは彼女たちの短編集ですでに読了済みだったが何度読んでも楽しめるものだった。
加藤千恵さん、青山七恵さんの話も良かった。
初読であった淺川さん、中山さん、荻世さん、戌井さんの話たちもどれも面白く、
唯一あまり相性がよくないなと以前から感じていた羽田さんと初読である谷崎さんの作品はピンとこなかったけど、
トータルでみたらものすごく面白く読ませてもらった。ただ、わたしは肝心の村上春樹の著書を知らない。これらがどれだけハルキスト的なのかわからないけれど、これらを面白いと感じたのならもしかしたらいまのわたしは村上春樹が好きかもしれないなーって思った。これから読んでみようと思った。

2015/04/28 07:11

投稿元:ブクログ

村上春樹のことが好きな若手作家による12編の短編集。面白いのと面白くないのと色々だった。「通り抜ける」浅川継太著作はあるびっくりするようなことが起きて、それを解決しようとすると新しい謎がおきる。真面目な姿勢がおもしろい。

2014/09/02 16:15

投稿元:ブクログ

逗子図書館にあり

村上春樹に影響を受けた作家達の本。

はじめの『通りぬける』はとっても村上春樹っぽい。

38『鉄塔のある町で』
シーグラスの美しさについての描写有

50手の中には、サンゴのブーケ
⇒素敵だと思う。自分の結婚式のアイデアに用いたい。

174 『わたしはお医者さま?』
「ペンギン撫で」という仕事は、あったら、素晴らしいと思う。

233 片瀬チヲル
この作者の描写が好きなところがある。
「欲しいものを上手に伝えるのは困難だ。」
247「暇だけど余裕のない女です。」

2014/04/30 06:18

投稿元:ブクログ

ほ~

NHK出版のPR
「来たるべき作家が、いまを紡ぎ出す

NHKラジオテキスト『英語で読む村上春樹 世界のなかの日本文学』(2013年4月号~2014年3月号)にて連載した、新鋭作家12人による創作短篇集。それぞれの作家は、村上春樹という“巨大な存在"から何を感じ取り、何を作品に発露させたのか。各作家によるコラム「村上春樹、そして私」も必読。ここに、“いまのブンガク"が集結する。」

2014/06/08 14:14

投稿元:ブクログ

若手作家達による村上春樹を意識した作家達による独自な作品とコラム。熱狂的な村上春樹ファンでもないので作家達が村上春樹を意識して作品を作り上げているかはよくわからない。しかし、新しい作家開拓にはなった。

2015/05/27 10:04

投稿元:ブクログ

村上春樹に影響を受けた人。あるいは受けなかった人。次世代を担う若手作家による村上春樹へのオマージュ。好きだったのはやっぱり加藤千恵と青山七恵。一番春樹っぽかったのは淺川継太。春樹オマージュと春樹作品は似て非なるものである。半分くらいは初めて読む作家ばかりだった。

2014/06/21 08:27

投稿元:ブクログ

通り抜けるー淺川継太
鉄塔のある町でー谷崎由依
どうしてパレードー中山智幸
みせないー羽田圭介
流れ熊ー戌井昭人
老婆と公園でー加藤千恵
半分透明のきみー荻世いをら
わたしはお医者さま?ー松田青子
ファイナルガールー藤野可織
赤ずきんちゃんと新宿のオオカミー村田沙耶香
ナメクジ・チョコレートー片瀬チヲル
ヨーの話ー青山七恵