サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 泣くな道真 大宰府の詩

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

泣くな道真 大宰府の詩(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/25
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-745205-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

泣くな道真 大宰府の詩 (集英社文庫)

著者 澤田 瞳子 (著)

右大臣だった菅原道真が大宰府へ左遷された。悲憤慷慨する彼にお相手役の保積もお手上げ。そこへ美貌の歌人恬子が現れ、博多津の唐物商へ誘う。道真は、書画骨董の目利きの才を発揮し...

もっと見る

泣くな道真 大宰府の詩 (集英社文庫)

562(税込)

泣くな道真 大宰府の詩

518 (税込)

泣くな道真 大宰府の詩

ポイント :4pt / 紙の本より44おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

右大臣だった菅原道真が大宰府へ左遷された。悲憤慷慨する彼にお相手役の保積もお手上げ。そこへ美貌の歌人恬子が現れ、博多津の唐物商へ誘う。道真は、書画骨董の目利きの才を発揮し、生気を取り戻す。その頃、朝廷に出す書類に不正が発覚し、府庁は窮地に。事態を知った道真は、自ら奇策を…。朝廷を欺き、意趣返しなるか!日本史上最も有名な左遷された男の活躍をユーモアのなかに描く歴史小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

大宰府へ左遷され、悲憤慷慨する菅原道真。そこへ美貌の歌人恬子が現れ、博多津の唐物商へ誘う。道真は、書画骨董の目利きの才を発揮し、生気を取り戻し…。日本史上最も有名な左遷された男の活躍をユーモアのなかに描く。【「TRC MARC」の商品解説】

京から大宰府に左遷され泣き暮らす道真だが、美術品の目利きの才が認められる。大宰大弐・小野の窮地を救う為、奇策に乗り出すが……。朝廷への意趣返しなるか! 書き下ろし歴史小説。(解説/縄田一男)


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

みんなに薦めてます

2015/09/21 02:24

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Chocolat - この投稿者のレビュー一覧を見る

菅原道真公といえば、九州の大宰府に左遷され、亡くなり、その御霊を慰めるために、太宰府天満宮が…と、学校で習ったような
でも、実は、こっちが本当では?と、惑わせる奇想天外な物語でした。
気の毒な人の代表のような道真公が、物語では、ちょっと幸せで、くすっと笑えて、ほんわかした読後感でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やや荒唐無稽な気もしますが楽しい一冊

2015/05/08 22:50

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めいんくーん - この投稿者のレビュー一覧を見る

菅原道真公というのは、どういう人物だったのか、想像の域を出ないというか、考えてみたこともないのですが、意外と弱いところもある人間味あふれる人として描いています。確かに、いかに高潔で剛毅な性格だったとしても、はるか遠い地に来てみれば、やぶれかぶれな気持ちになるのも当たり前なことですよね。しかし、なれてみると、意外とこの地は、道真公にとって、やりがいの感じられる面白い土地だったかもしれない、と思えてくるほど、この物語の力に引き込まれいきます。読み終わった後も、不思議とストーリーを覚えていて、本当にインパクトがある本だなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/13 17:07

投稿元:ブクログ

学問の神様・菅原道真、名前は有名だけれど、文学作品で語られる事はあまりないような気がする。

そんな道真に血肉を与えたような作品でした。
博多津のにぎわいが、作品が平安時代の設定と知っていても、半島に近いせいの異国情緒が、奈良以前も彷彿とさせて…
歴史小説好きにはたまらない。

さりげなく小野の小町さんも登場したり(206ページにしてやっと気づく)、道真が雷神と結び付けられるエピソードもあり。
歴史の行間を興味深く埋めてくれる。

まだちょっと荒削りな感もあるのですが、戦国幕末江戸時代に関しては書き手も多いこの頃、平安以前は手薄な分野になってしまった。
個人的に期待したい作家です。

2015/06/09 17:22

投稿元:ブクログ

政争に敗れて大宰府に流された菅原道真を、迎える大宰府の役人側から見た軽めの(を装った)古代歴史小説です。やっぱり瞳子さんは古代中世が本領ですよね。隠れ(?)テーマは地域格差みたいな感じで、都とそれ以外の都市の絶対的な格差を、都の人間は実は全然分かっていない。という、今も昔も変わらない苛立ちを含む。

