サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

恵恵 日中の海を越えた愛
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/23
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390073-5
  • 国内送料無料

紙の本

恵恵 日中の海を越えた愛

著者 恵恵 (著),岡崎 健太 (著),付 楠 (著),泉 京鹿 (訳)

北京で最初の反日暴動が起きた2004年のクリスマス。美しい関西学院大学のキャンパスで、ある日本人の青年と中国からの女子留学生が出会う。キャンパスに集う大勢の中から互いをみ...

もっと見る

恵恵 日中の海を越えた愛

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

北京で最初の反日暴動が起きた2004年のクリスマス。美しい関西学院大学のキャンパスで、ある日本人の青年と中国からの女子留学生が出会う。キャンパスに集う大勢の中から互いをみつけた二人は恋におちる。恵恵が自身の乳がんに気付いたのは、二カ月後にその日本人の青年、健太との結婚を控えていた時のこと。健太はこれまで一度も訪れたことのなかった北京に、たった一人で文字通り飛んでいく。日中間がもっとも厳しかった七年間、困難を乗り越え共に生きた二人と日中ふたつの家族、その真実の物語―。【「BOOK」データベースの商品解説】

結婚を誓い合った健太と恵恵。だが彼女は乳ガンに…。日中がもっとも厳しかった7年間、困難を乗り越え、懸命に生きた2人と日中ふたつの家族、その真実の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

北京で最初の反日暴動が起きたのは〇四年八月のことです。

その四カ月後のクリスマスに、美しい関西学院大学のキャンパスで、ある日本人の青年と中国からの女子留学生が出会いました。

キャンパスに集う大勢の中から互いをみつけた二人は恋におちます。

恵恵が自身の乳がんに気付いたのは、二カ月後にその岡崎健太君との結婚を控えていた二〇〇五年のことでした。二八歳の恵恵は目の前がまっくらになります。健太はこれまで一度も訪れたことのなかった北京に、たった一人で文字通り飛んできます。

恵恵は、残念ながら、二〇一一年六月にこの世を去りました。


抗ガン剤による治療のために、中止された結婚式は二年後の2007年9月、二人が出会った関西学院大学のチャペルで行われます。そこで恵恵さんはこのように挨拶をしたのでした。

「健太、あの日、ここでわたしに話しかけてくれて、ありがとう。
わたしと結婚する決心をしてくれて、ありがとう。
わたしの病気のことを知って、すぐに北京に飛んできて、そばにいてくれて、ありが とう。
手術室の外で渡した婚約指輪を握って、わたしのためにずっと祈り続けてくれて、ありがとう。
もはや倒れそうだったわたしの両親を支えてくれて、ありがとう。
痛みで眠れないでいるときに、何時間も何時間もずっとマッサージを続けてくれて、ありがとう。
化学治療で苦しんでいるわたしのそばでずっと笑っておしゃべりをしてくれて、ありがとう。
髪の毛を失ってしまったわたしのために、自分の髪を全部剃ってくれて、ありがとう」


『恵恵 日中の海を越えた愛』は、日中間がもっとも厳しかった七年間に、共に生きた二人と日中ふたつの家族の物語です。健太君、母親の付楠さん、恵恵さんの残された手記を一冊に編みました【商品解説】

著者紹介

恵恵

略歴
〈恵恵〉1977〜2011年。北京で育つ。関西学院大学院卒業。2005年乳癌が発覚。同年岡崎健太と入籍。
〈岡崎健太〉1977年生まれ。関西学院大学法学部卒業。高校教師等を経て「雲飛象カレー店」を開店。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2017/05/17 14:36

投稿元:ブクログ

ゼミで福島香織さんの『本当は日本が大好きな中国人』を読んでいたらこの恵恵フイフイと健太くんの「愛と死を見つめて」の話がでてきたので原著を読んだ。フィフィは日本の関西学院大に留学中に健太くんと知り合い、恋いに落ち婚約までいくが、まもなく、自分が乳がんに犯されていることを知る。すると健太くんはフィフィと結婚し、仕事をやめ北京へ行っていっしょに暮らそうという。その後2人は結婚式を挙げるが、病気はすすみ、フィフィは何度も抗がん剤治療のあととうとう帰らぬ人となってしまう。本書はそのフィフィを側で見つめた健太くんとフィフィ、フィフィの母親の手記を合わせて編集したもので、三者の心の動きがよくわかるようになっている。これを読んでどう思うか。中国人は健太の純愛に感動したという。というのは、中国人ならほとんどの人が彼女を捨ててしまうからだという。だから、健太くんの献身的な介護は中国人の心を打ち、立派な日本人像を中国人社会に打ち立ててくれた。これはこれで立派なことだ。ただ、最初の段階での健太くんは自分の考えがきちんと決まっていたわけではない。そこでリードしたのはフィフィである。これは中国人女性の積極性をものがたる。フィフィは健太と北京で暮らし始めてからも積極的に仕事をし、最後は2人でカレー屋さんまでつくってしまう。この起業精神は中国人らしい。また、本書では健太くんの介護よりもフィフィの両親の介護、愛情のかけ方がすさまじい。フィフィがガンとわかったあと、母親などはお前といっしょに死ぬとまで言うほどである。これも中国人らしい。健太くんと健太君の両親との関係はもともと淡泊だったが、フィフィの親と接するうち、その関係もだんだん変化していく。フィフィは抗がん剤治療のクールをなんども経験することになるが、これはすさまじい。最後は怪しげな漢方医にすがることになるが、最初に見限ったのはフィフィだった。本当にこれだけの治療が必要だったか。近藤誠さんが聞いたら驚くことばかりだ。2人は最後の時間をもっと静かに過ごすことができなかったのだろうか。

2014/09/01 22:53

投稿元:ブクログ

二人の強い愛と家族の想い、また恵恵の飾らない優しさ、死へ向かいながらも生きることをあきらめない姿勢に感動した。そして、日中の関係の微妙な時に温かく見守ってくれた周りの人々のことを考えると、日中友好もこういう関係から築いていけるのではないかと思った。

2015/04/11 11:27

投稿元:ブクログ

2004年に反日の風が吹き荒れた中国から関学へ来た留学生・恵恵と日本人・健太との出会いと愛。二人があまりにも理想的なカップルで本当か!と思ってしまうほど。恵恵の7年の闘病、そして死を共に乗り越えていった岡崎氏には敬意を表する。そして二人の日中の両親も深い信頼に包まれていたことが分かる。恵恵が健太に向かって「言いたいことがあったら絶対に言葉でそれを相手に伝えないといけない」との全身全霊で付き合うという姿勢には中国人らしさを感じた。日本人に欠けているところだと思った。恵恵の母・付南が日本人の友人たちを誉める言葉が感動的である。関学のキャンパスを訪ねた際の優美なキャンパスをという表現が優しい。二人が苦難の末、2年後に結婚式を上げた際の、付南の「心の中に温かいものがゆっくりあふれだしてくるのを感じた」との表現も美しい。死を直前にした娘の箏の演奏から、林黛玉の「葬花詞」を思い出す・・・。文学的な才能がある母娘と健太の三人の文章が悲しく、美しい。

2014/09/09 18:03

投稿元:ブクログ

【あの日、私を見つけてくれてありがとう】結婚を誓い合った健太と恵恵。だが彼女は乳ガンに。日中がもっとも厳しかった7年間、懸命に生きた二人とその家族、真実の物語。

闘病記・手記 ランキング

闘病記・手記のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む