2015/01/25 15:40

投稿元:ブクログ

東風吹かば……なんて、やることを見つけた道真の大宰府ライフ。

歴史にifはないけれど、スキマを埋めることはできる。それが歴史小説。「うたたね殿」と渾名されるやる気のやい大宰府の役人、ついでに入り婿である龍野保積と、親代わりの叔父と兄を追って大宰府にやってきた才色兼備の恬子(もとい、小野小町)、この二人の視点が章ごとに入れ替わり物語が進む。文章は読みやすく、また登場人物も日本史の有名どころが出てくるのでとっつきやすく、これはヒット。大宰府に流された当初はショックでひきこもっていたけど、自分の才能を活かせる道を見つけてイキイキし始める道真。ぼんやりやる気なく生きていたけど、自分のできることをしようと思い始める保積。これからの道を見つけようと歩きだす恬子。その他のキャラクターもいい。

自分の力を出せないって、とても辛いこと。高杉晋作の辞世の句(下の句は野村望東尼が付けたとも)「面白きこともなき世を面白く 住みなすものは心なりけり」もそうだけど、自分の力を出して生きていける場所っていうのが必要だよね、それだから人生面白くなるんだよね。

2014/09/01 06:25

投稿元:ブクログ

理想がかなうことは稀。運命には逆らえない。
それを受け入れ、それでも足掻くことで、
人は生きる望みをつないでいくことができる、
と教えられました。

それと、本のタイトルというのはとても大事だなと。
「菅原道真西遷物語」などというタイトルであれば、
決して手にとることはなかったと思います。

2015/07/03 08:56

投稿元:ブクログ

鬱蒼と木々が生い茂る森の中を歩くのが好きだ。

樹木、野の花、小鳥、小川、湧き水、風、木漏れ日…
どこまでも変わらない景色。
でも、好き。
特に何か面白い事が起こるわけではない。
でも、どこまでも歩ける。

稀に
腰を降ろすのには丁度良い石の上に
誰かが座っている事がある。
彼らと触れ合う事はないけれど
幸運にも眼が合えば、
その口元は静かに開き、語りかけてくれる時もある。

森を歩いていると
時々そんな光る人と出会う。

澤田瞳子さんという方の
『若沖』という本が面白そうなので読んでみたいなぁと、思った。
すでに予約がいっぱいだったので
初読となる著者の本を適当に一冊借りて、
読んだこの本の中に<光る人>はいた。

なんかもう胸がいっぱい…
『若沖』はきっといい本だろうな、と確信した。

2014/10/30 07:58

投稿元:ブクログ

当時の太宰府は興味がありますし、左遷後の道真いうのは新鮮なテーマと思いました。でも、道真像に隔たりが大きく、児童文学を読んでいるようでした。彼女が選ぶテーマには惹かれますが、リアルさに欠けます。例えば、ユーモア歴史小説というジャンルを掘り下げる方向もあるのではと。

2015/09/26 22:39

投稿元:ブクログ

澤田瞳子さん,はじめましての作家さん。

ふだん歴史小説はあまり読まないのですが、
和歌好きなのと、
この『泣くな道真』って響きが良くて読んでみました。

一番印象に残ったのは、道真公と僧侶、泰成の場面。

行き倒れの老人の枕元に掛けられた如来画…。
それを見て、仏様の画の本来置かれるべき場所を知る。
そして、何とかいう貴族が詠んだ詩として、
道真作の「寒早十首」を批判され、自分の都での生き方を悔いる。

”日本史上、最も有名な左遷された男”
言われてみればそうですね。
右大臣にまで出世しながら左遷され、
憤死の後、怨霊にまでされ、
果ては神様だもの。

でも、その大宰府での日々が
悲嘆にくれるばかりでもなかったとしたら…?

欲を言えばユーモア小説として、
もっと道真公にはじけてほしかった気もしますが、
楽しく読めました。

著者の他の作品も読んでみたくなりました。

2015/07/12 22:24

投稿元:ブクログ

菅原道真の太宰府での生活を想像して書かれた小説。道真が失意の底から元気を取り戻していく様子がおかしかった。